お前は何ば目指しよっとか◆熊本荒尾玉名大牟田の自転車好きと楽しむ、リーフの自転車回想録

ロードバイク・バッソ リーフを駆って自転車のあれこれに勤しむ、ゆかいなチャリバカ達(笑)との自転車回想録です。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

旅慣れてくると、手荷物って少なくなってきますよね。

最近、雑誌や趣味の世界で「ガジェット」という言葉を目にしたり耳にします。

「ガジェット」とは、「ちょっとした小物。気の利いた小道具。」を意味し、流行の身近なものではスマートフォンがこれに当てはまったりします。

例えばアウトドアが好きな人なら「VICTORINOX」であったり、
絵描きが好きなら「Faber-Castell」だったり。

仕事や趣味、日常で必要とされる道具だったり、素材だったり、ここでいうガジェットにまでコダわっている老若男女が少なからずいるものです。
リーフもその一人、ガジェット大好きです。←小者なだけに小物が好きなんですね~(爆)

そして、こと自転車において。
アクセサリー類やツールといったものは、基本どれも「気の利いた小道具」に値します。ウェアー、アクセサリー、携行食、携行品、軽くてかさばらず、なのにきちんと使えて、使いやすい。とりわけ日帰りロングライドともなれば、そんな装備が「必要最小限」であることが望ましいはずです。

s-IMG_4303.jpg
↑「LEZYNE SV5」。SUS鍛造、CNC切削。工具として必要な粘りと硬度をもつガジェットです。


「必要最小限」
=なくてはならいないものが、ある範囲内で、最も小さいこと。

ある範囲内というのは人によって様々であり、スキルや考え方でも違いがあります。
例えば、旅慣れた旅行者の手荷物やカバンの大きさが、10年ぶりの温泉旅行を楽しむ旅行者のそれと異なり、コンパクトに収まって身軽なように、自転車の携行品にも同じ事が言えると思うのです。
よく「始めた頃と比べてパンクをしなくなった」という話を耳にします。

リーフの場合、昔)予備チューブ2本 → 現)予備チューブ1本+パッチキット

となったように、かさばるモノは少なく、そしてより小さなもので補うようになりました。

そうやって様々なガジェットを必要最小限に買い換えて置き換えていくうち、
ついにはサドルバックまで変わるに至ったのです。←大げさ?(笑)
(今までのに飽きてしまって、物欲が押さえられなかっただけともいう。爆)

前置きが長くなってしまいましたが。。。。

このたび購入したのはこの3品。
s-IMG_0013.jpg

サドルバック…トピーク ウェッジパック2 マイクロ (クイック クリック) ←新製品!
携帯ポンプ…AIRBONE スーパーノヴァポンプ
ポンプアダプター…グランジ ポンプアダプター

携行品で大きく変わったのは携帯ポンプ。
s-IMG_0014.jpg

コーヒー缶の高さよりやや短いくらい。(全長99mm、重量59gで軽量です。)
携行品の大幅なコンパクト化に貢献したのは、このポンプによるところが大きいです。

そんな小さなポンプゆえ、何百回ものポンピングは必至ですから、
バルブに負担を掛けず両手を使って少しでも楽にポンピング出来るよう、このポンプアダプターも併用することにしました。

(ネット上ではこれら2つの組み合わせが一般化しているようです。)
s-IMG_0015.jpg

このほかマルチツール、予備チューブ、ワイヤー錠などを加え、
s-IMG_4280.jpg

これだけの携行品がNewバックに収まるのか?それだけは「賭け」みたいなものでした。(笑)
わざわざ買い換えて収まらなかったら話にならないけど(それはそれでウケるけど。笑)、
リーフの小容量・低速演算な頭脳による綿密な計算と脳内シミュレーションの結果、s-IMG_4299.jpg

きちんときれいに収まりました♪
(底の方にマルチツールとお守りが入ってます。)
最後までポンプアダプターの収納方法でかなり悩みましたが、
ホースを4分の1ほど短くし、バックの内側を沿わせるようにして解決しました。


s-IMG_4229.jpg

「クイッククリック」という装着方法により、シート周りがスマートになりましたよ~♪
同社のレッドライトもそのままクリップオン出来て、まとまりが良くなりました。

早速このあいだのツールド国東にも実戦投入いたしましたが、
シート周りが軽量かつコンパクトになって、ダンシング時のバイクの振りが非常にスムー…


そんなものはまったく感じられません。(笑)

実用性を優先すれば、タフなロングポンプをフレームに装着すればいいだけの話なので、
やはり一番には見た目の印象が変わった事ぐらいですかね。(笑)


小者による、小物な話題でした~。(爆) またね。

| 自転車をいじる | 21:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

こんばんはです

私は
最小限にどころか最大限につけてしまいますね 笑
たぶんレースのときは1キロほど普段より軽くなります 泣

CO2ポンプはいいですね+・∀・)
普通の携帯ポンプは確かに大変ですね;^^)
夏場は汗だくだくに・・・←やる気が

| FELT少年 | 2011/05/10 23:06 | URL |

>FELT少年さん

え~…AIRBONEはこれでもハンドポンプなんですよ~(笑)
小さいから頑張って空気入れちゃうよ~。

CO2ポンプって、二酸化炭素がゴム系に対して透過率が高いので抜けやすいの知ってる?
失敗せずきちんと入った時のタイヤはパンパンだけど、
2時間ほどで推奨空気圧の最下限まで低下してフニャフニャになっちゃうよ~。
途中で追加して入れないと、お家に帰れません。
もちろんお家に帰ったら、CO2を全部抜いてフロアポンプで入れ直しは当然。

やっぱりハンドポンプを携行する必要があるんだね。

ではでは。


| リーフ | 2011/05/10 23:35 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://charipota.blog90.fc2.com/tb.php/109-a5e4722b

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT