お前は何ば目指しよっとか◆熊本荒尾玉名大牟田の自転車好きと楽しむ、リーフの自転車回想録

ロードバイク・バッソ リーフを駆って自転車のあれこれに勤しむ、ゆかいなチャリバカ達(笑)との自転車回想録です。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

本番を前に知っておきたいこと。このポンプ使えるの??

皆さんはお手持ちの携帯ポンプの能力をご存知でしょうか。
未だパンクした事無いから一回も使ったことないし、なんて方もいるかも。
もちろんパンク大王が降臨しないに越したことはないのですが。(汗)
体力の続く限り頑張れるだけ入れてみるとか、あと10回あと5回とヒーヒー言いながら入れるとか、この位で良かろうと経験と勘でポンピングを止めるとか。
形状やサイズに違いはあれど、いずれにしても携帯ポンプでのポンピングは、曖昧な力仕事であることに変わりありません。

日頃は「AIRBONE」というマイクロミニなポンプを携行しているリーフ。


過去の記事でコイツの実力を検証したことがありました。

次にもう一つ所有するのがこの携帯ポンプ。
RIMG1173.jpg


当時の「あさひ」の携帯ポンプ特集で高評価だったのを見て4年前に購入。
前回の初ブルベで携行して行ったのですが、これまで一度も使ったことがありませんでした。
(そんなポンプをブルベの装備品に採用するのはどうかな…苦)

という訳でタイヤのローテーションも兼ねて、来るべきその日を前にこのポンプの実力を検証してみました。


このポンプ、ご覧の様にフロア型の携帯ポンプなんです。
RIMG1170.jpg
体重を掛けてポンピング出来るので、適正空気圧近くになってもしっかり押し込めます。
(しかも倒立式ってちょっと珍しいでしょ)

毎時の空気圧測定には前回同様、パナレーサーのデジタルゲージを使用。
前後のタイヤローテーションを完了し、いざポンピング開始!

…で、結果は以下のようになりました。

5.03bar @80回
6.11bar @100回
7.10bar @120回
7.45bar @130回


50回あたりから手応えを感じ始め、100回近くになると一押しにそれなりの力が要ります。
しかし体重を掛けて一押しずつ確実に入るので、適正空気圧近くになっても苦に感じません。
日頃使っているAIRBONEとは一目瞭然。(当たり前だよ。過去記事参照)

この結果を踏まえてもう一本は、130回まで一気にポンピングしてみました。
RIMG1171.jpg
すると7.50barということで、測定結果は概ね正解のようです。

130回のポンピングに必要な時間はだいたい1分程度といったところ。(当社比)
万一のパンクでもこの程度のポンプ性能であれば、コイツは必要十分だと感じました。
能力が判ったところで、安心してブルベに持っていけます。

この回数でこの空気圧になると知っていれば、曖昧に力仕事をしなくても済みます。
心配なら最後のトドメにあと5回ほどポンピングすれば良い。(笑)
機会があればお手持ちのポンプで、1度は体感してみてはいかがでしょうか。

またね。

| 自転車をいじる | 15:22 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://charipota.blog90.fc2.com/tb.php/253-a1c63eb5

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。