お前は何ば目指しよっとか◆熊本荒尾玉名大牟田の自転車好きと楽しむ、リーフの自転車回想録

ロードバイク・バッソ リーフを駆って自転車のあれこれに勤しむ、ゆかいなチャリバカ達(笑)との自転車回想録です。

≫ EDIT

俺のSR600日本アルプス・2日目その2 乗鞍~白樺湖

今回登場するルート(画像クリックで拡大)
day2-2map.jpg

通過証明の為の撮影を終えて再びローディーの所まで戻ると、これから剣ヶ峰(標高3026m)まで登るという彼はビンディングシューズからスニーカーに履き替えて準備をしていた。

剣ヶ峰は日本で23番目に高い山とされ、ここ(畳平2702m)から山頂までは普通に歩いても片道1時間半で行けるらしい。
畳平までバスで来てそのまま頂上まで登る人は多く、初心者でも手軽に3000m級の山が楽しめるということで人気があるようだ。

彼からは一緒にどうですか?と誘われたが、今日の予定や明日以降の行程を思うと往復3時間という時間が貴重に思えて、最後まで悩んだが剣ヶ峰まで登るのは諦めた。
DSCF9235.jpg
ちなみに彼は天気が良ければほぼ毎週のように高山から乗鞍までヒルクライムし、そのまま剣ヶ峰まで登山をして帰るのだという。
やってる事も凄いけど、何よりこの環境が近くにあるというのが羨ましかった。

▼ 続きを読む ▼

| ブルベ教のススメ | 18:49 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

俺のSR600日本アルプス・2日目その1 高山~乗鞍

今回登場するルート(画像クリックで拡大)
day2-1map.jpg

9/2 2:28 リスタート 高山市 49.2km

パッキングが済むとゲストハウスの洗面所で出会った彼女とは旅の安全と健闘を称え合って僕は1階に降りた。(これ以上、一夜限りのナントカを期待した兄貴諸君は残念でした。笑)

一度取り外したバッグを再びバイクに取り付けるのに少々手間取ったりして、実際にリスタートしたのは予定の時間を30分近く過ぎてから。

昨夜、外国人観光客で溢れていた飲食店や土産物店が軒を連ねるメイン通り。
DSCF9202.jpg
静まり返ったこの通りを一旦オフコースした分岐点の「国分寺東」まで戻ってそのままコース復帰すると、そう走らないうちに通りの外灯は無くなって早くも視界が限られたものになった。

もう上っているのか…。

道が地味に上っていることを脚の感覚が俄かに捉え始める。

▼ 続きを読む ▼

| ブルベ教のススメ | 11:14 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

俺のSR600日本アルプス・1日目 下呂~高山

駅前ロータリーに広がり始めた夕方の影に半ば促されるように僕は下呂駅をスタートする。
もちろん見送る人がいなければ声援を送る人もいない。
周囲には駅を出入りする利用者や送迎車を待つ温泉客で混み合っていたが、走り出した僕に目を留めたところでこれから600kmも走ってくるなんて話は知る由もない。
ただスタート直前まで目を通したFacebookに寄せられた応援コメントが背中を強く押してくれたし、「今からスタートします」と送った妻への定時連絡が最初の一歩を踏み出すキッカケになった。

今回登場するルートです(画像クリックで拡大)
day1map.jpg

▼ 続きを読む ▼

| ブルベ教のススメ | 01:11 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT