お前は何ば目指しよっとか◆熊本荒尾玉名大牟田の自転車好きと楽しむ、リーフの自転車回想録

ロードバイク・バッソ リーフを駆って自転車のあれこれに勤しむ、ゆかいなチャリバカ達(笑)との自転車回想録です。

2015年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2015年05月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

いざ!Fleche 412 広島 チームで駆け抜けた24時間370km。

毎年4月になると、特別なブルベ「Fleche」(フレッシュ)が開催されます。

Flecheとは仏語で「矢」を意味し、本国ではイースターのこの時期に開催されるブルベで、主催者が定めた集合地点(ナイスプレイス)に向かって各地のサイクリストがそれぞれの出発点から走ってきます。
日本ではACPによって認められた「Fleche JAPON」が開催されており、3~5台のチームで360km以上の走行距離を24時間一緒に走り続けながらナイスプレイスを目指すものとなっています。

今年は日本で3ヶ所行われ、その内の一つが4月12日にAJ広島主催であり、九州からも参加しやすいことから昨年末のAJ福岡忘年会で気の合う仲間5名で出走チームを結成しました。
チーム名は「フレッシャーズFNK」で福岡長崎熊本在住の30歳台~50歳台のフレッシュなオジさん5名で構成(笑) 私がチームリーダーとなりルートの選定からキューシートの作成、主催者とのやり取りをこなし準備を進めて来ました。

ところが直前の3月末に母が急逝し私は行けなくなったので、既にメンバー変更や精算の期日は過ぎていたものの主催クラブにDNSを申し入れ、同時にリーダーの役を他のメンバーにお願いしてスタートの当日を迎えました。

ナイスプレイスは広島県三原にある「みはらし温泉 夢の宿」。
s-2015フレッシュMAP
スタートはR熊本のスタート地点でお馴染みの熊本・光の森とし、ゴールは三原駅前のコンビニで走行距離は370kmにて申請。
途中のルートは阿蘇~竹田~佐賀関、国道九四フェリーで四国入りしたのち、佐田岬~松山~今治~しまなみ海道~尾道としました。

迎えたスタート当日、4月11日は晴れ。私はチームのお見送りに行きました。

集合場所のひかりのもり公園でブリーフィングと渡したブルベカードに必要事項を記入。
s-IMG_1631.jpg

スタート場所と時刻を証明する9時ジャストのレシートをゲットして記念撮影。
s-10644852_463170097166418_5964698555520504433_n.jpg

私は一緒に走られないけど完走への思いをメンバーに託して、チームは元気にスタートして行きました。
s-11133803_463170127166415_9072724939417058945_n.jpg

途中はメンバーからPCごとに連絡を貰っていました。
阿蘇には県道207号瀬田竜田線からアプローチ、R57滝室坂を上って外輪山を越えて竹田へ。
竹田に向かう下り基調の道程は向かい風だったらしく難儀したよう。

途中の連絡によれば目標とした16時発のフェリーには間に合わないかも…との事だったが、メンバー全員で頑張って佐賀関を目指したらしく、なんとかギリギリで16時発のフェリーに乗り込む事が出来たようだ。
s-11139527_692924977501591_288388643_n.jpg

フェリーにはダンゴ虫AJ会長擁する別のFlecheチームとも一緒になった。
s-IMG_8571.jpg

四国に上陸するとやがて日没に、そこから佐田岬のアップダウンをこなして、R378を松山~R196を今治へとナイトランが続く。今治周辺で仮眠を取ったあと、今回のハイライトとも云うべきしまなみ海道を進むことになるが、その行程の半分はやはりナイトラン。
多々羅大橋を渡って生口島に降り立つ頃に夜が明け始め、ようやく瀬戸内の島々が織り成す眺望をその目に焼き付ける事が出来たようだ。

因島では予定していたコンビニで、スタートから22時間目の場所と時間を証明する為のレシートを無事ゲットし、ここから次のスタートから24時間を迎えるまでの2時間は25km以上走行する規定がある事から、我々の申請した30km先のゴール地点までこれまで以上に気の抜けない走りが強いられる。
実際には尾道駅前に向かう渡船が目の前で出航し貴重な残り時間を幾らか失ったようで、どうにか渡り終えた尾道からゴールの三原までの10km、時間にして30分にも満たいない区間は、これまでで一番苦しい時間だった様だ。

そしてスタートからジャスト24時間、4月12日午前9時に三原のコンビニでゴール出来ました。
s-11132024_693334627460626_1933900455_n.jpg

そこからメンバーはナイスプレイスに移動し、受付でゴール認定を受ける。
s-054.jpg
s-110.jpg
夜は同じ目的地を目指し各地から集まったサイクリスト達による懇親会で、今回の道中繰り広げられた数々のネタが各チームより披露されたようだ。

何よりも我らがチーム フレッシャーズFNKの認定完走おめでとう!!
脚も揃って、苦しい時も休む時も常にまとまって、目指す方向も思いも同じ最高のチーム。
そして一緒に行けなかった私の思いを載せて走ってくれて、本当にありがとうございました。

私に至っては日々色々とやることはあるものの、徐々に日常と落ち着きを取り戻しつつあります。
少しのあいだ派手な事は控えますが、とりあえず418熊本ブルベでは島原外港にて200kmのゴール受付と600kmのPC4有人チェックのスタッフとしてお手伝いに行きます。
また近いうちどこかで電撃復帰を果たしたいと思いますので、自転車ネタはしばらくお待ち下さいね。

またね。

| ブルベ教のススメ | 13:16 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |