お前は何ば目指しよっとか◆熊本荒尾玉名大牟田の自転車好きと楽しむ、リーフの自転車回想録

ロードバイク・バッソ リーフを駆って自転車のあれこれに勤しむ、ゆかいなチャリバカ達(笑)との自転車回想録です。

2012年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年09月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

BRM825五木600km→結果 DNFしました。。。orz

まずは応援して頂いていた皆さん、ありがとうざいました。
結果は途中リタイアをしましたが、こうして無事に帰ってくる事が出来ました。

s-DSCN0225.jpg
↑PC2竹田を再スタート時の様子。たぶんまだ元気。(笑)

具体的には走行距離460kmあたり、熊本空港~大津付近でリタイア宣言。
PC4佐俣を後にして甲佐や益城では向かい風と横からの突風、熊本空港前後の長いアップダウン、正午ごろだったこともあり強い日差しと暑さでダウン。
フラフラと走っていたら横風を受けて2回コケました。

勝ったとか、負けたとか、そんなものはブルベに存在しませんが、最後まで完走することが出来なかった事は悔しいし気持ちでいっぱいですし残念でなりません。
その時はやむを得ない、仕方ないなと自分に言い聞かせ、まずは何とか自宅へ帰ることで気持ちがいっぱいでした。
そのあとで見たゴールする仲間達を出迎え、一夜明けた翌日になると途端に悔しさが込み上げてきました。

けれどリタイヤで迎えに来て貰った帰りの車の中でいい言葉を貰いました。

「本当にボロボロになってから止めると、また始めようとした時の立ち上がりが遅くなる、もしかしたらもう立ち上がれないかもしれない」と。

その言葉にとても救われたような思いをしました。

悔しい事に変わりはありませんが、お陰でブルベを嫌いにだけはならずに済んだようです。
結果にこだわり過ぎた所もあったようで、もちろん認定完走するのが1番ですが、ブルベは挑戦するそのこと自体に意味があるのかなと。
ゴールに集まっていたほかのリタイアした仲間達を見て、そんな事を教えて貰えたような気がしました。

…と、ここまで何やら反省文のようになってしまいましたが、いよいよレポートに移りたいと思います。
写真が少ないので時系列に文章中心の内容で綴ります。

今回のブルベ600kmのルートは↓こちら↓

▼ 続きを読む ▼

| ブルベ教のススメ | 15:14 | comments:24 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

落武者とランデブー!? 「ミッドナイト★二本杉峠」で人吉へ。

来るべきその日、BRM825五木600kmがいよいよ今週末開催となりました。

今回のブルベ最大の難所とされるのがR445にある二本杉峠と呼ばれる場所。
峠まで登坂距離約13km、標高差930m以上、10%以上の勾配が連続するヘアピン。
この峠を越えるのはスタートから270km以上走った後のこと。
さらにこの場所は夜遅く~深夜にかけて通過する予定。

峠までの登坂路もそれなりに大変な場所だが、それ以上に危険で大変なのが峠を越えたあとの下り。
車1台がやっと通れる道幅、荒れまくった舗装路、絶えずウエットな路面、一瞬目の前の道が消えたと錯覚しそうなブラインドコーナー、明かり一つ無い漆黒の闇。
それはどこか噂に聞く、国道というより正に酷道と呼ぶに相応しい道。

そして最後に忘れてならないのが、この地に逃れてきた平家の落武者落人の伝説。
そう、この地は九州最後の秘境と呼ばれている場所なのだ。


前置きが長くなったが、そのちょうどブルベ1週間前となった18日土曜日の夜。
二本杉峠を越えて人吉まで走ろうと、ミッドナイト★サイクリングを楽しんできました。
夜間走行ということで写真が少ないですが、ブルベに参加する方も見ているかもかもしれないので、文章と説明中心の内容でお送ります。


RIMG0361.jpg

▼ 続きを読む ▼

| 自転車で走る | 00:38 | comments:22 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

夕方のサイクリングで、夏の終わりを想う。

仕事が早く片付くと、夕方は近所の小岱山へサイクリング。

このくらいの時期になると思い出して走りたくなる、いわばリーフの毎年の定番。

上りはまだまだ暑いけど、木陰は涼しく時折気持ちの良い風が一緒に通っていく。
RIMG0350_20120817222654.jpg

静かな林道に響くのはタイヤのロードノイズ、それからギア板とチェーンのメカニカル音。
RIMG0351_20120817222654.jpg
自らの呼吸とペダリングに合わせ、そのリズムを刻んでいく。

一日の終わりに今日の出来事、明日の出来事に考えを巡らす貴重な時間。
整理し、リセットして、明日へ繋げていくのだ。

奥の院まで走って、冷たい炭酸を飲みたいと楽しみにしていたけど、
RIMG0358.jpg

自販機が閉店した店内にあって買えず。うわぁーん
RIMG0353.jpg

うるさいヤツだなー あっちに行けよ って言われたような無いような。
RIMG0354_20120817222653.jpg

辺りではツクツクボウシに、ひぐらしの鳴く音。
RIMG0359.jpg
夏の終わりを想うのと同時に季節感を感じる、そしてどこか寂しさも。

残暑はまだ続くけれど、この時間だけは秋の訪れが近いことを感じさせます。


と・こ・ろ・が・ リーフの夏はまだ終われない。
RIMG0346_20120817222654.jpg
忘れかけていた、来るべきその日がくる。

またね。

| 自転車で走る | 22:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

雨から逃げ切り無事完走!「俺たちの島イチ2012」

島イチ=島原半島一周 のこと。

昨年の有イチ島イチ200kmに続き今年はいろんな人に参加して貰えるよう、それぞれ違う内容のサイクリングを2つ企画しました。

今日はその内の一つ、島原半島一周100kmサイクリング。
RIMG0327.jpg

ところが真夜中に雷を伴った大雨が降り、一時はどうなる事かと思いましたが朝には小ぶりになってました。
天気予報や雨雲レーダーの予想から、午後に向かって回復するだろうとの判断で予定通り集合。

予定より少ない参加となりましたが、北九州よりスペシャルゲストのヒデさんと荒玉サイクリストのワッキーさん、そしてリーフの3人でサイクリングを楽しんできました。

▼ 続きを読む ▼

| 自転車で走る | 01:25 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

最果ての感動サンライズロード~2日目・度島編~

前回の「最果ての絶景ワインディングロード~1日目・生月島編~」の続き

長崎県平戸の沖合にある周囲10kmの小さな島、度島(たくしま)。
ここで暮らす妻の同級生一家の家に、リーフ家ファミリーで遊びに来ている。

5日日曜日はこの度島で朝を迎えた。

前日は「夕日スポット」と呼ばれる場所に行き、
RIMG0150.jpg

夕食ではアワビやサザエを焼きまくり、
IMG_2383.jpg

「もうよか!」というくらい喰らい、
RIMG0144.jpg

「もういらん!」というくらい喰らう。
RIMG0146.jpg
度島での初日は、とにかく海の幸を堪能して終わりました。(笑)

今朝は前夜に教えて貰った「朝日スポット」を目指してサイクリングに出発です。

▼ 続きを読む ▼

| 自転車で走る | 15:40 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT