お前は何ば目指しよっとか◆熊本荒尾玉名大牟田の自転車好きと楽しむ、リーフの自転車回想録

ロードバイク・バッソ リーフを駆って自転車のあれこれに勤しむ、ゆかいなチャリバカ達(笑)との自転車回想録です。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

今週もサイクリング日和。大観峰~小国そば街道へ。

今月は毎週末のたび秋晴れに恵まれ、絶好のサイクリング日和が続いています。
そんな21日日曜も自転車友D氏と一緒にロングライドを楽しんできました。

この日は私的サイクリングとしては珍しく一日中サイクリング。
そして有イチ&島イチに次ぐ、それなりの距離を乗る事が出来ました。
…というわけで、こんな時でもなければ行く事はないだろうと、この日は久しぶりに大観峰を目指す事になったのでした。

朝7時に近所のコンビニでD氏と集合した後は、K3を和水(なごみ)から植木方面へ
RIMG2754.jpg
陽が昇ってからそんなに時間が経ってないので、ウインドブレーカーがまだ手放せません。

熊鹿サイクリングロードを流して、R3を突っ切り七城菊池方面へ
RIMG2755.jpg
だいぶ暖まってきたのでウインドブレーカーを脱ぐも、走り出すとヒンヤリします。

菊池神社下のローソン(BRM825五木600のPCでもあった所)で小休憩したのち、ダイレクトに菊池神社を上り一路菊池渓谷方面へ。

今回はK53をオートポリスからミルクロードへとアプローチしました。
RIMG2757.jpg


K53に入ると急に山が深まり、渓流の水音と木漏れ日の中を進んできます。
RIMG2760.jpg

お喋りしながらのんびりペダルを漕いでいると、あっ!テントウ虫。
RIMG2758.jpg
しばらく一緒にサイクリングを楽しみました(笑)

オートポリスが近くなると道幅が広くなり、燦々と陽が降り注ぐ中を走ります。
RIMG2765.jpg

色づき始めた木々と一面のススキが秋の深まりを感じさせました。
RIMG2766.jpg

オートポリスの正面ゲート入口、上りきったところで小休憩。
RIMG2767.jpg

傍らで休憩するモーターライダー達に激励を受けながら(笑)、尾の岳(1000m超)までの激坂区間をヒーヒー云いながら上って、ミルクロードまでのサービス区間を流します。
RIMG2771.jpg

ミルクロードに出ると一気に増える車とオートバイに困惑しそうになりますが、
RIMG2780.jpg
それでも沢山の人が阿蘇へ足を運んでくれてることをとても嬉しく思いました。

そして目的地の阿蘇大観峰に到着。
RIMG2789.jpg
沢山の人達が遊びに来てくれていますが、それにしても凄いですね~。

ここからの眺めもヨシ!
RIMG2788.jpg

さて時間はちょうど正午、当然お腹も空いてきました。
ここからは小国方面へダウンヒルを開始し、小国そば街道を目指す事にしました。

南小国まで下ってしまわず、途中から小道に入って渓流沿いの急勾配をさらに下って行きました。
目指す蕎麦屋まではR212を離れて3kmほど、この辺りでは大御所の「戸無の蕎麦屋」の前を通って着いたのは「花郷庵」(かごうあん)。
RIMG2792.jpg
判っちゃいたけど駐車場は車でいっぱいで、ダメもとで店に入ると40分待ちとのこと。

この先にもまだ数軒あるので、どこか空いてる所で食べられたいいな~と考えつつ先に進むと崖下を流れる渓流の川辺に別のお店があって、そこの駐車場の車が少ないのに気付き立ち寄ってみることに。
しかしかなり下りて行かねばならず、もし空いてなかったら今度はこの急勾配を上って戻るハメになります。
躊躇するD氏に対し「あー。。。。大丈夫、責任持つから」と何の根拠も無い言葉を言い放ち、心配するD氏を連れて下りて行きました。

運良くちょうど空いていたので、ここ「そば処 朝霧の庄」で頂くことに。
RIMG2801.jpg
木々に覆われたアプローチを抜けて、山小屋のような趣がたまらないお店の中へ。

二人とも盛りそばを十割でチョイスし、併せてとり飯をセレクト。
RIMG2795.jpg
十割蕎麦1200円ナリ。(二八は1000円、とり飯200円)

蕎麦には地野菜を使ったバイキングがついており、
RIMG2793.jpg

素朴な田舎料理の味わいも同時に楽しめます。
RIMG2794.jpg

とても静かなこの場所で美味しい蕎麦を頂きながら、ゆっくり脚を伸ばしてのんびりとリラックス出来ました。
今回は先客が居たので座れなかったが、日当たりとロケーションが抜群な感じの良いスペースがあって、また機会があれば今度はそこで食べてみたいと思いました。

店を出ると表の道まで押して上がったのは云うまでもありませんwww

そば街道を後にして南小国から小国へと下り、向きを変えて中津江方面へ。

お腹も満たされマッタリ気分で進みます。
RIMG2807.jpg
あ!ストラップ星人が写ってる。

大分県に入り下筌ダムを通過して、R442を鯛生金山に向かう川沿いのルートへ。

上津江にある、当時ワールドカップで来日したカメルーン選手達が上ったであろう「カメルーン坂」の横を通って、
RIMG2814.jpg

鯛生金山に通じるトドメの激坂を制して得たモノは、
RIMG2815.jpg
ゆずハチミツとわさびのミックスソフト。

わさび味は味として感じるというよりも、風味が鼻を通った時にスーっとそれを感じ取れるかな??(ミントみたいな感じで)なかなかどうしてフツーに美味しかったですよ(笑)

鯛生金山からもう少し上って竹原峠の長いトンネルをくぐり抜けると、そこは福岡県。
そしてご褒美の長いダウンヒル始まりです。

途中の日向神ダム周辺では平坦になりますが、ハイペースでクリアしさらにダウンヒル。
黒木に入ったところで小休憩し、「大した坂じゃないから大丈夫」とD氏を騙して鹿牟田峠を越え、再び熊本県に戻るとR3の鹿北に出ます。

そこから「ゆっくり上れば大丈夫だから」とD氏を騙して柏木峠を越えて三加和へ。
RIMG2818.jpg

峠から下っていると、陽はもう山の向こうに沈みかけていました。
RIMG2819.jpg

三加和に下りて、「どうせ最後だし大丈夫だから」と、何が大丈夫なのかキチンと説明しないままD氏を騙して2つばかり丘を越えて南関へ。
ここまで来ると今日のサイクリングの終わりも近くなってきます。
それと同時に陽は完全に沈み、ライトを付けて少しばかりナイトラン。

再び朝の集合場所に帰り着いたのは18時15分ごろでした。
RIMG2821.jpg

走行距離186km 獲得標高2300m超 11時間のロングライドになりました。
一緒に走ってくれたD氏もお疲れ様でした~。
平坦はあまり無かったけど、最後の長いダウンヒルは気持ちよかったね~。
お腹一杯になれたか分からないけど(笑)、これに懲りずまた一緒に走りましょう。

ちなみに「騙して」と云ってはいますが楽しいコトや面白いコトを共有し、時には辛い場面を共に経験し、無事にゴールへと導く者として仲間を励ましているのです。(怪しい??嘘っぽい??)
D氏は本当に「チーィッ!!騙された~!」と思っているかもしれませんが…(笑)

さて、明けて22日月曜日。
RIMG2824.jpg
こんな素晴らしいプレゼントを頂きました。(ありがとうございます!)

リーフもこれでやっとオトコになれるのでしょうか??

またね。

| 自転車で走る | 18:35 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

行って来ましたよ~

こんばんは。昨日は相当走られましたね。葉っぱも色づいて紅葉もそろそろ見ごろのようですね!ルート的に小国から下筌ダム目指す最初のところで生茶CMの鍋ヶ滝のすぐわきを通られてますが、、綺麗になってもう行かれましたか?

今日、荒尾のローマで「写真撮るから降りて」と嫁さんに言ったら「降りらん!」と言われました、、女の人は夢がないw

Made in Japクランク、活躍しそうで楽しみです!^^

| Kenji | 2012/10/22 20:26 | URL |

マゼノミステリーロードは走らなかったのか〜
みんなに走ってもらいたいのにな〜
小国の方から。

昼飯それで足りたとね^^;?

ついにノーマル!?

| kenちゃん | 2012/10/22 21:09 | URL | ≫ EDIT

>kenjiさん

今日は(も)ありがとうございました!
有り難く使わせて頂きます^-^

鍋ヶ滝通りましたよ。(案内板を一瞬見た時は銅ヶ滝と読んでしまいましたが^_^;)
生茶CMの撮影場所だったのですか。
残念ながらピュ~っとすっ飛ばしてしまいました。
次の機会にチェックします。

荒尾のローマの件、それウチの嫁でも同じです。
女子にはロマンよりもマロンに興味があるようです(苦)

| リーフ | 2012/10/22 21:42 | URL |

>kenちゃん

マゼノちゃんはヘ◎タイなチャリダーさん達がゆかれる道だと聞き及んでおります。
私にはあのガブるような道はど~も敷居が高過ぎて行けませぬな~。

ランチの量は只今ダイエット中の身ゆえ…(笑)
けれどJAST50kgの今の方が、より軽快に走れているような気がします。(何か間違ってますか??)

ヘ◎タイを卒業して、早くノーマルになりたいな~♪(妄想)

| リーフ | 2012/10/22 21:58 | URL |

マゼノはまだ行ったことないです。てことはまだへ○タイではない?w

D氏をだましだまして次はいよいよアレに… 行っちゃいましょうww

66アルテクランクはいいですよ!細身のフレームにマッチするし剛性も問題なしです。なにより美しい!w 

| hori | 2012/10/22 22:37 | URL | ≫ EDIT

おつかれさまです!
蕎麦街道おいしいですよね~
おいしいのと信じられない値段だったのを覚えてますww

いつも大津のほうから上っていますが
菊池のほうが気持ちよく登れそうですね~
二ノ重峠からがほんとに地獄です;^^

| FELT少年 | 2012/10/22 23:23 | URL |

>horiさん

なぜマゼノと呼ぶのか知りませんが、上りと下りがマゼマゼだからか??
そんな道を行っても行かなくても貴男はヘ◎タイです。
だって真夜中の二本杉峠を越えたじゃありませぬか…って俺もかぁぁぁぁ

アレってアレでしょ?アレだよね??
ヨシ!騙して騙して荒玉サイクリストを僕らの聖地 稲築スポセンに連れて行こう~!
…ってアレアレ言わなくてもバラシっちゃたよ、ゴメン(爆)

| リーフ | 2012/10/22 23:50 | URL |

>FELT少年さん

お久しぶりです!
二重の峠と聞くとFELT少年さんとN尾くんを連想します。
あ!それから何故かN村先輩もね。

二重の峠から程ではないかもしれないけど、
ここで紹介したオートポリス⇒尾の岳の上りも15%くらいあって萌え死します(笑)
(これがあるので菊池渓谷から上る方といつも悩みます)

またいつぞやのようにバッタリして走られたらいいね!(春まで無理かな)

| リーフ | 2012/10/23 00:10 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://charipota.blog90.fc2.com/tb.php/301-2f3938a9

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。