お前は何ば目指しよっとか◆熊本荒尾玉名大牟田の自転車好きと楽しむ、リーフの自転車回想録

ロードバイク・バッソ リーフを駆って自転車のあれこれに勤しむ、ゆかいなチャリバカ達(笑)との自転車回想録です。

2014年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2014年12月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

あの感動をもう一度(笑) 写真で綴る「なんちゃってブルベ2014」レポート

記事中の写真は参加者の皆さんが撮影、またはブログの画像より頂いております。

予てより準備を進めていたブルべ風サイクリングイベント「なんちゃってブルべ2014in荒玉」を勤労感謝の日でもあった11月23日に開催しました。
10830678_398353686981393_7310642627047994902_o.jpg
昨年初めて開催し第二回となった今回は、当ブログとfacebookを中心とした募集活動と口コミにより総勢22名の方々が参加。
しかも嬉しい想定外として4名の女性ライダーからもエントリーを頂き、沢山のエントリー数と併せて大変賑やかなイベントになりました。

ちなみに「なんちゃってブルべ」とは、ブルべの振興と健全で良識あるヘ〇タイ・サイクリスト育成に貢献する有明地区最大のブルべ愛好家集団「荒玉ブルべ教」が主催するサイクルイベントである。
その内容は超長距離と昼夜を問わず走り続けるその過酷さで知られるブルベ挑戦へ後押しすることを目的に、日中のみで走り切れるよう距離を短くしつつも実際のルールに準じるなど、ブルべの雰囲気をカジュアルに味わえるブルベ風サイクリングに仕立てました。
10420420_637842396327952_633047676914839210_n.jpg
「興味はあるけどいきなり本番は不安」「本番は無理だけど一度走ってみたかった」
今回は参加者の大半がブルべ未経験者ばかりで、まさに「なんちゃってブルべ」の趣旨に相応しい内容にもなりました。

実際のところ今回設定した距離は約95km。
本番のブルべにおいて一番短い200kmの半分にも満たないが、あくまでもブルべの雰囲気を知って貰うことが目的だし、お手軽に日中だけで終わらせるのでこれで十分。

た だ し。

前半部分に約5kmのグラベル林道・通称「なんちゃって林道」なるものをルートの一部に組み込んでみた。
10402550_1571945893035467_4663507102361758672_n.jpg
本番のブルべで未舗装路を走るなんてほぼ無いけど(笑)、フツーに走って終わってもただのサイクリングにしかならないと思い、あくまでも私から思い出に残るネタの提供ということで。
実際のところいろんな意味で(笑)かなり盛り上がったみたいなんだけど、さてどうなったことやら。

▼ 続きを読む ▼

スポンサーサイト

| サイクリングのご案内 | 13:52 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

11月23日開催「なんちゃってブルベ2014」 参加者募集中~!

この記事は11月23日まで先頭表示されます。その他の最新記事の閲覧はこの記事をスルーして次へお進み下さいませ。

お知らせ

★集合場所の駐車場と当日のことについて→こちら
23km地点からの未舗装路「なんちゃって林道」の進み方こちら
キューシートをバイクに固定する方法こちら
★11月21日現在 22名(男性18名 女性4名)の方よりエントリーを頂いております!(嬉)
★11/11 荒玉サイクリスト伝言板に一部変更したコースを公開しました。
★11/11 荒玉サイクリスト伝言板に修正した11月11日版キューシートを公開しました。



今年もやります!ブルベ風サイクリング「なんちゃってブルベ2014」。

ブルベとは自転車で長距離を制限時間内での完走を目指す、ロングライドの実力認定システムです。
主催者から提示されるキューシートを頼りに、指定されたルートを辿ってゴールを目指します。
レースと違いタイムや着順を競うものではなく、様々な天候やコースプロフィールの下、夜間走行を含めあらゆるリスクに走者自身が判断対応しながら、完走を目標に独りの力でゴールを目指します。

「なんちゃってブルべ」とはそんなブルベの雰囲気キツ楽しさを知って貰い、公認ブルベ挑戦を後押しすることを目的に、ブルベのルールに準じた日中のみの走行距離110kmで行うブルベ風サイクリングです。

1960787_382444645238964_7991282818984848827_o.jpg

公認ブルベと同様、なんちゃってブルベではコース上に設定されたPCと呼ばれるチェックポイント(コンビニ)に立ち寄り、ゴール後のチェックに必要なレシートをGETします。
また各PCには門限を設けており、実際の公認ブルベさながらの雰囲気を体験できる内容としています。

またゴール後には集合場所に併設された入浴施設「潮湯」に入る事が出来ます!(17:00まで利用可)

ブルベを知らない方、挑戦したいけどいきなり本番は不安だという方はもちろん、既にブルベを走るベテランの方もどうぞ参加して頂き、その魅力を一緒に伝えて欲しいと思います。
自転車で巡る大人のオリエンテーリング、なんちゃってブルべ2014にどうぞ奮ってご参加下さい!

以下の続きに概要と参加方法を記載しておりますのでご覧下さい!

