お前は何ば目指しよっとか◆熊本荒尾玉名大牟田の自転車好きと楽しむ、リーフの自転車回想録

ロードバイク・バッソ リーフを駆って自転車のあれこれに勤しむ、ゆかいなチャリバカ達(笑)との自転車回想録です。

2016年06月 | ARCHIVE-SELECT | 2016年08月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

SR600日本アルプスへの道・その2

ランドヌール部門でエントリーした場合、そのスタート地点は長野との県境にも近い山梨県のJR小渕沢駅である。
九州から見た場合そこに行くだけでもなかなかハードルが高そうに思えるが、福岡からFDAで信州まつもと空港を経由し塩尻から中央本線を使って輪行すれば全く行けない事はない。
だがそんな苦労よりもこの日本アルプスにおける最大の課題は「乗鞍を越えられるか否か」ということに尽きる。
ただ標高が高いから?とか、とにかく上りが長くてキツいから?とかではない。
自然を相手にした不可抗力という存在が挑戦者の行く手を阻むのである。

天に選ばれし者のみ許された遥か頂へ続く道。

乗鞍へは岐阜県高山市から乗鞍スカイラインを通って標高2702mにある頂上を目指す。その道のりだけでもとても容易でない事が想像できるのだが、それ加えて乗鞍スカイラインに通じる『ゲート』の存在が参加者の進退に関わる大きな関門として待ち構えている。

photo02_20160716000757aa8.jpg

乗鞍への道は麓の天候に問題は無くても、風雨、降雪、濃霧等で安全確保のため通行止になる事もしばしば。悪条件により自転車だけ通行不可とか、逆に頂上付近の天候が良ければ通行出来ることもあり、さながら「天に選ばれし者だけが進める頂への道」といった様相だ。
ゲートのある平湯峠付近は標高1684m、高山市からは約40kmも上り続けた先にある。その時点で通行出来るかどうかはWEBサイトや管理事務所への電話で事前に確認することも出来るが、1日に数度行われているパトロールによって通行可と判断されるので、やはり直接このゲートに行ってみない事には上れるか上れないか判らないのである。
乗鞍スカイラインはこのSR600の正式なルートであるので、この平湯峠ゲートを無事に通過し乗鞍畳平を越えて長野県側の乗鞍エコーラインを下りる事が出来なければ、特に制限時間が設けられたランドヌール部門で走る参加者は半ば強制的にDNFという選択を迫られるのだ。
実際に2015年は夏場の天候不良や悪条件で自転車が上れなかった日が多かった影響から、多くのDNFを出し極端に少ない認定者数となった。運が完走を左右する様なルートが選定された事もどうかと思わなくも無いが、これもSR600日本アルプスがもっとも厳しいと言われる所以でもある。

全ては乗鞍を確実に越える為の選択

さて、遥々九州から遠征する事もあって、例えDNFしたからといって年に何度もは行けないしすぐにリベンジも出来ない。出来れば天候の安定した日を狙い、運も味方につけて一発勝負で完走を目指したいところ。
そんな中、スタート地点までの交通アクセスや走行中の行程を検討した結果、ルート上の任意の地点から選択してスタート出来るツーリスト部門でのエントリーを前提に計画を進める事にした。

s-DSCF8715.jpg

大まかにはこうだ。

早朝より福岡から空路で中部国際空港または小牧(名古屋)空港へ。
名古屋からキューシートNo.38にもなっている岐阜県のJR下呂駅まで輪行。
その日はそのままJR下呂駅よりスタートして、17時より通行規制が解除される位山峠を越えて夜に高山市で仮眠。
平湯峠ゲートの状況を確認後、夜明け前より高山市をリスタート。
早朝の涼しい時間帯を利用して運が良ければゲートを通過し乗鞍を越える。
無事に乗鞍を越えられたなら、残りのルートは大雨による雨量規制でもない限り通行を妨げるものは無い。
予定ではスタートから4日目の午前中には再び下呂駅へフィニッシュするつもり。
人間最後の娯楽はお風呂と決まっているので(なんのこっちゃw)、フィニッシュ後の名湯・下呂温泉がとても楽しみ♪
これもツーリスト部門だから出来た様なものですね(笑)

今は岐阜と長野の天気予報を毎日チェックし、乗鞍アタックの日に的を絞って出走のタイミングを伺っているところです。
スポンサーサイト

| ブルベ教のススメ | 00:09 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。