お前は何ば目指しよっとか◆熊本荒尾玉名大牟田の自転車好きと楽しむ、リーフの自転車回想録

ロードバイク・バッソ リーフを駆って自転車のあれこれに勤しむ、ゆかいなチャリバカ達(笑)との自転車回想録です。

2013年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2013年11月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

そうだ!呼子でイカ喰って、糸島で焼き牡蠣しよう~サイ♪

10月27日日曜は秋晴れの下、久しぶりに自転車友D氏と二人だけでサイクリングに出掛けてきました。

前日までその行先はなかなか決まらなかったものの、D氏がまだ行ったことが無いという福岡市内にほど近い糸島半島へ。
んで、どうせ糸島までは車載で行くので、そこから呼子まで足を延ばし活イカを食べにサイクリングすることになりました。

D氏の車にお世話になって、7時に荒尾を出発。
行きの車内では終始、過去に一世を風靡した車や家庭用のハイエンドオーディオ機器ネタで盛り上がった(笑)
九州自動車道~福岡都市高と乗り継ぎ、9時前に今津運動公園に駐車して出発!

走り出すとヒンヤリするが、日差しのある場所ではジンワリと汗ばんでくる。
RIMG4792.jpg

D氏はスタートからウインドブレーカーを着ていたが、早々に脱いでしまう。
RIMG4793.jpg

しばらく国道を避けるようにして走り、弁天橋を渡って加布里からR202に出る。
RIMG4794.jpg
この様に天気に恵まれて、この日のFACEBOOKでは各地のサイクリング・ネタで賑わっていたのが印象的だった。

▼ 続きを読む ▼

スポンサーサイト

| 自転車で走る | 19:44 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

『なんちゃってブルベ1103荒玉』に参加してみませんか。 

来年は九州中国地方のブルベシーンが、もっと熱くなりそうな予感です。

九州ブルベの基礎を築き、現オダックスジャパン(以後AJ)会長のお膝元でもあるAJ福岡や、昨年発足し精力的に活動されているAJ広島をはじめ、難易度の高いブルベコースでお馴染みの長崎では新たにAJ長崎が発足。
そして我が地元熊本でも来年度よりAJ熊本が発足し、熊本発着のブルベが多数行われる予定との情報をキャッチ。

s-120501kuriyashugo.jpg
↑一昨年に参加したヘブンウイークBRM501諫早400kでのスタート前集合写真。

そして今年はリーフの周囲においてブルベに初挑戦した方が多かったですし、来年から本格的に参加したいという声も聞かれるようになりました。

s-DSC_0029.jpg
↑今年行われたBRM908門司港200kのブリーフィングの様子。

これも日頃からブルベ教布教の賜物かと勝手に思っておりますが(笑)、少しづつ周囲で認知度が上がっていくのは嬉しい限り。

そこで荒玉サイクリストのワッキーさんを中心にした企画として、「これからブルベに挑戦したいけど…」「そもそもどう参加したらいいのか不安…」といった『初めて』をキーワードにした、ブルベ風のサイクリングを荒尾玉名界隈で催します。

ちなみに今回の企画は、日本国内で正式なブルベを運営しているオダックスジャパン、ならびに主催している各地のAJ団体とは一切関係ありません。

詳細は後述しますが、大まかな内容としては…

●正式なブルベの最小認定距離は200kmですが、今回は110km程度であること。
●荒尾玉名を中心とした、立ち寄りスポットやルートで構成されていること。
●あくまでもブルベのルールに則って、雰囲気や流れを気軽に味わって貰いたい。

…といった感じになってます。

なので正式なブルベに参加するつもりが無い方でも、是非一緒に走って頂ければと。
もしかしたらそんなアナタも、ある日突然目覚めてしまう事があるかもしれませんから(笑)

▼ 続きを読む ▼

| サイクリングのご案内 | 12:33 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ツール・ド・湯平2013に行ってきました。

記事としては少し過去のネタになりますが、お許しを。

10月6日日曜、2年ぶりにツール・ド・湯平に参加してきました。

今回で4度目の参加となる同大会ですが、前回2年前に参加した時の様子はこちら↓。
雨の中のツール・ド・湯平2011!参加しました~。 詳細レポート

今回は荒玉サイクリストから、ワッキーさん、自転車友D氏、cyclist50さんら3人と一緒に、しかも初めて湯平温泉に前泊しての参加となりました。

ちなみにリーフのゼッケン番号は、自身のバイシクルライフ最小のNO.2!
IMG_1426.jpg

…が、上には上が。
cyclist50さんのゼッケン番号はNO.1でした(^_^;)スゲー

ワッキーさんの車にお世話になって、私とD氏、そして3台の自転車を積んで湯平温泉へ。
18時ごろにお世話になる宿に到着すると、柳川から共に参加のcyclist50さんは少し前に到着していたようで部屋で合流。
そしてすぐに宴会となりました。

豊後牛の陶板焼と黒豚のしゃぶしゃぶをメインに、沢山の料理でお腹いっぱい。
IMG_1315.jpg
食後は共同浴場「金の湯」の温泉に行き、それから前夜祭会場へと移動。

ヤマタノオロチを題材にした迫力ある神楽やONYONEさん協賛の抽選会を楽しみました。
IMG_1317.jpg

会場には毎年TD湯平に参加しているという大分のランドヌールS藤さんも参加していて、ちなみに彼のゼッケン番号はNO.3。
本番では一緒に走れる事を楽しみにしていたが、そんな彼は…。

前夜祭もお開きの時間となり皆で宿へと戻る。
IMG_1327.jpg
湯平温泉の名物石畳の坂も、雨に濡れてまた趣のある雰囲気を見せてくれている。

さて本番となる明日の朝はどうなることやら。

雨、止むといいな。

▼ 続きを読む ▼

| 自転車で走る | 18:28 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

今年3度目の椎葉村訪問。そしてもう一つの九州最高峰へ。

見事に連日快晴に恵まれた10月の三連休。
レジャーにスポーツにと、各地のイベントはとても賑わったことでしょう。

そんな中、リーフも久々に一日中ソロサイクリングを楽しんで参りました。
RIMG4733.jpg

前日までどこを走ろうか迷いましたが、とある林道が通行可能であることを知ると、サイクリングの目的はすぐに決める事が出来ました。

行先は今年3度目の訪問となる宮崎県は椎葉村。
そこから通行可能になった「峰越連絡林道椎葉五家荘線」を通り、標高1480mの峰越峠を越えて熊本県に戻り五家荘へと走る予定。

車が通行可能な峠のうち、未舗装路の九州最高峰が椎矢峠(標高1430m)ならば、これから走る峰越峠は舗装路の九州最高峰ではなかろうか。
そんな峠付近からの眺めはまた格別らしい。

本格的に寒くなる前に是非行っておかなくては!

どんな所なのか楽しみにしつつ、夜の明けきれぬ早朝5時に自宅を出発した。

▼ 続きを読む ▼

| 自転車で走る | 17:09 | comments:14 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。