お前は何ば目指しよっとか◆熊本荒尾玉名大牟田の自転車好きと楽しむ、リーフの自転車回想録

ロードバイク・バッソ リーフを駆って自転車のあれこれに勤しむ、ゆかいなチャリバカ達(笑)との自転車回想録です。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

落武者とランデブー!? 「ミッドナイト★二本杉峠」で人吉へ。

来るべきその日、BRM825五木600kmがいよいよ今週末開催となりました。

今回のブルベ最大の難所とされるのがR445にある二本杉峠と呼ばれる場所。
峠まで登坂距離約13km、標高差930m以上、10%以上の勾配が連続するヘアピン。
この峠を越えるのはスタートから270km以上走った後のこと。
さらにこの場所は夜遅く~深夜にかけて通過する予定。

峠までの登坂路もそれなりに大変な場所だが、それ以上に危険で大変なのが峠を越えたあとの下り。
車1台がやっと通れる道幅、荒れまくった舗装路、絶えずウエットな路面、一瞬目の前の道が消えたと錯覚しそうなブラインドコーナー、明かり一つ無い漆黒の闇。
それはどこか噂に聞く、国道というより正に酷道と呼ぶに相応しい道。

そして最後に忘れてならないのが、この地に逃れてきた平家の落武者落人の伝説。
そう、この地は九州最後の秘境と呼ばれている場所なのだ。


前置きが長くなったが、そのちょうどブルベ1週間前となった18日土曜日の夜。
二本杉峠を越えて人吉まで走ろうと、ミッドナイト★サイクリングを楽しんできました。
夜間走行ということで写真が少ないですが、ブルベに参加する方も見ているかもかもしれないので、文章と説明中心の内容でお送ります。


RIMG0361.jpg


18日土曜日、20時過ぎに九州新幹線の新玉名駅をスタート。

なぜここかというと、帰りは新八代から新幹線で輪行して戻ってくるため。
完全自走じゃないのはブルバーとしてどうなの?というのはお許し頂きたい。

準備とセルフショットを終えて、20時半にサイクリング出発。
玉名市内を抜け、菊池川を渡り、R501をまずは宇土へと走る。

今日は全国的に不安定な天気だったこともあり、夜も時間によっては雨が心配された。
空には雲が垂れこめていたが吹く風に雨の匂いはしないので、しばらく降ることはないだろう。

新港線との交差点までちょうど1時間、途中コーラ休憩を入れて、ほぼノンストップで美里町砥用のエブリワンに到着。
RIMG0362_20120822001253.jpg

到着したときは23時半前、ちょうど60km、経過時間約3時間で走ってきた。
RIMG0363_20120822001253.jpg

ここから先は二本杉峠、さらに人吉まで75kmあるがその区間にコンビニは全くナシ!
なのでパンやオニギリなどの補給食を買い込んでおく。
店員さんと会話で、1時間ほど前にも女性サイクリストが立ち寄り、その際に1週間後のブルベの話をしていったとのこと。
二本杉峠に行ったのか?と尋ねたら分からないという返事だったが、何やら帰れなくなったので迎えを呼ぶと話したそうだ。
う~ん、誰か試走に来たものの心細くなって途中引き返したのか、何かトラブルでもあったのか。

さて日付も変わる午前0時前、いよいよ二本杉峠アタックを開始します。
RIMG0364.jpg
ここから先はしばらく携帯も通じなくなるので、装備や携行品を何度もチェックし、同時に不安と緊張で高まる気持ちを落ち着かせます。

コンビニを出て最初の2kmを過ぎたあたりから徐々に上り始め、4kmまでは所々民家があったりします。
最後の民家を過ぎ右ヘアピンを曲がると、そこから漆黒の登坂路が始まります。

聞こえてくるのは激しく流れる沢の水音。
明かりは何一つ無く、ガードレールに取付けられた反射板が照らされた光でギラリと光るだけです。
前方のライトに照らされた範囲だけを注視して、行く手の先や真っ暗な藪の奥の何かを見ようとは思わない方がいいでしょう。
時々2つ並んだキラリ光る何かと目が合ってしまうかもしれません。
2つだけじゃなく、4つ6つ8つと光っている場合もあります。
それはほとんどの場合野生のシカで、警戒心が強くジッとしているので大丈夫です。
2つ並んだ光が点滅したり素早く動くようならサルかイタチです。
斜面に張られた落石防護ネットや木の上でチョロチョロしていますが危険はありません。

すぐ横の藪でガザッ!と物音がして鹿とランデブーもしました。

正直驚きますが、まぁこのくらい可愛いもんです。

そのキラリ光る何かが別のモノだったり、あるいはボンヤリゆらゆら揺れていたり…
真っ暗なコーナーの先や振り返った時に見た何かが、この世のモノでは無いモノだとしたら…ゴメンナサイ、私には力になれません、どうかお気を付けて。


登坂路のガードレールには1kmごとに「二本杉峠まであと○km」という表示があって、ちょうど5kmの表示を少し過ぎたコーナーに「七郎次水源」という水場があります。
半分まで上ってくると傾斜の緩い坂が多くなってきますが、早くこの場を終わらせたいと先を急いだり力んだりせず、ペースは最後まで一定のまま走りたいですね。

そう、ここはまだ二本杉峠。
ここを越えても暗く危険な下りがこの先も続く、まだまだ先は長いのだから。


登坂開始から1時間23分、午前1時20分頃に二本杉峠に到着。
RIMG0367.jpg

この日峠の気温は約20℃(ガーミン表示)
RIMG0369_20120822001329.jpg

ウエアが汗で濡れ冷えていることもあり、思いのほか肌寒い。
持参したGORETEXジャケットを羽織り、長指グローブを装着。
そしてこれから始まる暗くて長いダウンヒルに備え、ライトは電池を交換。
峠には自販機(明かりもこれだけ)があり、併せて補給も行っておく。
RIMG0368.jpg


ようこそ、落武者の住まう道へ。


下り始めると最初は2車線の綺麗な舗装路を軽快に進む。
とは言うものの先の上りと同じで真っ暗闇なのは変わりなく、スピードは控えめにリアは当て効きさせる程度にブレーキを常に構えておいた方が良い。
40km/hくらいで下っていたら、いきなり未舗装ダート区間に突入する場所もある。
RIMG0370.jpg
手前で十分に減速して進入しないと、バイクが暴れて即落車です。

峠から5kmほど下った真っ暗なコーナーの先に明かりが見えた。
RIMG0373_20120822001328.jpg
帰って調べたら「梅の木轟公園吊橋」にある公衆トイレだった。

こんな真夜中のしかも山奥に、明々と灯の灯る場所があるのは少しホッとする。

ここで写真を4枚撮ったのだが、最初の1枚目を撮影した直後にデジカメがフリーズした。
電源も切れずほかの操作を受付なかったが、何故が再生だけは出来た。
先ほどの写真を確認しようと見てみたら、「表示できないファイルです」と画面に出て見ることは出来なかった。
恐らくフリーズが原因で画像ファイルが壊れたのだろう。
ひとまずバッテリーを出し入れして、再び撮影可能になってあとの3枚を撮りました。

その時は平然とその場で対処していたが、今になって思えば…それってもしかして…。
何か強い念が写ろうしていたのだろうか…
なんてね♪

その場をあとにすると、再び漆黒の闇に引き戻されていく。
道幅が1車線の場所は特に路面が荒れており、場所によっては水が染み出しウエット状態。
落石で散らばった小石が散乱し乗り上げそうになって怖い思いもした。
ブラインドコーナーも多く、一瞬道が消えたと錯覚しそうになった。
GPSによそ見していたり、ブレーキポイントをミスると正面の岩やガードレールに激突、あるいは柵を越えて谷底に転落なんてことにならないよう、終始気を引き締めて下りきりたい。
RIMG0377.jpg
下りの最初の30kmくらいは場所によってそんな感じなので、道の駅五木までを1スパンと考え、それまでは慎重な走りに徹していきましょう。

気になったのが走っていると場所によって霧や靄が発生して急に視界が悪くなること。
近くに沢や川があって気温や湿度で起こるのだろうが、こっちは下りなので危なくて仕方ない。
もしかしたら…辺りをウロつく落武者の魂が来る者を惑わそうとしているのか…。
霧の向こうでカチャカチャと音が聞こえてきても、私は知らない、どうかお気を付けて。


五木川ダム周辺では橋梁やトンネル工事、あるいは災害復旧工事が行われている。
それに伴って地図にも載っていない仮設の橋を渡る場所があったりするが、1箇所だけ道なりに掛かる仮設の橋がある。
RIMG0381.jpg
ここの場合、右の道を直進するように進む。

ルート上には枝道が多くあるが、近くに小さいながらも案内板があるので、不安に思ったら戻ってでも一度立ち止まって確認することを勧める。
RIMG0380.jpg

大丈夫だと思うが、キューシートにもあるこの場所もチェック。
RIMG0385.jpg
RIMG0386.jpg

橋→トンネル→橋を進み、さらに1kmほど走ると道の駅五木に到着。
RIMG0387.jpg
ここはトイレと自販機があり、ベンチやテーブルもあってくつろげる。
駐車場には夜明けと共に渓流釣りを楽しむ釣り客が車中泊していた。

道の駅から人吉までは約30km、2車線の舗装路が続きもう不安になるものはない。
ただし1~3%勾配のアップダウンが多く、思いのほか脚を使わされる。
最初はそうでもないが徐々に外灯や自販機、民家が目につくようになる。

相良村役場前を通過すると丘越えとなって少し上る。
そして人吉市内に向かって少し急な下り坂を進むのだが、ちょうど高速道路をアンダーパスする直前が右クランクになっている。
40~50km/hは出ていたのだが、一瞬カーブになってることに気付かずガード下のウォールに激突するかと思った。
リアを2~3度振って滑らせ、寸でのところでコーナーを抜けました。あっぶねー(焦)

ちょうど5時頃、人吉市内にある「いわい温泉」に到着。
RIMG0391_20120822002322.jpg
RIMG0389_20120822002322.jpg
余力があれば球磨川沿いのR219を八代まで…という思いもあったのだが、今回はここをゴールとした。

いわい温泉は24時間営業で入浴料300円、待合スペースは腰掛けがある程度で寝転がったりは出来なさそう。
それでもすぐ横にはローソンがあり、何かと便利で使えそうである。
本ルートから1km外れた場所にあり、通過チェックのセブンイレブンまでも3kmほどの距離にある。

温泉で汗を流したら、輪行で帰るべく人吉駅へ。
RIMG0396_20120822002906.jpg

幸い新八代駅までの列車だったので、スムーズに九州新幹線にアプローチ。
RIMG0399.jpg
RIMG0403.jpg

新八代駅から新玉名駅までは各駅停車のつばめで乗り換えなし。
RIMG0404.jpg
RIMG0405_20120822002905.jpg

2駅、たったの22分で着いちゃった。
RIMG0410_20120822002905.jpg
数時間前まで夜中じゅう走った出来事がバカバカしく思えて何だか悔しなる(笑)

8時37分着で新玉名に帰ってくることが出来ました。
前夜も20時半頃だったので、ちょうど12時間くらいか。

装備もほぼ最終仕様で臨んだが、これといって問題の発生やトラブルは無かった。
たぶん本番もこの内容で行くだろう。

さぁーいよいよ今週末だよ~ぉ うわぁ~~ん!

またね。

| 自転車で走る | 00:38 | comments:22 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

登り坂では、きっと、落ち武者の幽◎が、背中を押してくれるはずですよw

ブルベに出るには、肝試しもやっとかなきゃいけんとタイね〜

| kenちゃん | 2012/08/22 07:10 | URL | ≫ EDIT

試走、お疲れ様でした

う~ん、私にはこんなところを夜一人で走る勇気は無いです...
まさに肝試しですね~

本番は少しは楽しんで走れたら良いですね~(^-^)/
○○さんに遭遇しない様に(笑);

| ヒデ | 2012/08/22 09:18 | URL | ≫ EDIT

>kenちゃん

いいね~ 落武者にアシストしてもらおうかな(^^;)
後ろから付いてくるたび、カチャカチャと甲冑の音がうるさそう(笑)

| リーフ | 2012/08/22 18:08 | URL |

>ヒデさん

いや~ そりゃホントは怖かったとですよ(焦)
よく一人で行けたなぁ~と今更ながら自分で驚いています。

どんなもんか雰囲気が判ったので、余裕も出て楽しくナイトラン♪…出来るのかな??アハハ…

○○さんに遭遇しないよう、ヒデさんも祈っていて下さいね(笑)

| リーフ | 2012/08/22 18:16 | URL |

こんばんは
昼間でも怖い二本杉峠を夜中とは恐ろしいです^^;
総体の下見などで何度も顧問と行きましたが、
車もパンクしてしまうほどで、
もう二度と行きたくないですwww

成功を祈ってます(-人-)

| FELT少年(スリープモード) | 2012/08/22 20:10 | URL |

予行演習お疲れ様

いよいよこの週末は600kmブルべですね。この試走だけでも、ちょっと真似出来ない感がすごいですが、本番は、どうか怪我の無い様気をつけて下さい。セルフショットが落ち武者とツーショッに化けない様にね〜(^-^)/

| cyclistar50 | 2012/08/22 23:33 | URL |

試走おつかれさまでした

はじめまして。五木600k参加予定のryuuta19というものです。
何か情報ほしくてうろうろしてたらリーフさんのブログに行きつきました。とても参考になりました&おつかれさまでした。当日はお互い頑張りましょう。

| ryuuta19 | 2012/08/23 17:01 | URL |

いよいよですね!

試走お疲れ様~。
6月に私も昼間に試走しましたが、やはり真夜中はまた違う感じですね!
ここの峠をひとりで走行となると恐いものがあります。
美里のPCで一緒に上る人を見つけるのも必要かもしれませんね!
ただ、ここまでたどり着けるかが問題ですが・・・・?

| Tok-Mak | 2012/08/23 18:00 | URL | ≫ EDIT

>FELT少年さん

本番では270km以上走った後でこの二本杉峠越えですから、
試走の時のようにすんなりと上れないかもね~。弱気…
でも頑張ります!

| リーフ | 2012/08/23 18:09 | URL |

>cyclistar50 さん

早いもので2日後となってしました。
だいたいの装備をまとめましたが、まだ準備に追われております。(焦)

とにかくケガ無く、気持ちに余裕を持って、ギリギリでもいいから走りきりたいと思います!

| リーフ | 2012/08/23 18:16 | URL |

初めまして~

>ryuuta19さん

何かお役に立てたのであれば幸いです。

試走で走った二本杉峠のみならず、その手前のPC2~PC3の山間部も暗くタイトな道が続きます。
長い600kmの内の一部の区間だけなので、下りでも焦らず慎重に走れば問題ないです。

お互い認定目指して頑張りましょう~!

| リーフ | 2012/08/23 18:30 | URL |

>Tok-Mak さん

いよいよですね。

昼間だと開けた場所からいろんな景色を眺めたり出来るのでしょうが、
当たり前ですが夜は不気味なくらい何も見えません(笑)
しかし夜空は星が近くてキレイでしたよ。

大変なのは二本杉峠だけじゃないですけど、まずはブルベを楽しみましょう!(云う割に余裕ないケド…焦)

| リーフ | 2012/08/23 18:51 | URL |

昼間でもクルマでライトを点けて走る道、よく試走されましたねぇ。街灯もなく路面も荒れている道であればタイヤも25Cあたりの方がいいのかもしれません。
五木の道より怖いのが、走り終える前の菊池の上りです。気力・体力があればいいのですが、そうでないとめげてしまいそうになるかもしれません。
では、明後日のブルベ、完走を祈っております。

| 清ちゃん | 2012/08/23 21:21 | URL |

どうぞ、ご安全に!

| 銀輪太郎 | 2012/08/23 22:54 | URL |

>清ちゃん

コソ錬と試走を兼ねたものだったのですが、流れや雰囲気はしっかりと掴んできたつもりです。
本番に向けてこれ以上のアドバンテージは無いと自負しております。

菊池まで脚が残せるか…
いや、きっと残せてはいないので、最後は体力ではなく気持ちで走りきりれるかどうか。
まずは怪我なく楽しく走れることを目指します!

| リーフ | 2012/08/24 00:06 | URL |

>銀輪太郎さん

ありがとうございます。
いいお手本になれるよう頑張って走って、
次回は銀輪太郎さんにバトンタッチしますね。(謎)

| リーフ | 2012/08/24 00:10 | URL |

いよいよですね~
こちらも準備に追われています。
今回は楽しんで行けるように頑張ります(≧ω≦)

| hori | 2012/08/24 00:38 | URL |

>horiさん

おはよう!horiさん。

心配していた天気も恵まれた2日間になりそうです。
突然の通り雨があるかもしれませんが…。

最後まで携行品がまとまらない時は、とりあえずクルマにブチ込んで、
スタートまでにアレコレ悩んで楽しみます。(笑)

どうぞ2日間とも、よろしくお願いします!
ケガ無く楽しく、お互いゴールを目指して頑張りましょうね!

| リーフ | 2012/08/24 09:07 | URL |

こんにちは。

お久しぶりです。
何時も楽しくブログを拝見させていただいております。

ミッドナイトランとか楽しいんでらっしゃるみたいですが、
私もミッドナイトランをしてみたいと思いますが、ライトを取り付ける為にハンドルマウントを探しております。

リーフさんのハンドルマウントを参考にしたいので、宜しければハンドルマウントは何をお使いでしょうか?

宜しければ教えてくれたら幸いです。

これからもよろしくお願いします。

| すたばら | 2012/08/26 08:31 | URL |

>すたぱらさん

ご無沙汰しております。

前にも同じ質問を頂いているようですが、
マウントはスポーツDEPOで買いました。
ノーブランドだったのでメーカーは判りません。
近所に出来たイオンモールの自転車コーナーにもありました。

どうぞ夜間走行は気をつけて楽しんで下さい。

| リーフ | 2012/08/27 12:38 | URL |

再度コメント失礼いたします。
ブルベいかがでしたでしょうか?DNF続出の過去最難関600Kだったようですね。
当日コースとは知らずに阿蘇山中を走っていて偶然600K参加者さんと遭遇したので少しお話をさせていただきました。あの傾斜の坂をスイスイ走る皆さんには驚愕いたしました。
リーフさんも見かけたような見かけてないような?オレンジのウェアでしたか?
こちらばかりじっと見つめてばっかりの片思いでは失礼ですので今度お店に挨拶に伺いますね!それかGIANTの青白いウェアを見かけたら追い抜いてください。
長旅お疲れ様でした!

| トニカ | 2012/08/27 19:38 | URL |

>トニカさん

はい、オレンジのジャージでした。
ローディーさん達を氷川ダム前後や益城や空港前後でスレ違いました。
その中にトニカさんが居たのかな??

400km以上走った上で、ふれあいセンターいずみ界隈の上りは何かの罰ゲームかと思いました。(笑)

ただいまブルベ600kmの反省文を執筆中です。
またお会い&走りたいですね。
これからもよろしくお願いします!

| リーフ | 2012/08/27 19:52 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://charipota.blog90.fc2.com/tb.php/288-d2febbcd

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。