お前は何ば目指しよっとか◆熊本荒尾玉名大牟田の自転車好きと楽しむ、リーフの自転車回想録

ロードバイク・バッソ リーフを駆って自転車のあれこれに勤しむ、ゆかいなチャリバカ達(笑)との自転車回想録です。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

雨のブルベに向けて。

先週末の話になるが、hori君と一緒に今度のブルベ600kmの下見に行きました。
(クルマでですよー 笑)

山場と目されるPC2竹田~PC3砥用~二本杉峠~人吉の160kmに及ぶ山岳区間だ。
RIMG1644.jpg
そこは一言でハードだとか大変だとかでは言い表せないほど、難関を極めたようなルートに二人ともただ驚いた。

当日そこを通る時はオールナイト、漆黒の闇の中、ライトだけを頼りに急勾配の道程をどれだけの時間上り続けるのだろうか。

下りに入っても、上りの遅れを取り戻せるほどの速さは期待出来ない。
RIMG1650.jpg
なぜならその下りはとてもタイトで、危険なほどバンピーな道程の連続だから。

すぐ横には底なし谷がポッカリ空いていて、併走するガードレールが正に命の境界線だ。
RIMG1652.jpg
夜道に照らされた視界に入るものすべてをしっかりと捉え、的確な判断と慎重なバイクコントロールで走りたい。

そして何事もなく無事に朝を迎えたいものだ。


雨の中でのブルベになる事は間違いないなので、
RIMG1689.jpg
フルカウルタイプのCRUD ROAD RACER MK2を装着。

前後で180gと軽量、脱着も簡単なのでDNFで輪行してもイケる。
RIMG1690.jpg

REEF号はブレーキ周りにクリアランスに余裕が無く一時は取付を諦めかけたが、
RIMG1692.jpg
一部加工と工夫を施し、何とかほぼフルカウルの状態で取り付けることが出来ました。

ほんとはこのレベレイトデザインのバックが、
RIMG1693.jpg
大きさと形状を活かしてリアフェンダーの役目をしてくれることを期待していたのだが、

コイツに防水性は無く、
RIMG1658.jpg
リーフによる事前の性能試験ではバッチリ浸水してました。
なので入れる荷物は全てジップパックか衣類圧縮袋に入れるようにするつもりだ。

それからコレ、予備タイヤ。
RIMG1694.jpg
致命的なトラブルやアクシデントに遭遇したら、潔くDNFするつもり。
でもこれを用意する限り、出来る事ならゴールして認定を受けたい、という思いがあるから。
これを使うような場面に遭遇しないことを祈るが、だからといって簡単に諦めなんかしないさ。

ちなみに予備タイヤは、以前使っていたパナレーサー エクストリームEVO3。
使い古しだがあくまで緊急用だし、もともと軽量タイヤなので予備として持つのに具合が良い。
それからこの予備タイヤのほかにチューブ2本、パッチ、タイヤブートも用意している。

雨対策はほかにも。
RIMG1679.jpg

またね。

| ブルベ教のススメ | 22:46 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://charipota.blog90.fc2.com/tb.php/271-d1f40138

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。