お前は何ば目指しよっとか◆熊本荒尾玉名大牟田の自転車好きと楽しむ、リーフの自転車回想録

ロードバイク・バッソ リーフを駆って自転車のあれこれに勤しむ、ゆかいなチャリバカ達(笑)との自転車回想録です。

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

モンベル クイックキャリー(輪行袋)の破れを補修してみた。

僕がロードバイクに乗り始めた頃から使っている輪行袋があります。

モンベルの「クイックキャリー」です。















いわゆる前輪のみを外すタイプの輪行袋。
同じ収納方法で前後輪を外すタイプの「コンパクトリンコウ」もラインアップしています。

以前は1サイズのみの展開でしたが、現行モデルはMとLの2サイズがあるようです。
袋の寸法が以前と同じなのがMサイズで、ロードバイクであればこちらで大丈夫。
ちなみにLサイズは29インチMTBを対象にしているみたい。

ペラペラの薄い生地はちょっと心配だけど、そのお陰でとても軽くので気軽に持って行こうという気になるし、被せるだけで素早く収納できる手軽さも相まって長らく愛用しています。

時には飛行機に預けたり、
DSCF9389.jpg

もちろん電車での輪行は数えきれず。
DSCF9384.jpg

そうこうしているうちにクイックレリーズが触れる部分の生地に穴が空き始め、どこかで引っ掛けたのか、とうとうその部分が切れたように破れてしまいました。
DSCF0666.jpg

破れた位置は輪行の際や転倒時にリアディレーラーを保護する目的で換装している、リアのレリーズナット代わりのハブライトアダプターと触れる部分でした。
DSCF0665.jpg

いつかこんな日が来るだろうなとは思っていましたが…。



そこで穴を塞ぐ方法を調べていたら、貼るだけで補修出来るシートがあることを知って早速購入。
シールなのでもちろん貼るだけ。アイロンで圧着する必要もないので、これなら面倒臭がりな僕でもうまく出来そうです。











DSCF0664.jpg

色もクイックキャリーのそれとだいたい同じに見えるのもGOOD!
DSCF0667.jpg

補修シートは幅7cm 長さ30cm。
穴の大きさよりも2周りくらい大きめにカットして、四隅は丸く面取りしておきました。

輪行袋のシワを整えつつ貼ってみたのがコレ↓。
DSCF0668.jpg
DSCF0669.jpg

おおっ!いいんじゃね?

見た目はこれで十分でしたが、パーツと直接触れる内側にも補強を兼ねて、裏側の同じ位置に同じ大きさの補修シートを貼り付けておきました。
DSCF0670.jpg

補強という意味では裏側の当たる部分に予め貼っておくという使い方もアリかなと思いました。
これでまたしばらくは使えそうです。
スポンサーサイト

| 自転車をいじる | 21:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

BRM128嘉麻300km。水分峠は-8℃じゃなくて3℃でした(暖)

「あの時はマイナス8度の極寒ブルベだったよ」

2011年3月に行われたそのブルベは、当時の参加者を通じて今でもちょっとした伝説の様に語られ、気温の低さを差し図る時や冬ブルベの比較対象としてしばし用いられていた。

今年のAJ福岡はClassicシリーズと銘打って、過去に催されたルートのリバイバル開催を行っている。前述の極寒ブルベもご多分に漏れず、BRM128嘉麻300km十文字原Classicとして今回リバイバル開催された。マイナス8度は要らないのでいつまでも伝説のままでどうぞ♪ 興味があるのはその同じルートが走れるということだけ。延々と長い上りを含むそのコースプロフィールは僕の興味を益々刺激する。もちろん不安が無い訳ではないが、かと言って完走できる根拠のない自信もあった。300kmとはいえスタートは8時。ブルベが終わって早朝には帰宅できるので、翌日曜日はフルに一日が休める。いいじゃないか。
そんな理由でエントリー〆切日の夜に参加を申し込んだ。BRM121熊本200kmのスタート前夜に。

▼ 続きを読む ▼

| ブルベ教のススメ | 00:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

BRM122熊本200km。水俣往復は強風との戦い(激疲)

この前2017年を迎えたばかりなのに、気付けばもう2月。
早いですね…ブログの中ではすっかりご無沙汰しておりました(^^;

冬場は比較的暇な事が多い私の仕事も、昨年末から依頼が切れることなく続いていて、とにかく忙しい毎日を過ごさせて頂いています。有難いことです。
そんな訳で自由な時間は疎か、自転車に乗る機会も少なくなってはいるものの、何とか仕事をこなしつつ1月はブルベを2本走る事が出来ました。
そこで2017年最初の投稿は、BRM122熊本200kmに参加した様子から書き記したいと思います。



7:00 スタート ひかりのもり公園

3:50起床、身支度して4:20くらいに自宅を出発、スタート近くの指定駐車場には5時ちょい過ぎ。僕はいつも準備にモタモタしてたり忘れ物が多いので、ブルベの時は1時間半から2時間前には会場入りして、直前まで天気予測やウエアリングを考えたり軽く食事ながら車内でゆっくり過ごす事が多い。というより、そうする様にしている。

たぶん一番乗りだった駐車場にもぞくぞく参加者の車が増えて、隣には水曜会のY永君、その隣にはリカンベントで参加のGENさんが停めたので、ちょっと遅めの新年のご挨拶をする。

この日の天気は午前中は雨、お昼までには止むと予想するも北からの風が終日強く吹きつける感じ。今回のルートは熊本市内から南下してほぼ中間地点の水俣市から折り返して再び北上する。特に後半はずっと向かい風にやられていそうな予感。

30分前くらいにスタートの公園に移動。
DSCF0424.jpg
今回参加するレジェンドMAYAさんがご友人と一緒に来熊していたが風邪っぽいとのことでDNS。その代わりお見送りに。他にも清ちゃんや福岡からたいかんさんの姿も。一方の参加者も見知った方達ばかりで、昨年末のなんちゃってブルベに参加してくれた人やヘブンライドでご一緒した人も。

僕にとってBRMは昨年の611宇城400km以来7ヶ月ぶり。ロングライド自体も久しぶりなので、とりあえず身体を慣らすのと勘を取り戻すつもりで、時間内に完走出来ればそれでいい。時間になったのでeTrex30をリセットしてスタートした。

▼ 続きを読む ▼

| ブルベ教のススメ | 17:33 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。