お前は何ば目指しよっとか◆熊本荒尾玉名大牟田の自転車好きと楽しむ、リーフの自転車回想録

ロードバイク・バッソ リーフを駆って自転車のあれこれに勤しむ、ゆかいなチャリバカ達(笑)との自転車回想録です。

2013年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2013年05月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

鯛生金山の意外なランチとヘブン400kの応援。

GW前半の3連休、28日日曜は自転車友D氏とサイクリングに出掛けました。
普段の休みでも早朝とか午前中くらいしか時間の取れないD氏ですが、久しぶりに1日中OK!とのことで彼のリクエスト(笑)により、GW後半の生月島ツーリングに備え100km超のロングライドへ。
併せて山も走らねばということにもなり、これまで荒玉からはあまり走りに行くことの少なかった菊池~竜門ダム方面へ行くことになりました。

午前7時に最寄りのコンビニに集合したあとは南関~三加和~山鹿と繋いで、R325を通って菊池まで走ります。
RIMG4150.jpg

市内の中の道を通り抜けようとしたものの、菊池市内では毎月第4日曜日恒例の軽トラ朝市が開催されていて、少し迂回して菊池神社下のローソンで休憩。

ここから竜門ダムに向かってK133を上って行きました。
この日は天気が良く気温も上がりさすがに上っている最中は暑かったのですが、程よく日陰もあったり短い下りのサービス区間があったりと気持ち良く上って来れました。
RIMG4153.jpg
ダム湖沿いのアップダウンやトンネルを通り、ここからは大分県中津江にある鯛生金山を目指すことに。

しばらく整備された舗装路を走っていましたが、途中から舗装が割れたり剥がれたりした幅員の狭い山奥の道を上って行きました。
ブルベでこういう道を走るのは珍しくないのですが、個人的にこういう場所を走る時のワクワク感が好きです(笑)

途中、穴川名水と書かれた水場で休憩。
滝があったり、斜面から何本もパイプが出ていて湧水が流れ出ていました。
RIMG4160.jpg

水場から鯛生金山までは残り7~8km。
水場を出てすぐビークル犬の雑種??みたいな犬にず~っと付いて来られたりしたものの、もう少し上って穴川峠を越えたらあとはだいたい下りです。
さすがに犬は峠の下りで千切りましたが(笑)

午前11時過ぎには鯛生金山に到着。
RIMG4164.jpg

ここでは昼食にするつもりでいたので早速食べに行きます。
鯛生金山は道の駅でもあるので食事の出来る場所は2つあるのですが、今日は鯛生金山の入場券売り場の2Fにあるレストランにしました。

観光施設のレストランということで正直なところあまり期待していない部分もあったのですが、意外にも注文してみると味も見た目も本格的なご馳走が運ばれて来ました。

D氏は「しし肉のボルシチ定食」。
RIMG4162.jpg
自身も家で本格的な手料理を作る料理人のD氏も絶賛の旨さ。よく見ると上に金粉が(゚o゚;;

リーフは「マイナーズカレー」。
RIMG4163.jpg
マイナーとは鉱夫という意味で当時鯛生金山いたシェフがインド人だったということもあり、当時のカレーを再現したものらしいです。
豆の粉で作ったインドのおせんべいが載っていたり、複雑なスパイスの香りと味わいが食欲をそそり、見た目も味も本格的な大人のカレーでした。
奥の飲み物はインドの飲み物ラッシー。

大分ということで唐揚げ。
RIMG4161.jpg
ジューシーな揚げたてを二人でシェアしました。

最初はうどんか何かを食べようかと思っていたのに、ここに来て本格的な食事が出来なんか得した気分になりました(^^)

さて、鯛生金山を後にしたのは正午。

ここから竹原トンネルを通って福岡県に入ると、日向神ダムを通って八女方面に下ります。
RIMG4166.jpg

快適な下り…のはずだったのですが、な~んか向かい風っぽいぞ~。
RIMG4167.jpg

途中、黒木町の藤棚の下を通過。
RIMG4170.jpg
見頃は過ぎていましたがまだまだ花は沢山残っており多くの人々で賑わっておりました。

矢部川沿い~R209~清水寺~山川と繋いで、午後3時過ぎに南関のセブンイレブンへ。
ここまで暑さと向かい風とD氏のトドメの牽きでもうグダグダです。。。orz

九州のブルベシーンでは4月26日からヘブンウィークと呼ばれる九州1周ブルベが開催されています。
300、400、600、200の順で行われ、昨日まで福岡県嘉麻市~長崎県諫早市までの300kmがあっていました。
今日は400km先の鹿児島県指宿市を目指し、ランドヌール達は諫早を午前11時にスタート。
ここ南関のセブンイレブンはPC2に設定されていて応援のため立ち寄りました。

午後4時頃をピークに続々とランドヌール達が到着し、田舎のセブンイレブンを占拠していきます(笑)
RIMG4246.jpg
RIMG4243.jpg

午後5時前、補給を終えたTok-MakさんN友さんがリスタートしていくのに合わせリーフも一緒に出ました。
RIMG4261.jpg

リーフの帰り道が同じなので途中までほんの少しだけご一緒し、
RIMG4262.jpg
RIMG4263.jpg
TokさんN友さん、ちゃんとR501を走ってね!途中で熊本市内に行っちゃダメだぞ!(笑)
お二人のご無事と健闘を祈ります!

