お前は何ば目指しよっとか◆熊本荒尾玉名大牟田の自転車好きと楽しむ、リーフの自転車回想録

ロードバイク・バッソ リーフを駆って自転車のあれこれに勤しむ、ゆかいなチャリバカ達(笑)との自転車回想録です。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

輪行で秋の阿蘇を満喫!火口とラピュタに行きました。午後の部

前回の「午前の部」に続き、午後からの模様をレポートしますよ~。

午前中はワッキーさんと二人で、阿蘇山火口と草千里を訪れてのサイクリング。
午後からは「サイクルフレンドタカタ」と「ばってん長崎」のコラボ企画、
『ツール・ド・フランスみたいな写真を撮ろう♪&温泉グルメツアー!? in 熊本』
に参加しながらのサイクリングです。

フリーサイクルのBチャン運転によるマイクロバスから、参加者のバイクが降ろされます。
バイクをセットアップして、全員の準備が整うまで仲間との談笑タイム。
s-IMGP0595.jpg

こちらはサイクルフレンドタカタの店長さん♪
s-IMGP0596.jpg
今日はパナの電動スポーツバイクで、カメラマンとして同伴です。

今回のサイクリングは、タカタさんの2012年カレンダーに用いる写真を撮る為の企画でして、何かと話題の「ラピュタの道」をみんなで走り、私達がそのモデルとなるといった内容です。

リーフ自身もウワサのラピュタは初めて訪れる場所。
先の火口、草千里と続き、今日は自転車で訪れる初めてづくしの一日です。(笑)

さぁ~走りますよ~。 


阿蘇ファームランドを出ると、一度R57に出て赤水まで走ります。
途中県道23号、149号と経由してラピュタの入口「上の小屋」を目指します。
s-IMGP0600.jpg
すぐ後ろはメインカメラマン役のチームバイキング(トライアスロン)のTさん。

赤水方面から来て、ラピュタ入口を左折。
はじめから上りが続きますが、しばらく走ると目の前に外輪山が迫ってきました。
s-IMGP0604.jpg

カメラマンのTさんは先行してヒルクライム

リーフたち集団を撮る

集団を追い越して、再び全力でヒルクライム

これを頂上までくり返す…

背中にカメラボディーやレンズ類一式(クソ重かった)を背負って、しかもアウター縛り。
素晴らしいの一言だし、頭が上がりませんね~。

途中、トイレのある広場で休憩。
s-IMGP0606.jpg
やはりTさんが先行してから私達も頂上目指して出発です。
s-IMGP0616.jpg

Tさんの指示もあって、ゆっくりしたペースでそれぞれが上っていきます。
s-IMGP0615.jpg
あのシマノからついにフレームが登場か!? sin君のTT用のプロトバイク。(笑)スゲ~

電動バイクの店長もスイスイ~♪と元気です。(笑)
s-IMGP0613.jpg
↑後ろに付かれるとプリウスみたいな走行音がして、やたらと上りで煽られます。(焦)

Tさんが頂上付近に到着するまでの間、モデルの私達はベストな撮影ポイントで待機。
s-o0800106711552036706.jpg
ワッキーさんと一緒に。sin君撮影「SIGNALS TRIPLE TUBE SPECIAL」より拝借
…てか、頂上に着いた訳でもないのに、このポーズは何なんだ?(爆) しかも揃って…


みんな揃ったところで、これまたゆっくりと上っていきます。
s-IMGP0624.jpg
さぁ、もうちょっとで今日一番のハイライトだよ~。

そして雑誌やブロガーの1シーンでお馴染みのこの場所に到着。
s-IMGP0627.jpg
s-IMGP0631.jpg

写真で見るより実際この場に立つと、ラピュタと呼ばれている意味が判ります。
なるほど、これは本当に素晴らしい!
とてもゆっくり上ったので、たくさんの仲間たちと共に最後まで楽しく走れました。
なので上りながら、景色や眺望もゆっくりと眺めていくことが出来ました。

全員でミルクロードまで出ると、リーフを先頭に帰路に就きます。
s-IMGP0632.jpg
s-IMGP0636.jpg
s-IMGP0639.jpg

途中トラブルもあったけど、店長のサポートもあって、全員無事にゴ~ル。
店長はじめ、参加の皆さん、お疲れ様でした~。

リーフとワッキーさんの二人は、一足先に阿蘇ファームランド内の温泉で汗を流しに。
後から入ってきた数名の参加者に別れを告げて、リーフ達は夕暮れの中を立野駅へ。
渋滞しているR57を、立野駅まではほとんどダウンヒル。
今日はラピュタでの時間が押したので、楽しみにしていたサイクリング後のバイキングは中止になったので、輪行準備を終えると、途中のコンビニで買った食事を駅で食べました。

s-IMGP0641.jpg
18時半前の列車に乗り、長洲駅に帰り着いたのは20時ちょうど。
あ~今日もほとんど丸一日、自転車の為だけに使ってしまった。(嬉)
楽しかった~♪

この日は阿蘇山火口、草千里、ラピュタの道と、時間を掛けてゆっくりと走ってきました。
自走にこだわらず、輪行を使ったサイクリングならではの楽しみ方ですね。
ワッキーさんが言っていました。

「すごく贅沢な時間の使い方をしている」と。

車やバイクなら20分で行けちゃう場所を、1時間やそれ以上の時間を使って走る。
その上で、空気や草のニオイ、絶景や景色、陽の光、風の音を感じながら走る。
刻々と過ぎ行く時間を、一瞬も余す事無く、すべてが楽しい思い出に変わるように走る。
まるで1秒が、ほかの人より、ほんの少しだけ長くなったような気がする。

みんな同じ一生でも、自転車に乗れば人生の長いようで短い時間が、人よりほんの少しだけお得に、ちょっぴり贅沢に送れるようになるのかもしれませんね。

またね。

| 自転車で走る | 23:59 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

こんばんは

なんだかんだで
ラピュタ道はいってないんですよね;^^
今度行ってみます・・

やっぱり
SINさんのはすごいですね~
熊本にも
こんな人がひとりいたら・・
と考えている私です。笑

| FELT少年 | 2011/10/23 20:56 | URL |

>FELT少年さん

百聞は一見に如かず。
素晴らしいところでした。
ぜひチャレンジして下さい。

それと熊本を代表して、第二のsin君として、
FELT少年さんを推薦します。(笑)

| リーフ | 2011/10/24 12:24 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://charipota.blog90.fc2.com/tb.php/176-165c7cf5

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT