お前は何ば目指しよっとか◆熊本荒尾玉名大牟田の自転車好きと楽しむ、リーフの自転車回想録

ロードバイク・バッソ リーフを駆って自転車のあれこれに勤しむ、ゆかいなチャリバカ達(笑)との自転車回想録です。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

秋の阿蘇くじゅうを満喫!輪行ライド二人旅。その2

前半のレポートは「その1」をご覧下さい。
※走行ルートとデータ(ルートラボ)は、こちらの記事をご覧下さい。


宮地を9時過ぎにスタートして、長湯には11時半ごろに到着。
長湯温泉にある宿房 翡翠之庄のお食事処「川瀬美」でランチを頂きます。
ここへは何度か食べに来てますが、静かな場所にあってとても雰囲気がいいところです。
s-IMGP0399.jpg

お座敷の個室に通され、座椅子に座り、ゆったりとした場所で美味しく頂きましたよ。
s-IMGP0400.jpg
s-IMGP0401.jpg
「かわせみ膳」1800YEN
自家製鴨味噌、酢の物、鴨のたたきと生野菜サラダ、揚げ出し長湯豆腐、直入エノハ唐揚げ、幻の自家製エノハ茶漬け、漬物

s-IMGP0402.jpg
エノハとはこのあたりで言うヤマメのこと。
このエノハ唐揚げは頭や骨までサクサク食べられ、メチャクチャ美味しい!

最後に登場するエノハ茶漬け、写真を取り忘れたので別の写真でお楽しみ下さい。(笑)
original.jpg
食べログより byねこぽん

幻の所以はエノハから、お茶漬けの具材を作るのに1週間はかかるから。
具材から出るエノハのエキスがだし汁となって香ばしく、それまで沢山食べているにも関わらず、サラサラと最後まで美味しく頂くことが出来ました。

ワッキーさんにも満足して頂いたようで、また来ようと仰ってました。←ヨカッタ~

ランチのあとは道の駅に寄ったり、長湯温泉街を通って少しだけ散策しました。
s-IMGP0406.jpg
↑手前は有名な「ガニ湯」。長湯は著名な文化人も愛した、世界屈指の炭酸泉の湯治場です。


長湯までは下り基調だったのですが、ここからしばらくは上りが多くなります。
s-IMGP0409.jpg
↑ツールド湯平でもお馴染み、ガンジーファームまでのユルくしつこい上り坂。(笑)

長湯から一度元来た道を走り、右折してガンジーファームへと向かいました。
そこから先はツールド湯平のコースと交わり、ダラダラと長くユルい坂道を行きます。

ガンジーファームではお馴染みのソフトクリームを頂きます。300YEN
s-IMGP0411.jpg
↑コーンは何というか食べるのが面倒なので(笑)、オイシイとこだけカップでチョイス。

ソフトも食べたし、これから最後のヒルクライムに向けて頑張るぞ!
s-IMGP0412.jpg

草原の中を豪快にダウンヒル、いくつかのアップダウンをこなすとR442へ。
ここから今回の最頂点あざみ台まで6kmのヒルクライムです。
急勾配ではないものの、路肩が狭く交通量もあるので、とにかく力まず淡々と上りました。

あざみ台を過ぎ、下りかかったヘアピンの路肩に自転車を止め、しばし景色を楽しみます。
s-IMGP0418.jpg
s-IMGP0417.jpg
↑瀬の本高原のレストハウスを眼下に望む(上)、遠くに阿蘇五岳を望む(下)

ここから日田までの50kmは下り基調、大きな上りはほとんどありません。
すぐ先の瀬の本に立ち寄ったら、黒川~小国はビュ~ンとダウンヒルです。
…といっても所々起伏があって、それなりに踏まなきゃいけないので、何も頑張らなくていいという訳ではないけどね~(苦)
けどさすがに下りは風が冷たいので、ウインドジレを羽織って走りました。

s-IMGP0421.jpg
道の駅小国で小休憩、いまの時間は15時で日田までは残り30kmくらい。
あと1時間以上はかかるかな~?快適な下りであることを期待したい。

杖立温泉を流れる渓流を眺めながら下り、トンネル、松原ダムを過ぎる。
路肩も狭く路面も荒れており、やはり起伏に富んだ下り基調で、楽して下れない印象。(笑)
けどスプロケットに装備された18Tは、平坦はもちろん緩斜面もそのまま行けちゃうオートマチックぶりを発揮。
疲労が出始めるロングライド後半でも程よくクルクル回せて、何かと心強かったです。