さて、終わってみれはこの日は147kmのサイクリングになっていました。
D氏とは南関のコンビニで先に別れてしまい最後まで一緒じゃなかった事だけは心残りでしたが、久々に1日中一緒に走る事が出来てとても楽しかったです。

今日のサイクリングは暑いくらいの快晴で、汗が乾いてザラザラになった顔を久々に味わいました(;^_^A
GW後半のお楽しみ、生月島ツーリングも快晴の中でのサイクリングになりそうです。

またね。

| 自転車で走る | 20:34 | comments:7 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

夢の超特急に乗って(笑)、写真コンクールの表彰式に行ってきました。

以前FACEBOOKやこの場で荒尾干潟デジタル写真コンクールで入選した件をご報告させて頂きました。

その表彰式が21日日曜、熊本市中心部にあるサンロード新市街(アーケード)において行われ出席してきました。
熊本では毎年この時期、アースウィークくまもとという環境保護に対する取り組みや展示が行われていて、そのオープニングセレモニー内で表彰式が行われます。

いつもなら車で1時間ほど掛けて熊本市内へ向かうのですが、今回は子供達や妻も一緒に九州新幹線に乗って熊本市内入り。
IMG_0641.jpg
最寄りの新玉名駅から熊本駅まで1区間約9分という速さであっという間に到着。
時々乗り物全般に興味津々の息子を連れて新玉名駅のホームに新幹線を見に行くのですが、今日は子供達もその新幹線に初めて乗りました。

余談ですが実は数週間前、リーフと息子と二人だけで在来線の荒尾~大牟田の1区間だけに乗った時の話…。
ホームに停車中の電車を見て興奮してはしゃぐ息子。
出発の時間になり電車に乗り込み…そして扉が締まるとやがて動き出したその時。
「ママ?…ママ??…(涙目)…ママ!ママ!!マーマーァ~(大泣き)」
妻と娘は大牟田駅に車で先回りしています。
おいおい…このシチュエーションってどう見たって…人拐いでしょ!(苦笑)
そこから大牟田駅までの4分間が長いコト長いコト…

IMGP1610.jpg
そんながトラウマ(笑)があったので少し心配でしたが、今日は妻も娘も一緒だったこともあり(これが一番重要)終始ご機嫌なまま私の膝の上で夢の超特急の時間を楽しんでいたようでした。

さて、熊本駅からは娘も息子も初めてな市電(路面電車)で最寄りの辛島町電停へ。
事前に娘には「車と一緒に道路を走る電車に乗って行く」と伝えていたのですがあまり信じてなかったみたい(^_^;)

会場に着くと11時よりオープニングセレモニーが始って保育園の園児による歌や演奏の披露のあと、
IMG_0648.jpg

荒尾干潟デジタル写真コンクールの表彰式行われ、
RIMG4130.jpg

入選を戴きました。
RIMG4147.jpg

副賞や記念品を頂き、記念の集合写真を撮り終えると時刻は正午前。
また市電に乗って今度は熊本市動植物園に行きました。

園内で少し遅めの昼食を摂ったりして、
IMG_0652.jpg

動物を見て喜ぶ子供は対照的に、なかなかよく歩いて大人はややお疲れモード。
IMG_0656.jpg

2時間ほどで動植物園を出て再び市内中心部へと戻りますが、今度は市電ではなく息子のリクエストで路線バスで移動。
IMG_0667.jpg
まあ娘にしてみれば市電やバスの乗り方はいい社会勉強だったみたい。

交通センター(バスセンター)まで乗って、隣接のくまもと県民百貨店へ。
途中自転車仲間が運営に関わっているお店へ立ち寄ったあと(会えずじまいでしたが)、催事場で行われていた北海道物産展を覗いてみた。

そこで夕張市のゆるキャラ、メロン熊(凶暴化した方)に甘噛みされるww
IMG_0673.jpg
物産展そのものはチョコやスイーツ、海鮮モノを試食したりしてそれなりに楽しめた。

さて、帰りは最後に市電で熊本駅まで移動し、再び新玉名まで新幹線で帰りました。
熊本駅始発のつばめで帰って来たのですが意外??なことに新玉名駅で降りるお客が4組ほどいて、1区間にも関わらず利用する人がいるのだとちょっと感心。
IMG_0682.jpg
その日の晩御飯は物産展で確保したお弁当をいただきました。

