お前は何ば目指しよっとか◆熊本荒尾玉名大牟田の自転車好きと楽しむ、リーフの自転車回想録

ロードバイク・バッソ リーフを駆って自転車のあれこれに勤しむ、ゆかいなチャリバカ達(笑)との自転車回想録です。

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

SR600北関東回想録その4 PC10直江津港~PC13渋峠

その3からの続き

(↓クリックで大きな地図)
sono4.jpg

不思議なものだ。

エアコンが立てる風切り音と真っ暗な部屋。目が覚めて枕元のケータイで時間を確かめる。時刻は午前3時半前。アラームが鳴る10分前だ。
アラームが鳴るまで目を閉じ、1分でも1秒でも回復に努めたい…そんな言い訳の裏で、現実から早く楽になりたいという自分の甘えも見え隠れする。

でも行かなきゃ。

起き上がってみると思いのほか身体はバキバキじゃないし、頭もスッキリしている。
顔を洗って歯を磨いて、手短に荷物をまとめる。

実はスタートからずっとニーウォーマーを履いて300kmを走って来たが、滑り止めのシリコンに被れて太腿を一周するようにミミズ腫れが出来ていた。一部は水膨れになっててシリコンと皮膚がくっついてる事を知らず、昨夜脱衣所で脱ぐ時に破けて飛び上がるほど痛い思いをした。そして全体的に痛痒い。
内腿の皮膚が破けてる箇所には手持ちの絆創膏を貼り、全体的には殺菌成分の入ったシャモアクリームを塗っておく。今回履いてきたレーパンの裾にシリコンが無かったのは幸いだった。

今日はこれから急勾配の関田峠から最高地点の渋峠へと、新潟→長野→群馬と連続で越えていく。まさにハイライトとも呼べる重要な1日。

残り300km。されど300km。

▼ 続きを読む ▼

| ブルベ教のススメ | 17:09 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

SR600北関東回想録その3 PC6みなかみ~PC10直江津港

その2からの続き

(↓クリックで大きい地図)
pc6-nao.jpg

コースに復帰すると道はすぐに上りだした。
国道17号線に出るため山越えのショートカット。
ピークの仏岩トンネルを越えて猿ケ京温泉へと至る県道だ。

しばらく左手に並行する関越道を見ながら進む。
DSCF2869.jpg

先程のランチ休憩を挟んでリズムが変わったか、疲労を溜めすぎたからか。
腰にズンと鈍い痛みが出だした。
この頃は腰痛で鍼灸院に通っていて、出発前にも行きつけのショップで90mm・17°→80mm・6°のステムに交換してアップライトなポジションにしておいたのだが、バイクは普段より重量増だし、ここまでの行程で幾分負担を掛けたのだろう。
停車して鎮痛の速溶錠と胃薬を飲んだ。

やがて関越道をアンダーパスすると本格的な登りに。
そこまで長い距離ではなかったが、なかなかパンチのある勾配だった。

▼ 続きを読む ▼

| ブルベ教のススメ | 20:57 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

SR600北関東回想録その2 スタート~PC6みなかみ

その1からの続き。

スタートから約150km先のPC6みなかみまでのレポートです。

(↓クリックで大きい地図)
s-pc6.jpg

サイコン読みで気温16℃。流石に乗り始めは肌寒さを通り越すものを感じ、ウエアのチョイスを間違ったかなと思ったりしたが、10分も走ればそうでも無くなってきた。
この先10℃を下回る事はないだろうと予想し、今のところ防寒対策としてアームカバーとニーウォーマー、それにAJ反射ベストをチョイスしたが果たして…。

DSCF2842.jpg

JR日光線とR121を横切ると、所々に街灯と人家が点在する川沿い道を進む。
雨の日が多かった影響からか轟々と流れる音が絶えなかった。
道は少しずつ上り始めていたが、ブルベも始まったばかりだし夜明けまで長いので、とにかく頑張らず疲労を溜めない走りとペースを維持して進んだ。

時折左右の斜面や木々の向こうに幾つかの光るものが見えて、鈴替わりにベルを何度も鳴らすとガサガサと音を立てて消えていく。
その正体は鹿なのだが、多い時は10~20匹の群れと遭遇したり、4~5匹が突然道を横切ったり、とにかくそこらじゅうに沢山いる感じ。
滝ヶ原峠までの間に100匹は見たと言っても、決してオーバーではないと思う。
暗闇の中にキラリと見えたらとにかくベルを打ち鳴らした。

▼ 続きを読む ▼

| ブルベ教のススメ | 13:15 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

SR600北関東回想録その1 いざ宇都宮へ!

季節はすっかり秋めいて、2017年もあと2ヶ月で終わろうとしています。
九州では11月に入ったくらいから一気に寒くなり始め、これから美しい紅葉のピークを迎えるところだが、9月末にSR600日本アルプスを走った友人からの便りによれば、乗鞍~三本滝にかけては紅葉が始まっていて、つい見とれてしまう程に綺麗だったというし、特に今年の関東の夏は曇や雨の日が多かったり、あまり気温が上がらない日が続くなどして、10月に入ると北関東でもSNSを通じて紅葉の便りが見られる様になった。

DSCF2811.jpg

そんな北関東を僕がサイクリングしてきたのは9月の始め。
山々は緑1色でまだまだ夏の風景が広がっていたが、平地でも朝晩は17℃前後と肌寒く感じました。

僕が北関東をサイクリングしてきた理由はご存知の通り、AJ宇都宮が公開しているSR600北関東にチャレンジするため。

DSCF2810.jpg

2015年5月のSR600富士、2016年9月のSR600日本アルプスに続き、2017年の今年もシューペルランドネに挑戦してきました。
2017年という年はSR600においては幾つかの変化があり、1つは国内では新たにAJ岡山が公開したSR600四国山脈がオープンしたこと。もう1つはルールが改正されたことだ。
そのルール改正の最大のトピックはコースの獲得標高に関わらず、ランドヌール部門の規定時間が60時間になった事。それに伴いツーリスト部門も1日の走行距離が最低75kmにそれぞれ見直されました。
つまり昨年までの富士(11,105m)が52時間、日本アルプス(12,411m)が54時間だったのがそれぞれ60時間となる。
そしてSR600北関東(12,591m)も多分に漏れず、昨年まで55時間だったものが5時間も増え、実質緩和されたのです。

SR600KN_MAP.jpg

さて、そんなルール改正も手伝って、挑戦してきたSR600北関東はランドヌール部門で出走しました。
今回は時間が緩和されたことを最大限に活かすプランを考え、試行錯誤の末、とにかく無理のないプランを上手く導き出せたように思います。
これまで一度も取れてないランドヌール部門での認定完走を、今回こそ絶対に取ってゴールするんだと胸に誓いながら。

▼ 続きを読む ▼

| ブルベ教のススメ | 18:19 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

今年もSR600にチャレンジ!SR600北関東への道

2年前…
ランドヌール部門で出走したものの、タイムオーバーしてツーリスト部門での認定完走となったSR600富士。

1年前…
天を味方につけて乗鞍を確実に越えるべく、あえてツーリスト部門で認定完走したSR600日本アルプス。

 年に一度のSR600の時だけ九州から遠征し、飛行機輪行も何となく要領を得て、準備するもの、調べておくこと、前後の過ごし方とか、やるべきことと必要ないものの取捨選択、少しずつ自分なりの形になってきた気がする。今回でまだ3回目だけどね(笑)

 2017年に入って国内4本目のSR600として、新たにSR600四国山脈(AJ岡山)が加わった。次の北関東を走って、まずはコンプリートだ…と思っていたのに(笑)
 でも前回の日本アルプスを終えてから、次は北関東だと意識していたし、富士の時に通過した渋峠をもう一度走ってみたかったこともあって、来るチャンスに備え北関東に向けてのリサーチを進めていた。

SR600KN_MAP.jpg
(クリックすると大きな画像が見られます)
 
 それともう一つ、今年から獲得標高に関わらず制限時間が一律60時間になったことも新しい。
昨年までの北関東は55時間。その差5時間はとても大きく、その分を十分な仮眠に充てたり、長大な登坂にじっくり挑んだり、無理のないペース作りであったり、それだけで時間内完走という現実味がグッと増すのではなかろうか。

▼ 続きを読む ▼

| ブルベ教のススメ | 17:08 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT