お前は何ば目指しよっとか◆熊本荒尾玉名大牟田の自転車好きと楽しむ、リーフの自転車回想録

ロードバイク・バッソ リーフを駆って自転車のあれこれに勤しむ、ゆかいなチャリバカ達(笑)との自転車回想録です。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

有イチなローディーを捕獲、一緒に有イチ+雲仙HCを走ったどぉ~。

とある月のXデー。

ある荒玉サイクリストのメンバーに、不穏な動きがあるとの情報を得た。
どうやらコソ錬で有イチをやろうとしているらしい。
ならば先回りしてそいつを捕獲し、そのまま有イチ+島イチ=200kmに連れ回そう。

今日はそのXデーだ。

ところがこんな場所に来ることになろうとは、この時はまだ誰も想像していませんでした。
RIMG0666.jpg





捕獲実行部隊として今回共に走るのはお隣さん。
RIMG0632.jpg
Newバイク コルナゴCLX3.0を駆り、コソ錬ローディーを迎撃します。(笑)

午前5時にリーフの店をスタート。
RIMG0633.jpg
今日もREEF号はブルベ仕様で、実戦投入を控え最後のロングテストです。

大牟田を抜け、中島のコンビニでお隣さんが朝食タイム。
その後は柳川の御濠を通り、筑後川を渡ると鹿島へ向かう広域農道で夜明けを迎えました。
スタートから約2時間が過ぎたころ、福富のコンビニでそれまでのデフコン4からデフコン2へ上昇、ここで迎え撃つことにします。
(てかいつの間にデフコン発令したのか。笑)

温かいコーヒーでも飲みながら、迎撃捕獲の準備に入ったその時。
トマホークの如く巡航してくる赤い物体を目視で確認。
すぐさま最高度のデフコン1に上昇、コンビニ通過手前で生きたまま捕獲しました。(笑)

捕獲されたのはワッキーさん。
RIMG0636.jpg
マジでコソ錬だったらしく、こんな場所で出くわすとは~~と本人は驚きと苦笑い。
本当は何となく一人で走るような気がして、走るなら有イチじゃないかな~と当りをつけたところでの偶然の出会いでした。(笑)
リーフ達は有イチ+島イチの予定なので、同然のことながら連れ回す事に。

ここからは楽しい3人でのサイクリングです♪

これまでは手先足先がジンジンするほど冷たく、とにかく寒かったのですが、
RIMG0640.jpg

日差しと共に幾分和らぎ、道の駅太良での休憩を経て、堤防道路まで順調に走りました。
RIMG0643.jpg

ここからは有明海から離れ、午前11時には愛野で早めのランチタイム。
RIMG0645.jpg

愛野展望台や千々石の登坂路を避けるため、橘湾を右手に海沿いの道を行きます。
RIMG0648.jpg

通称 緑の道(旧小浜鉄道廃線跡)を通り、小浜に到着すると日本一長い足湯に入りました。
RIMG0653.jpg
RIMG0655.jpg

足湯に浸かりながら談笑しているとひとつの提案が。

「雲仙をヒルクライムして帰りませんか?」
(誰だ~言い出したのはー…まさか俺…??みんな上りたそうにしてたじゃ~ん♪)

というわけで全会一致で雲仙ヒルクライムにルートを変更。
RIMG0657.jpg

ここまで135km近くを走って脚にキテたし、どうせ最後の脚を振り絞るなら雲仙上って帰ろうよ~、上ってしまえば多比良港まで一気にダウンヒルだし~、予定より1本早いフェリーで帰れるし~、みたいなノリだったのですが…

お隣さんは単独で先行、ワッキーさんとリーフは10~12km/hのペースで淡々と上りました。
特にあの篭立場~10%標識前後の区間のキツイことキツイこと。
雲仙小学校まで上りきった所で一度休憩し、雲仙の温泉街へ。
RIMG0658.jpg

お隣さんの希望で温泉卵とラムネを補給しますが、リーフはパス。
RIMG0661.jpg

そしてここからが最後の上り、ゴルフ場脇から仁田峠出口までのヒルクライムです。
RIMG0662.jpg
山頂に近く氷点下並みの寒さ、融雪剤で何とか走れるものの、黒光りしている路面が怖い。

序盤の15%超の激坂で心が折れそうになるも、何とか踏み止まって峠に到達。
RIMG0664.jpg
厳しかったヒルクライムを終え、みんなで記念撮影。

けど厳しいのはこれで終わりじゃありません。
お次は体感温度が氷点下になる、極寒のダウンヒルが待ってます。
ヘアピンには黒光りする危険な路面もあるので慎重になりますが、やはりそれ以上に極寒の風が全身を硬直させレバーやハンドル操作もままなりません(焦)
(防寒対策が手薄だったお隣さんが一番大変だったかも~。ゴメンネ~でも無事でヨカッタ)

極寒ダウンヒルを制し、多比良港前のコンビニでそれぞれ温かいモノを頂き、
RIMG0668.jpg
予定より1本早い16時台のフェリーに乗ることが出来ました。

何とか日が落ちる前に自宅へ帰ることが出来そうです。
RIMG0670.jpg

お隣さん、ワッキーさん、お疲れ様でした~。

リーフはブルベ本番前のロング走はこれで終了です。
あとは装備と携行品の最終決定と、ベストコンディションで臨めるよう体調管理を万全に。

それと最後に腹をくくるだけです。(笑)

またね。

| 自転車で走る | 22:00 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

まさかあんな所で捕獲されるとは(笑)

なかなかいいコースでしたね~小浜からは初めて登りましたが雲仙は良いですね。

暖かくなったら多比良港から登ってみたいですね。
また走りましょう。

| ワッキー | 2012/02/09 08:21 | URL |

しかし、リーフさんの迎撃ミサイルの精度は凄いです。あんな佐賀の片隅で荒玉サイクリストを捕獲出来るとは。

それにしても、ルートラボの高低が雲仙以外まっ平らに見える・・・まさかあそこを登るなんて思わなかったけど、楽しかったです。

300kブルベ、 しっかり楽しんで下さいねー

| お隣さん | 2012/02/09 13:07 | URL |

>ワッキーさん

今回はバラエティーに富んだルートになって楽しかったですね。
毎週のように有イチしていたので、リーフ的にはいい刺激になりました。

迎撃ミサイルをぶっ放してヨカッタです。(笑)

また走りましょう。

| リーフ | 2012/02/09 21:37 | URL |

>お隣さん

迎撃捕獲作戦にご協力を賜り、厚く御礼申し上げます。(笑)

Newバイクの真価を試すに相応しいライドになったのではないでしょうか。
ラストの下りでは心配しましたが、結果オーライ♪楽しんだ者勝ちでしたね。

ブルベ頑張りますよ~♪

| リーフ | 2012/02/09 21:44 | URL |

すごいね~
私も行ってみたいけど、山道はちょっといらんかな^^;

| kenちゃん | 2012/02/09 23:43 | URL | ≫ EDIT

>kenちゃん

一緒にまたどこぞに走りに行きましょう。
もしかしたらとんでもないサプライズがあるかもしれません。
最後まで一緒に走ってくれると信じてますよ。(笑)

| リーフ | 2012/02/10 07:28 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://charipota.blog90.fc2.com/tb.php/228-9dd2f790

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT