お前は何ば目指しよっとか◆熊本荒尾玉名大牟田の自転車好きと楽しむ、リーフの自転車回想録

ロードバイク・バッソ リーフを駆って自転車のあれこれに勤しむ、ゆかいなチャリバカ達(笑)との自転車回想録です。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

今年最初の長崎上陸。雲仙ヒルクラのちトルコライス。

4月17日追加:過去に参加した雲仙HCの記録証とカーミンコネクトを掲載しました。

天気がいい時はリーフの店から見える島原半島と雲仙の山々。
少しは暖かくなってきたので、そろそろ上ってもいいかな~と思っていた時、長崎のサイクリストBちゃんのブログで14日日曜に雲仙ヒルクラサイクリングを行うとの案内があった。

前夜に連絡を取り、快く参加を承諾してくれたBちゃんに感謝。

翌日は午前7時50分の有明フェリーに乗船し島原半島へ向かった。
RIMG4068.jpg
今朝はよく晴れて日中は暑くなりそうだったが、このあと向かう雲仙は雲にすっぽりと覆われその頂を望むことは出来ない。

フェリーの中では福岡から輪行で乗り継いで来たという方と一緒になり、到着までの間お互いの自転車で走った思い出話で盛り上がった。
RIMG4070cut.jpg
今日はこのあと雲仙災害記念館へ行かれるそうで、このブログをお教えしてお別れした。

多比良港に降り立つと一路待ち合わせ場所の愛野森山のコンビニへと向かう。
RIMG4073.jpg
心配していた風は思いのほか追い風で、滑り出しから気持ち良くペダルが回った。



小一時間ほど掛けゆっくりと向かった待ち合わせ場所では、ちょうどいいタイミングでBチャン率いる長崎組と合流することが出来た。
RIMG4076.jpg

長崎を走る時はいつもお世話になるBチャンとIKEちゃん、以前一度ご一緒したことのある方と最近自転車の魅力にハマられた方。
自分たちのことを(恐らくはBチャンだけが勝手にそう呼んでいる)加齢臭軍団チームKなどと云っているようだが、それでは今後若い男女に声すらも掛けて貰えなくなる(もうすでに手遅れかもしれないが…)のが心配でリーフなりに考えてみた。

チーム華麗衆 ほかにチーム加齢終というのも考えてみたが、これはあまりに失礼かと思い却下した。

いかがでしょうか??(笑) え??何も変わらないって?? 


さて、ここから小浜へは唐比からいつものように小浜鉄道の廃線路をいく。
RIMG4083.jpg
RIMG4086.jpg
ブルベの話でもしながら(笑)、のんびりマイペースで走って行った。

小浜のコンビニではお久しぶりの介援隊さんとMTBで参加の方と2名がさらに合流。
RIMG4091.jpg
最終的に雲仙ヒルクライムは7名で上ることになった。

雲仙西登山口交差点からR57を雲仙に向かって上る。
そういえばこのルートを使った長崎県サイクリング協会主催の雲仙ヒルクライム大会に以前参加したことがあった。
内容は少し上った先の最初の登坂車線が始まるあたりから雲仙小学校前までの10.8kmを、1分間隔でスタートしタイム計測するヒルクラTTだった。

自転車友F氏とD氏と3人で初めて参加し、Bチャンともこの大会で初めて知り合った。
RIMG4115.jpg
ちなみこの時の記録は40分55秒。

交差点からいきなり急勾配が始まり心拍数が一気に急上昇していくのが判る。
少し我慢すると勾配が落ち着くその先に記憶に残るスタート地点が見えてきた。
そこを通過する瞬間、リーフの指はEDGE500のラップボタンを押していた。

あちゃー…こうなったら行くしかない(笑)

ヘアピンのキツい所は手前で1速ダウン、それを抜けると再びシフトアップ。
RIMG4095.jpg
上りの負荷に体が順応し始めると、テンポ良くシッティングで脚が回りだしてきた。

しかしこれも残り半分を過ぎた地点にある篭立場まで。
RIMG4096.jpg
ここから10%以上の勾配が続き、その変化に体と脚が即座に拒絶反応する(苦笑)

登坂し終えると最後は唯一アウターギアに掛け小学校前まで一直線の平坦(のように見えるだけかもしない)をラストスパートして終わった。

結果は40分39秒。
日頃はあまり乗れていないにも関わらず、自分なりによくガンバったと思う(^_^;)

驚いたのは平均心拍が189bpmでMAX200bpmだったこと。
平均とは云え40分ものあいだ180拍以上を維持していた事に((((;゚Д゚))))
…身体には絶対良くないって思いました。

RIMG4098.jpg
RIMG4101.jpg
それから雲仙みかどホテル前のクランクで後続を待ちましたが、最後までBチャンだけが来ないので迎えに行こうと下り始めたところで無事に姿を見せてくれました。


ちょうど正午を過ぎた頃でしたので、みんなで長崎組行きつけの食堂「たら福」へ。
RIMG4105.jpg

和食に洋食、汁物丼物と迷いましたが、リーフはトルコライスをチョイス。
RIMG4102.jpg
ご飯がガーリックライスで風味と食欲をそそり、とてもいいアクセントになっていました。

たら福でお腹いっぱいになり外へ出ると、ドンより曇って風も強くとても寒かったです。
すぐに下って帰ろうということで介援隊さんは口之津方面へ、リーフは雲仙ゴルフ場からR389を多比良港へ、残るBチャン達は別所ダムから千々石へと下りて帰ります。
皆さん今日はありがとうございました♪また一緒に走りましょう~(^o^)/

さて、他の皆さんはここから下って帰られるのですが、リーフはもう少しだけ上ってからでないと下りのご褒美にありつく事が出来ません。
ゴルフ場の手前から左折しR389を上っていくのですが、池ノ原の登山口駐車場までの5~600mくらいが14%前後の勾配が続き、最後の上りとは云え毎度の事ながら気持ちが萎えます。

リーフとREEF号は重力に逆らいながら急勾配の坂をヨロヨロと上って行くと、
RIMG4110.jpg
喉元にガーリック風味の何かが上がっt …ゴックンΣ(|||▽||| )

ボチボチと上って来たところで仁田峠周遊道路の出口でもある峠に到着。
RIMG4112.jpg

ここから多比良港までの下りでは、こんなシチュエーションでもない限り単騎では出せないMAX70km/h超であっという間に下ってしまいました。
港ではちょうど14時30分の発のフェリーが乗船案内中で、待たずにそのまま乗って帰る事が出来ました。

これから徐々に暑くなってくると涼を求めて山へ行く機会が増えてきますね。
今年は久々にあの山に行かなきゃ!

またね。

| 自転車で走る | 22:38 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

行きますか、あの山へ!

| ワッキー | 2013/04/16 23:55 | URL |

>ワッキーさん

逝きましょう、あの山で!

| リーフ | 2013/04/16 23:59 | URL |

お久です!

相変わらず走ってますね!それにしてもトルコライスはボリューム満点で美味しそう。次回の島原行ではぜひ行ってみたいです。、
暖かくなったらまた荒玉方面へ走りに行きますのでリーフさん、よろしくです!

| JStoneField | 2013/04/17 16:16 | URL | ≫ EDIT

> JStoneField さん

お久しぶりですね(^_^)
幾分暖かくなってきましたので雲仙に上ってみましたが、山頂はまだまだ肌寒く葉桜でしたが桜もしっかり咲いていました。
またお越しなる時はご一報下さいませ(^o^)/

| リーフ | 2013/04/17 23:37 | URL |

たら福食堂懐かしい!!若いときバイクで行っていたものです。
呼び込みのオバちゃんはまだいますか?
去年ラピュタに上がったことですし、今年は雲仙を狙って
みたいですね^^

| 銀輪太郎 | 2013/04/23 22:28 | URL |

>銀輪太郎さん

当日のたら福さんは1Fが満席で2Fで食事しましたが、そこもすぐに満席になるほど繁盛していましたよ。
オバちゃん…たぶん居たとは思うのですが(^_^;)、息子さんも手伝っておられました。
今年は荒玉で雲仙HCサイクリングしたいですね。
そうそう、ラピュタ集合サイクリングは6月2日ですよ。

| リーフ | 2013/04/24 17:30 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://charipota.blog90.fc2.com/tb.php/334-08f38fd2

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。