▼ 続きを読む ▼

| サイクリングのご案内 | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

義務装備について(なんちゃってブルベ参加者向け)

ブルベで走るにあたり幾つかのルールがありますが、主なものとして、参加者の身体やバイクに必ず装着しておかなければならない義務装備品があります。

自転車をスポーツとして楽しむサイクリストであれば、特にヘルメットを身に付けるのは当然です。
そして公道を自転車で走るのであれば、道交法で義務付けられているフロントライト、尾灯(リフレクター)、ベルといった装備はもちろん、前後にブレーキが備わった安全に整備された自転車でなければなりません。

さらにブルベを走る参加者の特徴として、反射材が備わった反射ベストや反射タスキを、昼夜を問わず必ず身に付けることが義務付けられています。
RIMG0025_2015110618093441e.jpg
反射タスキやベストはナイトランを楽しむ為の専用品もありますが、100円ショップで売っているものでも構いません。
ちなみにジャージやタイツに、プリントや縫合された反射材はその類として認められません。

BRM(認定ブルベ)ではこれらの義務装備が備わっているかどうか、出走前に1台1台車検を行っています。

フロントライト(400km以上のBRMでは2灯以上を装備)
テールライト(車体に固定された常時点灯する尾灯)
ヘルメット尾灯(400km以上のBRMで装備) ※なんちゃってブルベでは特に必要ありません
ベル
反射ベストまたは反射タスキ(バックパックを背負う場合はバッグに反射材を備えること)


なんちゃってブルベにおいても当日は同様の車検を行いますので、ライト類やベル、反射ベストまたは反射タスキの準備を忘れずにお願いします。

| 未分類 | 23:19 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

キューシートをバイクへ固定する方法。(なんちゃってブルベ参加者向け)

こちらは「なんちゃってブルベ」参加者向けの記事です。

ブルベでは主催者から公開されたキューシートを読み進めながら走ります。
CUEシート題材
(このキューシートは一例です。本番用のキューシートではありません)

キューシートにはスタートからゴールまでの順路が記載されており、分岐地点の距離や交差点名、曲がる方向、周辺の目印などゴールに辿り着くために必要な情報がまとめられています。

ブルベ走行中にこれらを見ながら走るわけですが、確認の度に毎回停車したりポケットから出し入れするのは非効率です。
そこで走行中や信号停車時でも常に確認しそれが容易に行えるよう、ブルベ中はキューシートをバイクのハンドル部周辺に固定しておくのが一般的で、その方法は様々で参加者は工夫を凝らし装着します。
P9070138.jpg
s-RIMG5649.jpg

とはいえ、今回のなんちゃってブルベでは参加者の大半がブルベ未経験者。
固定するためのノウハウも無ければ、本番までの時間もあまりありません。
そこで比較的簡単に固定するための一例をお伝えします。

公開されたキューシート2ページ分をA4紙1枚に印刷し、両面が表となるよう2つ折りにします。
s-RIMG5646.jpg
s-RIMG5645.jpg
(プリンターの機能によっては両面印刷が出来るものもあります)

それをラミネートした上で四隅にパンチ穴を開け、ラッピング用のモールで固定します。
s-RIMG5647.jpg

ラミネーターが無い場合、あるいは使わない方法として、100均で売っているチャック付きのクリアケースにキューシートを入れて、同様に固定する方法があります。
img_0942.jpg

以下の2つは過去、なんちゃってブルベに参加された方が実際に行っていた方法です。

固定するアイテムは例に挙げたモールの他、タイラップで固定する方法もあります。
10420420_637842396327952_633047676914839210_n.jpg

キューシートのコマが一番下まで来たら、一度モールを解いて裏返しにして再び固定します。
クリアケースに入れていた場合は中身のキューシートだけを裏返しにします。

主催者から公開されたキューシートを元に、自分で見やすいようにExcelファイルを編集し、コンパクトにまとめられる方も居られます。
DSC00530_20151122201321852.jpg

以上を参考にしながら、各自工夫してキューシートをバイクに固定してみて下さい。
もし友人知人のサイクリストでブルベ経験者が居られたら、一度尋ねられると宜しいかと思います。

また主催者からはキューシートの他、ルートラボやカシミールを用いたGPSデータを提供しています。
そのGPSデータをGARMIN等のGPS機器に取り込み、ルートを表示させながら走る方も居られます。
これがだんだんと主流になりつつありますが、GPS機器の故障や電波を拾わないトラブルはもちろん、GPS画面では分からない周辺の情報がキューシートには記載されていますので、GPSだけに頼らず併用もしくはキューシートを読みながら走る事に日頃から慣れておくのも、ブルベを走る重要なスキルの一つです。

本番ではラミネートしたキューシートと固定に必要なモールを若干数ですが用意します。
全員分は用意出来ませんが、どうしても自分で準備出来ない方は当日お申し出下さい。
ブルベは準備の時からもう始まっています。
自分が使いやすいよう工夫するものブルベの楽しみの一つです。

| ブルベ教のススメ | 23:18 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。