お前は何ば目指しよっとか◆熊本荒尾玉名大牟田の自転車好きと楽しむ、リーフの自転車回想録

ロードバイク・バッソ リーフを駆って自転車のあれこれに勤しむ、ゆかいなチャリバカ達(笑)との自転車回想録です。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

3000km目のタイヤ。コンチネンタル GrandPrix4000S。

いまREEF号に履かせているタイヤは、コンチネンタルのGrandPrix4000S。

昨年6月から使っているこのタイヤ。
ロングライフでパンク知らずという巷のレビューで知って使い始めたのですが、このあいだのミッドナイト★200kmを終えて3000kmに達しました。

このタイヤには減り具合や交換時期を知ることの出来るインジケーターがあります。

こちらはリアタイヤ。
RIMG1061.jpg
インジケーターの1つがたいぶ減って露出しようとしています。

対してフロントタイヤ。
RIMG1062.jpg
新品からは減っていますが、リアと比べるとまだまだ露出までほど遠いです。

こうして見ると確かにリアタイヤって、フロントに比べて減りが早いんですね。
インジケーターがあればこのように客観的に判断できます。
トレッド面の磨耗以外は、サイドウォールのヒビ割れや劣化も見受けられず。

以前使っていたアルトレモR1は磨耗と劣化が著しく2000kmくらいで使用を止めて、とりわけパンクも多かったのもその理由の1つ。
ただし180gという軽さと独特の転がり抵抗の少なさは、無能なリーフの脚でもハッキリと体感出来たし、今でも素晴らしいタイヤだと思っています。

GrandPrix4000Sはどちらかとガッシリした強い印象があって、路面からの入力に対して負けないというか腰砕けにならない感じです。
硬くてゴツゴツした乗り心地をイメージしてしまいますが、ただ反発するのでなく一度入力を受け止めておいて押し戻す、そんな懐の深さも感じさせます。
205gというと驚くほど軽量ではないですが、自慢の耐パンク層のお陰か3000kmでパンクは1回だけで、幸いなことにイベントではノートラブルです。

RIMG1063.jpg

もちろん交換なんて勿体無い!
前後をローテーションすれば、あともう2000~3000kmは走れるはず。
インジケーターが消えるまでは使えますよね。
値段も安くはないけど、6000kmも使えたら安いもんだよね。

またね。

| 自転車をいじる | 16:25 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

お久しぶりです!

リーフさん、お久しぶりです。やっと1月中旬にNEW相棒がきて、この前半年ぶりにフリーサイクルで走ってきました。脚がなまっていて、ヘロヘロになりました。ホイールは純正からWH-7900-C24-CL(分不相応(笑))に換え、せっかくですからタイヤもGP4000Sにしました。奇遇ですね!このタイヤは評判がいいですね。あるブログによると8000K持ったというのもありました。
今は自転車はリハビリ中ですが、徐々に自転車用の筋肉を作っていこうと思ってます!(^^)!

| HIDE | 2012/03/29 20:13 | URL |

>HIDEさん

ご無沙汰してます。
300kmブルベ以来ですね。(応援ありがとうございました♪)

GP4000Sはダンシングでも腰砕けにならないし、転がり抵抗も少ないのでヒルクラにもいいかと。
多少路面の悪い場面でもよく前に進んでくれます。
デザインは地味ですが、とてもいいタイヤだと思いますよ。

NEWバイクにNEWホイール。
次にお会いする時が楽しみですね!

| リーフ | 2012/03/29 21:06 | URL |

なかなかのロングライフです。25Cがあれば次のタイヤに
導入してみたいですね。

| 銀輪太郎 | 2012/03/31 00:42 | URL |

>銀輪太郎さん

ほかにも使ってみたいタイヤはあるのですが、GP4000Sはまた使ってみたいと思わせてくれます。
コイツは25Cもラインアップされていますよ。

リーフは体が軽量級なので、今の23Cでも6.5berくらいで乗っています。
25Cになっても走りがスポイルされることは無さそうなので、
次に代えることがあれば25Cも候補でしょうか。

| リーフ | 2012/03/31 17:21 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://charipota.blog90.fc2.com/tb.php/247-9c0dcd05

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT