お前は何ば目指しよっとか◆熊本荒尾玉名大牟田の自転車好きと楽しむ、リーフの自転車回想録

ロードバイク・バッソ リーフを駆って自転車のあれこれに勤しむ、ゆかいなチャリバカ達(笑)との自転車回想録です。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

初めてのUVEXアイウエア 『 ACTIVE SMALL VARIO 』

10月に自転車で使っているアイウエアを変えました。
使い始めて2か月ほど経ったのでちょっとしたレビューでも。

新たに選んだのはUVEXのACTIVE SMALLというモデル。
IMG_0009.jpg
標準で調光レンズ仕様になっており、その名が示す通り一般的なタイプより小ぶりなフレームサイズになっています。


UVEX社はウインタースポーツで使われるスキーゴーグルで有名なドイツのメーカーであり、世界で最初に紫外線から目を保護するレンズを製品化したメーカーでもある。
histry.jpg

安全ゴーグルも製造しており、アメリカの工具メーカーSnap-On社で売られているセーフティーゴーグルはUVEX社製である。

とりわけレンズ内外の温度差が激しいウインタースポーツにおける最大の課題にレンズ内の曇りがあるが、UVEX社はこの曇りに対し独自のコーティング技術を持ち、その性能は同じ環境下で他社の追従を許さないとのこと。
antifog.jpg
その技術はサイクルシーンはもちろん、テニスやマラソンといった用途のスポーツグラスにも使われている。

曇りに関して自転車の場合は走行中よりも停車中に発生する。
実際には信号や踏切で停車と同時に曇りが発生するので、アイウエアを外し曇りを拭うといったシーンが度々起こっていた。とはいえ、これまで使ってきたアイウエアにも何らかの曇り止めが施されていたと思うし、すでにその機能は低下していたかもしれないけど…。

UVEXの場合、昨今の早朝の冷え込みが厳しくなった頃に感じたことだが、停車してすぐにレンズ下からジワッと曇り出すが全体を覆うまで行かずに、頬に近いレンズの下側3分の1あたりだけが曇っているだけで視界が完全に塞がれることは無かった。
特にストレスに感じることもなく、走り出せばすぐに曇りは完全に無くなる。
この曇り止めついては概ね満足しているし、説明通りの性能を有していることは間違いなさそう。

これまで使っていたのはイタリア生まれのRUDY PROJECT社のもの。
s-IMG_4730.jpg
地元の自転車仲間D氏が使っていた影響もあって、その中からEXOWINDというモデルをチョイスしました。
標準で調光レッドカラーのレンズがセットされていたものです。

ただ私は全体的に顔が小さく細い輪郭なので、この時選んだEXOWINDのフレームは正直大きかったです。
P9210063_201412042039128b5.jpg
特にテンプル部は調整が出来るタイプではなく、形状も太くてホールド感が強かったことから耳に架かる箇所が食い込んだようになり長時間装着すると痛みがありました。
なので直に架けることはせず、必ずキャップを被った上からアイウエアをするようになりました。

その点今度のUVEX・ACTIVE SMALLは女性や小顔の人でもフィットするよう全体的に小さ目に作られています、
IMG_0013.jpg

以前は余るくらい長かったテンプルも適度な長さになり、調整してフィット感が出せる様になりました。
IMG_0011.jpg
もちろんノーズパットも自由な位置に調整することが出来ます。

そして何よりも軽い!その代りよくズレるようになった気が…ホールド感は引き換えか。
RIMG5533.jpg
でもその軽さが付け心地の軽さを生み出し、着けてることを時々忘れてしまいます(笑)

調光機能に触れると、以前のEXOWINDでは調光範囲が可視光線透過率21~50%でしたが、
Box_lentePhotoRed.jpg
variomatic.jpg
ACTIVE SMALLでは17~77%ととてもワイドになりました。

一番明るい(薄い)状態。77%といえば自動車のフロントガラス並みなので完全にクリアですね。
IMG_0012.jpg

一番暗い(濃い)状態。17%は一般的なサングラスと同じくらい目線を遮るほど。
IMG_0017.jpg

日中の晴天下の場合で、2つの変化は概ね30秒程度で行われるようです。

昼夜を問わず走り続けるブルべではEXOWINDの調光範囲でも何とか対応して行けましたが、10月に行われた1018嘉麻300kmでACTIVE SMALLを使用した夜間走行では、クリアレンズ状態ということもあり真っ暗な峠のダウンヒルでは余裕を持ってこれまで以上に安全に走れることを実感できました。
昼間は結構黒くなるので余計な光を遮っているのがきちんと感じられたので、ブルベはもちろん通勤で自転車に乗られる方にも調光範囲がワイドな調光レンズにこそ使って欲しいと思いました。

実は今回アイウエアを変えた理由の一つに、EXOWIND用の交換レンズにあった調光クリアレンズがラインアップから消えたことがあります。
んで先に述べた曇り止め性能に魅力を感じ、次に替えるならUVEXと以前から決めていたので、今回思い切って変えてみた次第。
調光レンズ仕様の割には安かったこともあり気に入っております。

またね。

| 自転車をいじる | 00:01 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://charipota.blog90.fc2.com/tb.php/400-568cfedb

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。