またね。

| リーフの日常 | 22:18 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

今年最初の長崎上陸。雲仙ヒルクラのちトルコライス。

4月17日追加:過去に参加した雲仙HCの記録証とカーミンコネクトを掲載しました。

天気がいい時はリーフの店から見える島原半島と雲仙の山々。
少しは暖かくなってきたので、そろそろ上ってもいいかな~と思っていた時、長崎のサイクリストBちゃんのブログで14日日曜に雲仙ヒルクラサイクリングを行うとの案内があった。

前夜に連絡を取り、快く参加を承諾してくれたBちゃんに感謝。

翌日は午前7時50分の有明フェリーに乗船し島原半島へ向かった。
RIMG4068.jpg
今朝はよく晴れて日中は暑くなりそうだったが、このあと向かう雲仙は雲にすっぽりと覆われその頂を望むことは出来ない。

フェリーの中では福岡から輪行で乗り継いで来たという方と一緒になり、到着までの間お互いの自転車で走った思い出話で盛り上がった。
RIMG4070cut.jpg
今日はこのあと雲仙災害記念館へ行かれるそうで、このブログをお教えしてお別れした。

多比良港に降り立つと一路待ち合わせ場所の愛野森山のコンビニへと向かう。
RIMG4073.jpg
心配していた風は思いのほか追い風で、滑り出しから気持ち良くペダルが回った。

▼ 続きを読む ▼

| 自転車で走る | 22:38 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

今年も来るべきその日が。。。。くる。

もう頭の中はこの事でいっぱいです。

でもそれがまた楽しい(嬉♪)

こうしてアレコレ考えているうちから、リーフの来るべきその日はもう始まっています。

…いや、昨年の五木600kをDNFした時から、すでに始まっていたのかもしれない。

あの時、ボロボロになる1歩手前で走るのを止めた。
その時は残念で悔しくて堪らなかったが、今ならそれは正しい判断だったと言える。
それが出来たからこうして立ち上がる事が出来たし、再びここに立つことが出来た。

またスタートできるのだ。


どうやらあれから経験値は正常に蓄積されていたようだ。
お陰で今年は年頭から順を追って400kmまでの認定を受ける事が出来た。
ただ運がイイだけかもしれないし、ブルベにおける自分のスタイルはまだまだ完成の文字さえ見えない。

さぁ、次は600km。

遠い遠い、まだ見ぬ600km先のゴールを目指して。


今度のキーワードは「椎葉村」

獲得標高は7000mを超えそうだ。

前半の300kmをツール・ド・フランス風に表すとこんな感じかw
shiiba-etape.jpg
「shiiba」手前の1000m級の山岳は国見トンネル頭上の山を指していると思われる。

もうこんなに上ることはないが、後半もまだまだ続くゴールまで残り300km。

さて、どうなることやら…。

あ~楽しい(嬉♪)

またね。

| ブルベ教のススメ | 11:49 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ゴールデンウィークは生月島へ。

日中は日差しさえあればポカポカ陽気ですが、早朝だけはまだまだ一桁台。
けれどそれもあと少しで終わるのでしょうね。
平野部の桜はすっかり散ってしまい、早くも新緑が映える景色へと移りつつあります。

もちろん自転車にとっても気持ちのいいシーズンの始まりです。
日々のサイクリングはもちろんのこと、サイクルイベントが賑わいをみせ始めます。
この時期のベタな一大イベントといえば5月のGW期間中に開催されるツール・ド・国東でしょうか。

しかしブルベをやるようになってからは200kmから600kmまで九州を1周(1500km)するように連続開催されるAJ福岡主催のヘブンウィークが気になりますw

昨年のヘブンウィークではこのうち指宿~諫早400kmに参加しました。
DSCF1551.jpg
(銀輪太郎さん撮影)
正味20時間くらいは雨に晒されながらのブルベでしたが、今ではいい思い出です(笑)

今年のGWはツール・ド・国東やヘブンウィークをはじめ、イベントの参加は特にナシ。
ですが諫早~指宿のヘブン400kmでは近所にPCが設定されているので、応援に出向いてランドヌールの皆様を迎え撃つつもりです(笑)

さて、サイクルイベントへの参加が無い代わりに、荒玉サイクリストのメンバーで初めてのお泊りサイクリングを計画しました。

行き先は生月島。
RIMG0010.jpg
荒玉からはおよそ150km離れた場所にある、陸路で行ける最西端の島です。

昨年の夏、この生月島度島を自転車で走りました。

一緒に走る仲間の皆にも見せてあげたい景色。
RIMG0032.jpg
RIMG0095.jpg

この日のようにあとは晴れる事を祈るのみ!(笑)
(あ、ヘブン期間中はドラマチックな天気に恵まれますことを祈っておりますw)

このサイクリングが終われば、次は来るべきその日だ!

またね。

| 自転車で走る | 23:21 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT