お前は何ば目指しよっとか◆熊本荒尾玉名大牟田の自転車好きと楽しむ、リーフの自転車回想録

ロードバイク・バッソ リーフを駆って自転車のあれこれに勤しむ、ゆかいなチャリバカ達(笑)との自転車回想録です。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

それは禁断のギアか?ヘタれギアか?28Tにしてみました。

事前のアナウンスの通り、今月末はBRM630五木600kmに参加します。

サイクルイベントに限らず、何か必ず仕事を休まないといけない時の前というのは、やたらと急ぐ仕事だったり、簡単には終わらない作業だったりというのが何故か増えてくる。
タイミングや季節的な事もあるだろうが、そうやって世の中というのは流れているのだろう。

ブルベの下見の事とか投入したブツの事だとか、ネタはエラく抱えたまま時間が無くなかなかUP出来ないでいます。
…が、ようやく1つだけUP。

今度のブルベでは周囲に高千穂や五家荘がある山深いルートを通ります。
長い登坂距離と10%を超える勾配がいくつもあるとのこと。
それらを乗り切る為の対策を考えてみました。

RIMG1659.jpg


昨年からずっと使い続けているのが、このスプロケット。
RIMG1662.jpg
CS-6600 14-25T、いわゆるジュニアスプロケットってやつ。


組み合わせは 14-15-16-17-18-19-20-21-23-25 のクロス仕様です。
常用域が1T刻みということで、ほかには無い18Tや20Tという歯数を持つのが特徴です。
走行中はシフト操作がやや忙しい気もしますが、勾配や負荷に応じて細かく変速できるので、脚力に応じた気持ちのいい踏み心地が見つけやすく長続きします。
その代わりトップが14Tということで、下りや高速域でのスピードアップではすぐにギアが足りなくてしまいます。
なので下りは重力と慣性に任せて、脚休めと割り切って付き合っています。

今度のブルベでは200km近く走ったあとで、竹田~人吉の山間部を160kmほど走ります。
しかもその山間部は九十九折れの急勾配や長い上り坂が続き、ローギアの売切れは必至。
そこで更なるスーパーローの投入を考えました。

用意したのはCS-5700の21-24-28T。
RIMG1663.jpg
これまでの25Tと比べてもこの大きさ、さすが28T。

REEF号のリアメカはRD-5600なので、本来であればCS-5600の21-24-27Tをチョイスするのだろうが、少しでも上りを楽にしたいというヘタれな欲がそれを選ばなかったのである。
RD-5600の対応する最大ギアは27T、トータルキャパシティーは29Tである。
ちなみにゲージはSSだ。

ちなみに4600ティアグラには30Tが奢られたスプロケットが存在するが、これをチョイスしたらリアメカをGSに交換する必要があるのでやらない。

28Tをチョイスした場合のREEF号の駆動系は、

フロント(50-34)+リア(14-28)=トータル30T

その差1Tオーバーしているが、アウター×ローになる前にインナーに落としてしまえ。(笑)

。。。。てなワケで実行に移す。
ローギアをCS-5700の21-24-28T、それ以外のトップギアまでをこれまでのCS-6600ジュニアから14-20Tを使って組み合わせる。
RIMG1673.jpg


これで 14-15-16-17-18-19-20-21-24-28 というクロス&スーパーローなキメラスプロケが出来た。

心配されていた変速フィールだが、簡単な変速調整でこれまでと同様使えている。

アウター×ローだとチェーンが強く突っ張った感じでチェーン音が気になるが、
RIMG1675.jpg


インナー×ローだと問題はなさそうだ。
RIMG1677.jpg

実際に試走してみたがインナー×ローでの28Tは本当に軽い。クルクル~って♪
もちろん上りの速度は落ちるが、少なくなった負荷を活かして多少時間は掛かっても、険しい山間部を乗り切る力としたい。

ブルベが終わっても、このまま阿蘇某でも使えるじゃねぇか。ムフフ。。。。

またね。

| 自転車をいじる | 18:05 | comments:11 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

私の36T貸したのにw

| kenちゃん | 2012/06/18 19:25 | URL | ≫ EDIT

>kenちゃん

この間そんな話をしてくれてましたね。(笑)

では阿蘇暴の時にでもお願いします。
その間kenちゃんには私の25Tをお貸ししますね♪

| リーフ | 2012/06/18 20:46 | URL |

>リーフさん

着々とブルべの準備が進んでいる様ですね。残すところ、後二週間。何とか好天になるといいですね。台風なんてもってのほか…ですよね(^_^;)
ところで、昨日は、リーフさんのブログに刺激を受けて、突発的に「有一」を実行してしまいました。我が家は、正に有一コースのど真ん中ですから~
それでは、ブルべ前のお仕事頑張って下さい(^_^;)

| cyclistar50 | 2012/06/18 21:32 | URL |

>cyclistar50さん

雨は覚悟の上。。。。けどやっぱり降らないでほしい。
どうなるんでしょうね??

有イチが走れたなら、あのブ○べ200も射程圏内♪
ブログでの有イチレポートも楽しみにしてます。

| リーフ | 2012/06/18 22:34 | URL |

エ~

あれだけ足があるリーフさんでもこの様なギアが必要ですか...
まぁ、私もノーマルクランクからコンパクトにしただけでも、かなり違う事が体感できたので斜度によってはかなり強力な武器になるのかな???

| ヒデ | 2012/06/19 07:36 | URL | ≫ EDIT

>ヒデさん

今回のルートが判明したのを見て、早々に導入を決意しました。
そのあと山間部を下見に行ったのですが、連続する急勾配の坂坂坂を見て、導入は正解だと確信しました。(笑)

ただのヒルクライムならまだしも、200km近く走ってからの本格的な上りなので、
軽いギアを武器にして、まずは人吉まで乗り切りたいと思います。

| リーフ | 2012/06/19 18:39 | URL |

いやぁ、竹田からの延々と続く登り、砥用のエブリワンから二本杉峠を超えてからの狭い曲がりくねった道、夜中に走る所ではありませんねぇ(笑)猪や平家の落人の霊に遭わなければいいですが・・・五木から人吉までは昼間は高速道路です。その後はいいとして、疲れ切ったところで菊池から上津江ですか・・気の遠くなる行程ですね。考え方によっては天候さえよければ蒸し暑さは解消できるルートですよ。

| 清ちゃん | 2012/06/19 22:57 | URL |

そうそう、ギヤの決め方の一つに今回であれば、50+14=64、34+28=62と云った方法があります。今回2Tの差が出ていますがこれが同じ数値になるとチェンの長さが理想的になります。リヤを30Tにしてディレーラーを替えるのもいいかもしれません。そうなると、いっそのことフロントをトリプルにしてみたらいいツーリング車が出来るかも(笑)!

| 清ちゃん | 2012/06/19 23:05 | URL |

>清ちゃん

下見に行ったのですが、かなりハードな道程に思えました。

月夜でも無いのにナゼか周囲がボンヤリ明るかったり…
後ろで何やらカチャカチャと騒がしかったり…
平家の落人に追われて眠気も吹っ飛ぶかも(笑)

いよいよ私のREEF号もツーリング車の道を行くのですね。(笑)
近日中に点検も兼ねてお伺いしますので、またいろいろと教えて下さい!

| リーフ | 2012/06/20 09:46 | URL |

私も昨年暮れからコンパクトクランクに27Tと28Tを愛用しています。非力なのでゆっくりしか登れませんが、俵山や阿蘇登山道も心臓がバクバクしなくなりましたよ!強靭なリーフさんが使えばBRM630五木では足休めの役にも立つと思います。がんばってくださいね。
それにしても、、アウター×ローだとチェーンが切れそうな引っ張りですね。熱い!^^

| Kenji | 2012/06/20 10:00 | URL |

>Kenjiさん

昨今このような天気で、タイミングも合わず、
まだ28Tでしっかり試走していません。

なるほど、効果はそれなりにあるのですね。
二本杉峠が脚休め…になれば良いなと思いますが(笑)、
頑張って乗り越えたいと思います。
…とはいえ、人吉の後もまだ先は長く、上津江への上りもあるんですケドね。(焦)

| リーフ | 2012/06/20 20:46 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://charipota.blog90.fc2.com/tb.php/269-efde237d

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT