お前は何ば目指しよっとか◆熊本荒尾玉名大牟田の自転車好きと楽しむ、リーフの自転車回想録

ロードバイク・バッソ リーフを駆って自転車のあれこれに勤しむ、ゆかいなチャリバカ達(笑)との自転車回想録です。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

仕事のあとのコソ練。

近頃は日か落ちるのも早くなり、18時ともなると夜になってしまいます。
そんな時に仕事が早く片付いたりすると、やっぱりちょっと乗りたくなったりするものです。
公道はちょうど帰宅時間で交通量も多くなり、やはり暗いのでビュ~ンと走るわけにはいきません。

そんな時は『ローラー台でコソ練』に限ります。
s-IMG_0172.jpg


リーフがローラー台で練習するときはいつも仕事場で行います。
振動や音で周りに迷惑を掛けることはありませんので、気にせず自由に練習できます。

ローラー台で練習すると気になるのがタイヤの磨耗。
タイヤによってはトレッドが平らになるほど磨耗してしまいます。
リーフは完成車に付いていたホイール&タイヤと別セットのスプロケットを使ってこれをローラー台練習用として使っています。
s-IMG_0165.jpg

常用ホイールと練習用ホイールをチョチョイと入れ替えます。
s-IMG_0167.jpg

そしてローラー台にセットします。
愛用しているローラー台は『VFS150G-R』です。
流体と磁力のW負荷で、車重や体重が自然に乗っかる自重式なので、ポン付けでセットするだけですぐ乗ることが出来ます。
s-IMG_0181.jpg

ローラー台で練習というとストイックにやらない限り正直ツマラナイというか飽きやすいですよね。
練習しながらDVDを観たりというのは良く聞きます。
s-IMG_0170.jpg

リーフは普段サイコンとして使っている『ガーミンEDGE500』にある『ワークアウト』という機能を使ってツマラナイ練習をしのいでいます。
これはトレーニング内容を事前に登録しそれに沿って練習するというものです。
例えば「ローラー台負荷5、スプロケット16T、ケイデンス75~80を3分間維持したあと無条件で2分間休憩…」といった内容を登録しておくと、速度やケイデンスが落ちた時に警告が鳴ったり、休憩で流している時に次のトレーニング内容や開始までのカウントダウンが表示されたりと、まるで専用トレーナーが側にいるような感じです。
ただ漕ぐより指示に従ってトレーニングしていると30分や1時間もそう苦にはなりません。

おっと、「ローラー台負荷最大、スプロケット11T、ケイデンス95~100で1分間」開始までのカウントダウンが始まりました。
では行きます。。。。
s-IMG_0178.jpg

グハッ!!! 。。。。ま…またね。

| リーフの日常 | 21:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://charipota.blog90.fc2.com/tb.php/24-cdd14bde

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。