お前は何ば目指しよっとか◆熊本荒尾玉名大牟田の自転車好きと楽しむ、リーフの自転車回想録

ロードバイク・バッソ リーフを駆って自転車のあれこれに勤しむ、ゆかいなチャリバカ達(笑)との自転車回想録です。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

荒玉サイクリストで生月島お泊りサイクリング~2日目~

「何や!…お前何や!!!…Zzz…zzz…」

生月島にて宿泊中、こんな寝言を云ったらしいリーフです(笑)

夢で自転車を走らせていたら、道の反対側をランニングしていた女性とすれ違いざまに目が合い、次の瞬間その女性が当然Uターンしてきて私の背後を凄まじい形相で追いかけてきた…必死に自転車を漕いで逃げる私…という内容。

単に疲れていたからか、それとも昨日の大半をずっと先頭で走っていたからか…

いずれにせよ相部屋のD氏とカツさんにもハッキリ聞かれたみたいで…その後すっかりネタにされてしまいました。

さて、生月島お泊りサイクリング2日目の朝。
RIMG4342.jpg
今日も暑いくらいの晴天に恵まれそうです。

午前6時過ぎに起床、7時前には朝食を頂きました。
RIMG4341.jpg
RIMG4340.jpg
朝食前にはサイクルウエアに着替えていたので、まさかここまで来て朝練か?!…と思われた仲間もいたのでは。
いえいえ(^_^;)平和な朝を迎え、みんなで美味しく朝食を頂きましたとも。

身支度や荷物をまとめて、最後に精算したら午前8時前に民宿をあとにします。
RIMG4344.jpg
女将さんに大量のウエアを洗濯して貰い、ご主人には我々のバイクを車庫に一晩収納して頂きました。

大変お世話になりました!ありがとうございました!
(その日の帰宅後、無事に帰り着いた事を報告するためお礼の電話を入れておきました。)



さぁ!サイクリング2日目のスタートです。
RIMG4349.jpg
RIMG4347.jpg
意外とキツいアプローチを上って(笑)、生月大橋を渡って帰ります。

そして朝イチからヒルクライムです(爆)
RIMG4350.jpg

相変わらずのアップダウンが続き、宿泊先からおよそ30kmほど走って辿り着いた場所は平戸島の南に位置する津吉港。
RIMG4356.jpg
RIMG4354.jpg

ここから高速船コバルト21に乗り、海を渡って佐世保を目指します。
RIMG4359.jpg

フェリーではないので車やオートバイは乗せられませんが、自転車なら200円の追加で一緒に乗せて貰えます。
RIMG4355.jpg

船前方の客室もあったのですが、自転車が置かれた後方のデッキに全員陣取りました。
RIMG4364.jpg
RIMG4365.jpg

午前10時10分に出港すると船はどんどん加速していき、GARMINの表示を見ると50km/hも出ていて速い速い!
RIMG4369.jpg
このような船に乗る機会は滅多にないこともあってメンバーは全員大はしゃぎです。

フル自走のサイクリングもいいですが、途中こうした船での移動もちょっとした小旅行気分が味わえ楽しい思い出の一つになります。

およそ30分間のワープ航法(笑)で相浦港という港に到着。
RIMG4371.jpg
津吉と佐世保を結ぶ1日4便のうち、乗船した第2便だけはこの相浦港止まり。

ここから10km先の佐世保を経由し、荒尾まではおよそ110kmを走って帰ります。

九十九島遊覧船が出港していくのが見えたり、SSKバイパスを通り大型のクレーン群やその向こうの米海軍のイージス艦をチラ見しながら、ダメ元で佐世保バーガーを代表するお店の一つ「ヒカリ」に立ち寄ってみた。
RIMG4374.jpg
…がもちろんお客さんはいっぱいで1時間40分待ちとのアナウンスが。

早々と諦めて、お土産を買いたいというカツさんのリクエストで佐世保港へ移動。
RIMG4377.jpg
ターミナルに行くと何故か売店は無かったが、佐世保バーガーがメニューにある軽食コーナーがあったので早速ここでランチタイムにした。

ボリューミーなハンバーガーと一緒に飲む瓶のコカ・コーラがとても美味かった。
RIMG4378.jpg
偶然とは云え、カツさんのお陰でご当地グルメを味わうことが出来たので感謝!(土産は買えなかったが)

お腹もいっぱいになって、リスタートしたのは正午ごろ。
R35を早岐、三河内と走り、県道1号線を波佐見へと向かった。
この頃から強い西風に背中を押されるような格好で下り基調の道のりを快走していく。

…が、先の津吉港のフェリー乗り場の人が「波佐見陶器祭り」で渋滞しているかも…という言葉の通り狭い波佐見の道路が渋滞していて、人や車に当たらないように慎重に路肩をすり抜けて行くのに少々手こずった。
RIMG4379.jpg
RIMG4380.jpg

波佐見を抜けたあとも下り基調&追い風というのは変わらず、どんどん快走を続けて鹿島へ。

ここからはいつもの有イチのコース。
RIMG4381.jpg
鹿島を出てしばらく北に進路を取っているところでは強い横風で快走とはいかなかったが、東に進路を取り始めると再び追い風となり、鹿島から早津江橋までの約40kmくらいをワッキーさんの先頭牽きもあって思いのほか早く辿り着くことが出来た。

早津江橋を渡ると福岡県へ。
RIMG4386.jpg

1日目と同じ逆ルートで柳川のお堀に差し掛かると、
RIMG4388.jpg
ちょうど水天宮祭が催されていて歩行者天国の道を押して歩いた。

お堀には舟舞台というものが浮かべてあり、ここで芝居やお囃子が奉納されるという。
002.jpg
写真は柳川市沖端水天宮祭案内より

合流場所でもあったコンビニでcyclistAR50さんとはここでお別れ。
RIMG4391.jpg
最後に記念の集合写真を撮りました。

残るメンバーはゴールまでまだ少しあります。
RIMG4393.jpg
RIMG4392.jpg
有明海沿岸道路の斜張橋が見えたらいよいよ大牟田市です。

最後にスプリントの小競り合いもありながら、午後5時過ぎ無事に帰って来ました。
RIMG4394.jpg
みんな!オツカレ!!

自宅に帰り着いた時点で、2日間の合計距離は318kmになりました。
RIMG4395.jpg

仲間内で初めて催したお泊りサイクリングは人車共無事に終える事が出来ました。
また目的地の生月島においては夕日を見ながらサンセットウェイを自転車で走るという目的も達成でき、参加した仲間たちもそこからの景色に満足して貰えたようで良かったです。
もちろん準備から協力してくれた仲間のみんなにも感謝です。

またお泊りサイクリングやろうね。

またね。

| 自転車で走る | 21:55 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

お疲れ様です\(^o^)/
いやはや、なんとも充実したゴールデンウイークですね〜
ということ今年の国東には出ていらっしゃらなかったんですね

それにしてもヒカリは懐かしいですね
前に家族旅行で佐世保に行ったときはそのお店で頼んで三時間待ちをくらったのを今でも覚えていますww
結局間食してしまって食べきれませんでした(´・_・`)
今度は自転車乗ってお腹をすかせて食べたいですね(笑)

| FELT少年 | 2013/05/09 15:25 | URL |

>FELT少年さん

最近コメントへのレスポンスが悪くてスンマセン…(^_^;)
TD国東に行かないサイクリストが多かった事もあって、今まで実現しなかったお泊りサイクリングをGWにやった次第です。
今回ヒカリへは野次馬根性で立ち寄ってみた訳ですが(笑)、結果的に穴場的場所でゆっくり食べる事が出来たのでヨシです♪

| リーフ | 2013/05/15 12:17 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://charipota.blog90.fc2.com/tb.php/338-5444738a

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT