お前は何ば目指しよっとか◆熊本荒尾玉名大牟田の自転車好きと楽しむ、リーフの自転車回想録

ロードバイク・バッソ リーフを駆って自転車のあれこれに勤しむ、ゆかいなチャリバカ達(笑)との自転車回想録です。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

BRM315嘉麻400km。-後半- 寒さと睡魔と、脊振で迎えた朝。

寒いw

サイコンに表示された気温は3℃。
あと少し上ればミルクロードに接続する右折の案内板が見えてくるはずだ。
しかし外輪山の尾根にあるミルクロードに出れば、風も強まり体感気温は相当下がるはず。

スタートからここまで長袖インナーの上から半袖ジャージと長袖裏起毛ジャージ、夏用レーパンにレッグウォーマー、足先はトゥーカバーで過ごしている。
それでもベストとウインドブレーカーを使い分けそれらを羽織ってはいるが、このあとに控える菊池渓谷の長いダウンヒルの前には寒冷に適した装備に変えておきたいところ。

やがて分岐で右折しミルクロードへ上がると、菊池方面に進むがまだ少し上っている。
時折左手の眼下に広がる阿蘇の町明かりを望みながら進むと、路肩の土手で冷たい風を遮りながら荒玉サトーさんともう1人が防寒対策で停車していた。

私はそのまま先まで走り続け、菊池阿蘇スカイラインとミルクロードの分岐にある北山レストランに入り、ここの自動販売機の明かりの前で冬用の装備にチェンジした。


チェンジといっても、いま着ている上からMAVICのGORETEXレインジャケットを羽織り、パット無しのウインドブレークタイツを履いただけ。
あとはキャップをヘッドウォーマーに、トゥーカバーをネオプレンのシューズカバーとその下に貼るカイロを装着。
グローブも厚手のものに変えた。
ヘルメットにはここで初めてヘッドランプのHW-322XEを装着。
茶のこを出てからずっとここまでGENTOS SG-3251灯だけで上ってきたが、このあとの長いダウンヒルではヘッドランプに加え、フロントバッグに取り付けた200ルーメンのHW-888改も点灯させて安全に下りたいところ。

建物と自販機の間で吹きつける冷たい風が遮れるかと思いきやそうでもなかった。
気温は1℃まで下がり、悴む指先でこれからの準備を終えると、ようやく重い足取りで長いダウンヒルに突入した。

後に本人から聞かされるが、実は菊池渓谷の下りでかずマンが落車したとのこと。
いくつかの下りカーブを過ぎたところで、路肩にランドヌールのそれと判るいくつモノ明かりが灯る集団が停まっていた。
ざっと3人くらいは居たかと思うが、どうやらそれがかずマン達だった様だ。
まさか落車だったとは知らず、ホイールを外して何かやっていたので、パンクと判断して3人も居れば大丈夫!とそんまま横を通過したw(ゴメンね、かずマンw)

かなり下って鉄橋を過ぎた菊池渓谷入口から先はホントに真っ暗。
それまでの明かりでは光量が足りなかったので、フロントフォークに取付けた600ルーメンのNITERIDERを点灯。
ワイドかつ遠くまで満遍なく照らされたことで、昼間のように安全に速く下ることが出来た。
やがてR387と合流するところまで下りて来るとNITERIDERは消灯。
強烈な明るさと引き換えに点灯時間が短いので、本当に必要なシーンだけ節約しながら利用する。

どうにか無事に菊池市内まで下りてくると、熊本市内のPC3までは約25kmほど。
AZホテルのある北バイパスの交差点あたりで、先行するYuFukuさんと合流しそのままPC3までご一緒した。

21:56 223.1km PC3セブンイレブン上熊本2丁目店 クローズ0:52

予定では22:30~23:00着だったので、茶のこや北山レストランへ立ち寄ったりした割には大したロスも無くここまで順調に来ることが出来たようだ。

PC3にはhoriさん、Tok-Makさん、RADACさん、ワッキーさんがサポートに来ていた。
RIMG5088.jpg
皆さん遅くまでご苦労さまです!(ワッキーさんは↓の写真に写ってます)

遅れて荒玉サトーさん、続いてかずマン、エイジさん、S藤さんも到着。
DSCN1089.jpg
IMG_0264.jpg
荒玉サトーさんは胃が絶不調らしく、かずマンの落車もここで聞かされて、そのとき一緒だったのがエイジさんと通りかかったS藤さんだったらしい。

ここではカレーライス、みかんゼリー、飲むヨーグルトで食事を済ます。
DSCN1132.jpg
居心地の良さにケツに根が生えそうになる前にリスタートです!

PC3から大牟田までは、K1を本妙寺サイドから峠の茶屋~玉名農道~荒玉農道と、私の地元界隈にあるアップダウンのばかりの道がしばらく続く。

本妙寺入口で間違えそうになった山口のランドヌールの方と一緒になりながら峠の茶屋まで上る。
RIMG5089.jpg

続けてナルシストの椅子。
RIMG5090.jpg
峠の茶屋でパスされた荒玉サトーさんが、ここでGPSのバッテリー交換のため停車していたついでに、ホットコーヒーで体を温める。

ここからは山口の方と荒玉サトーさんと3人で玉名農道のアップダウンをこなし、途中の九州看護大前のセブンイレブンで小休憩したのち、続けて荒玉農道を上っていく。

私の自宅から3kmほどの場所にある、ルート上の荒尾市宿交差点は午前1時ごろ通過。
RIMG5094.jpg
左折すればウチまで5分くらいなのですが、今夜は泣く泣く直進です。

大牟田の市街地から次のPC4までは、単調な平坦ばかりの道のりになる。
徐々に眠気がやって来ているようで、ボーっとしていて先ほどから20km/hくらいしか出ない。
柳川に入ったところで眠気を払うためにセブンイレブンに入った。
するとここから自宅の近い荒玉サトーさんがコースオフしていくのが見えた。
どうやら一度自宅に戻って、風呂にでも入るのだろうか?(どうせならこのままDNFしてしまえば面白いのにwww)
携行食とホットコーヒーを身体に入れてリスタート。

それでも走っていると相変わらず睡魔が襲ってくる。
どこかで10分、いや5分でもいいので目を閉じていたい。

堪らずさらに13kmほど進んだ、早津江橋を渡った先のセブンイレブンで再び停車。
RIMG5095.jpg
コンビニの壁にもたれ掛り、茶のこのマツさんに餞別で貰った、上品な味わいがする高級シリアルバーを奥歯でガリガリかみ締めながら、ただじっと目を閉じて過ごす。

5分…

10分…

たぶんそれくらいだったと思う。

少しはスッキリした気もするがどうなんだろう。
遅々として進んだ気のしないR444の単調な道のり。
なかなか増えない距離数。
時折横切る横断歩道の傍らに立つ、通学児童を模した人形の不気味さにハッとした。

R444を離れ牛津まで来ると、見えてきたコンビニの明かりに吸い込まれるように入っていった。

4:25 315.4km PC4セブンイレブン小城牛津店 クローズ7:00

PC4に到着すると途中から先行していた山口の方が1人で食事していた。
食べていたカップヌードルが温かく美味しそうにみえたので、私も同じものを食べた。
睡魔による平均速度の低下と休憩が増えたことで、3:30到着予定からは遅くなってしまったが、まだ2時間半のリードタイムを残している。
食事をしているとかずマンさんとエイジさんも到着。

PC4を1人でリスタートしたが、やがて通過した佐賀市内でパックになり、再び3人で走る。
なかなか眠気が取れず、相変わらず20km/hくらいしか出ない。
みんな眠いのと疲れもあって、これといった会話も無くただ黙々とR34を漕いで行く。
交差点で信号停車していると、「あー…これいいねー」「これ…いいかも」と云うの振り返ると、かずマンとエイジさんが道路脇の街路樹に立ったまま頭を預けて目を閉じているwww
どうやら気持ちイイらしい。

ようやくR34を離れて、東脊振トンネルに向かう頃には午前6時。
PC4から20kmの距離をだいたい1時間かけて走ってきた感じだ。
徐々に空が白みかけて夜明けが近いことを知る。
それと同時に全身から睡魔が消えていくのが、不思議なくらいにハッキリと分かった。

気が付けば後ろを走っていたであろう、かずマンとエイジさんの姿が無い。
やがて道は長崎自動車道をアンダーパスし、東脊振トンネルに向けて上り始めた。
さすがに330km以上走ってからのこの上りはかなりハードに思える。
ホントにノロノロと亀のような速さで、少しずつ標高を稼ぎながら、ようやくトンネルの手前にある道の駅吉野ヶ里に吸い込まれるように入っていった。

そしてちょうどその時、東の山から朝陽が昇った。
RIMG5097.jpg
ようやく長かった夜も終わり、無事に朝を迎えることが出来たのだ。

ホッとしたところで、道の駅のトイレで軽量化(笑)
ついでにパットとの擦れが気になっていたのでシャモアクリームをスリスリ♪

道の駅を出るところで、荒玉サトーさんが入れ違いに上って来た。
どうやら自宅でDNFとはならなかったようだw

7:23 345.9km 通過チェック 東脊振トンネル料金所

トンネルまではS藤さんと一緒になって朝のご挨拶。
RIMG5100.jpg
料金所のゲートの手前で携行食をサッと食べて、係員に通行料30円を払うとトンネルへ。

東脊振トンネルを無事通り抜けて、後半の難所である脊振を越えた。
下っていく途中で、坂の下から手を振りながら上ってくるサイクリストが…KOTOさんです。
続けてyuko姐さんも上ってきました。
いっぱい声援を貰って、すれ違いながらの挨拶でしたが、ご夫婦での応援ヒルクライムin脊振 ありがとうございました!

南畑ダムからの下りは舗装がきれいになって走りやすかった。
那珂川まで下ると、1月の嘉麻200kmと同じルートで春日から二日市へと走る。
実はPC4でiPhoneのバッテリー切れて、PCごとに妻に到着のSMSを送信するのだが、これが出来なかったので大佐野の手前にあるセブンイレブンに立ち寄り、公衆電話から妻の携帯に一言連絡を入れた。
ついでにお腹も空いたので、手持ちの残る携行食を食べ尽くしてリスタート。

そして最後の米ノ山峠へ。
RIMG5104.jpg
前日と比べて今日は天気が良く、かなり暑くなってきた為、上りの途中でスタート時の薄着に戻した。

毎度のコトだがゴールが近いからか足取りも軽い♪
峠という峠も、これがもう最後。

米ノ山峠もクリア。
RIMG5107.jpg
長かったケド、無事ここまで帰って来ることが出来ました。(まだ10kmくらいあるけどw)

ゴール前残り3kmくらいからは追い風になって、35km/h超で1人パレードラン(笑)

10:27 403.0km ゴール クローズ13:00

24時間27分で認定ゴール。
P3160040.jpg

かずマンさんとエイジさんは、私が道の駅で軽量化中にパスして(笑)、30分以上前にゴール済。
荒玉サトーさんも胃の不調を抱えながら、ギリギリ25時間を切る時間でゴールしました。

このあと先にゴールして車の中で寝ていたryuuta19さんとかずマンさん、エイジさんの4人でなつきの湯にGO!
かずマンさんは落車の傷に耐えながらの入浴でしたw
私は一足お先になつきの湯の食堂でご飯を食べて、そのまま帰宅。

冷水有料トンネルの料金所手前にあるトイレに立ち寄ったところ、たまたま停めた隣の車が荒玉サトーさんだったのですが、目が虚ろで相当疲れた表情でした。
少し話しをしましたが、食べ物も飲み物もまったく受け付けないらしく吐きそうとのこと。
とにかく休みながら気をつけて帰るよう話してその場を後にしました。

さて、これでどうにか1月~3月までの間に200km、300km、400kmまでの認定が受けられた。
SRまで残すは600kmのみ。

…でもでも、今年はそれで終わらないのだ。(たぶん…)

嘉麻400kmに参加された皆さん、スタッフ、サポートの皆様、大変お世話になりました。

またね。

(一部の写真はRADACさん、ワッキーさん、bb1さんより頂いております。)

| ブルベ教のススメ | 23:03 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

同じコースを走っていると、読んでいても臨場感が違いますね!
ウェアの選択、ライトなど参考になります。
また、ご一緒できることを楽しみにしています。

| YuFuku | 2014/03/21 06:51 | URL | ≫ EDIT

山口の人って、白のORBEA乗りの人?
この方だったら私の前からの知り合いでマロンパパさんですよ!
それにしてもリーフさんは胃袋強いね~。
俺も強いほうだけど2回程やられたことがあり、荒玉サトーさんの辛さがわかります。

今年はダブルSRでしょ。ニヤリ!

| Tok-Mak | 2014/03/21 21:18 | URL | ≫ EDIT

>YuFukuさん

季節に因りますが、スタート時は確かに寒いものの、少し走れば温もりますし、特にブルベでは上りでなるべく大汗をかかないようなウエアチョイスと運動強度を心掛けています。
基本薄着なので下りでサッと羽織れるよう、ウインドブレーカーはポケットとかに忍ばせてありますし、ベストならもっと嵩張らないので、夏でも峠の下りでは重宝します。

記事では触れませんでしたが、今回すべてのライトの電池は無交換で夜明けまで過ごしましたが、個人的に走行は特に問題ありませんでした。

| リーフ | 2014/03/22 01:32 | URL |

>Tok-Makさん

先日はサポートありがとうございました。
あとで確認してみましたが、山口の方はマロンパパさんで間違いありませんでした。

私も胃腸のトラブルは経験あります。
皆さん一度は経験があるようですね。
最近のブルベでは途中空腹になる事がないよう、空腹を少しでも感じたり何か欲しくなったら、PCまで我慢せず途中で停まってでも何か口にするように心掛けています。
特に夏場は水分の採り過ぎで胃が荒れやすくなるので、特に注意が必要だと感じます。

…やっぱ狙いは分かりますか。ニヤリw

| リーフ | 2014/03/22 01:42 | URL |

初めまして、ミスコースから救っていただいた山口のマロンパパです。
先日のブルべでは大変お世話になりました。
土地勘もない夜の道をご一緒していただいたおかげで何とか完走できました。
今後ともよろしくお願いしますm(__)m

| マロンパパ | 2014/03/22 20:08 | URL | ≫ EDIT

おつかれさまです!
読んでいるだけで足がつりそうになる記事ですね。
よく知っている道を走っているだけに、
余計にきつさが伝わってきましたwww
今年で私も20歳です(笑)
酒・たばこ・パチスロよりブルべがきになります

| FELT少年 | 2014/03/27 14:03 | URL |

>マロンパパさん

その節は一緒に走って頂きありがとうございました。
認定完走おめでとうございました!
こちらこそよろしくお願いします。

| リーフ | 2014/04/16 16:39 | URL |

>FELT少年さん

そうですね、もうそんな年頃ですよね。
ブルベにエントリーする前には、一度主催者のHPで必読事項をよく読んでおいて下さいね。
特に保険の部分が厳しくなったので。
いつかブルベで一緒に走れる日を楽しみにしています。

| リーフ | 2014/04/16 16:44 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://charipota.blog90.fc2.com/tb.php/375-52d539de

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。