そして小国を出て、終わってみれば平均30km/h以上のペースで日田に到着。
最後に汗を流して帰りたいということで「かんぽの宿日田」に立ち寄り、温泉に入りました。
s-IMGP0428.jpg
↑せっかく自転車で遠くに来たので、疲れを癒して楽しかった輪行の旅を締めくくります。

日田駅に移動して輪行の準備をし、発車まで近くのラーメン屋でお腹を満たしました。

日田からは18時23分のに乗り、久留米からは快速電車で荒尾まで。
s-IMGP0431.jpg
↑日田からはワンマン電車で、最後部のドアは久留米まで開きません。いい輪行スペース。

荒尾には20時半ごろに着くのですが、ワッキーさんは後続の列車でさらに長洲まで。
今回もパンクやトラブルも無く、無事最後まで楽しい輪行二人旅が出来ました。
早速帰りながら、次に何処に行こうか話し合いましたよ。(笑)

さて10月は長崎組が来熊、グルメライド?、そしてツールド湯平ですよ~。 またね。

| 自転車で走る | 17:00 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

こんばんはです

お疲れ様でした*^^
これはいい旅になったようですね~
まったり感が伝わってきました+^^
私も輪行してみたいものです

| FELT少年 | 2011/10/03 21:26 | URL |

>FELT少年さん

いや~日曜に行かなくてヨカッタ。
この日の気候はサイクリングに最高の日でした。
もっと遠くに行けるし、コースを考えるのが毎回楽しいです。
輪行はエエよぉ~。

| リーフ | 2011/10/03 22:20 | URL |

いやー気持ちよさそうですね~ まだ阿蘇に行った事ないんですが、やっぱりあの景色の中で走れるのは熊本のサイクリストの特権ですね。

サイクルツアー北九州は一日中曇りで、風が強くて泣かされました。市街地コースは信号のストップアンドゴーが多くて、平地の割にはしんどかったですよー。やっぱり山岳コースっね

| お隣のtrek | 2011/10/05 07:46 | URL |

おはようございます~

>お隣のtrek さん

北九州はお疲れ様でした。
無事に完走されたことと思います。
今年は何とか雨が降らなくて良かったですね。
それからエイドが充実していたと聞いております。
全エイドの旨かモンは制覇されましたか?(笑)

輪行ライドも無事に走ってきましたよ~。
午後は雲も出て風もありましたが、午前中は天気が良くて最高でした。

今度は体調が整ったら、一緒に山岳を行きましょう~。(ご近所を)

| リーフ | 2011/10/05 10:03 | URL |

エイドは全部回ってきましたよ~
補給食の中にはカレーパンや餃子が出るとの事前情報に?と思ったけど、お腹もすいてて、美味しかったです。

今度是非近場の山コースに連れてって下さい。ふくらはぎが攣らない程度に頑張ってついていきます

| お隣のtrek | 2011/10/05 12:39 | URL |

 初めて初コメントさせていただきます。”日田からはワンマン電車で、最後部のドアは久留米まで開きません。”という情報見て 嬉しくなって書き込みました。昨年 輪行して阿蘇に行きましたが、博多から阿蘇駅まで輪行ー大観峰ー小国ー中津江村ー竹原峠トンネルー八女ーJR羽犬塚行きましたが、、。泣きそうでした。日田からの輪行すれば良かったですね。初めて三年になる55過ぎのへたれです。坂がインナーロー専門です。 いつか走りたいですね。いつも 50前後の男三人で 自然を味わいに輪行して出かけます。今週はしまなみ・とびしま日帰りです。どうなることやら。

| taku1123 | 2011/10/06 16:21 | URL |

はじめまして~

>taku1123さん

荒尾から日田までの乗車時間は約2時間程度。
少しでも早い時間から走り出したくて、このとき本当は日田から逆ルートで行くつもりだったんです。
前日になって記事の通り阿蘇から行くことにしたのですが、これが正解でした。
前半いくら元気があるといっても、日田から続く坂道に死んでいたかもしれません。(笑)

輪行は良いですね。
自転車だけのサイクリングが、ちょっとした自転車旅行になるところが魅力なんでしょうね。
ぜひ日田駅を利用した輪行にもトライしてみて下さい。

これからもお互い楽しいサイクリングをやっていきましょう~。

| リーフ | 2011/10/06 22:00 | URL |

有難うございました。勤務が大牟田で自宅が春日市です。機会がありましたら、しごいてくださいませ。

| taku1123 | 2011/10/07 09:18 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://charipota.blog90.fc2.com/tb.php/167-7e8c6c78

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT