お前は何ば目指しよっとか◆熊本荒尾玉名大牟田の自転車好きと楽しむ、リーフの自転車回想録

ロードバイク・バッソ リーフを駆って自転車のあれこれに勤しむ、ゆかいなチャリバカ達(笑)との自転車回想録です。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

BRM314熊本400km 春の天草を5人で駆け抜けた23時間半。

PCの画面上には 【種 目】BRM314熊本400km(3/14 熊本)の文字が。

ポチッ♪

エントリー締切30分前の出来事。

先月の嘉麻400kmも走ったものの、今年の私はまだ300kmの認定が無い。
いずれ行われるであろう10月の300kmで取ればいいのだが、出来れば月イチでブルベに参加して早々にSR達成をキメておきたい気もする。
今回は地元のブルベ仲間であるY永君が初めて400kmに挑戦するということと、SR達成に必要な認定には長い距離で短い距離を代替できるルールがあるので、今回の400kmは300kmの認定として走ろうと思う。
10月の300kmはスタッフに徹して走る事が出来ないかもしれないし、この先の予定なんて判らないから走れる時にいま走るのだ。
brm314_log.jpg

そして迎えた3月14日の当日は晴れ。そして翌日は早朝からまたも雨予報だ。
前日はギリギリまで悩んで、結局先月の400kmとほぼ同じ装備とバイク仕様で行くことにしたが、結果的にこの選択は間違っていなかった様に思う。

主催クラブ指定の駐車場には12時半頃到着。ブリーフィングは13時半からだがスタート地点まで少し離れているので着替えや準備を少し急ぐ。
周囲には先月の嘉麻400kmを走った参加者も多く、準備をしながら当時の苦労話や笑い話が聞こえてくる。

14:00 スタート 上立田竹後公園

RIMG5754.jpg
Y永君と一緒にスタート地点に到着すると、ワッキーさんやお久しぶりのtokさんが応援に。
熊本ではお馴染みGINRINのN村さんとokdさんのお二人とは、今回最後までご一緒させて頂きました。
先月の嘉麻400kmで茶のこのマツさんから紹介して頂いた鹿児島水曜会のY内さんもエントリーしてました。
RIMG5755.jpg
風邪気味とのことで、今回はチーム セカンドウインド鹿児島のK清さんを連れてゆっくり走られるそうです。(でも21時間台と十分速いゴールだったと思いますw)

今回のブルベではクイズポイントが3箇所あるが、クイズの内容は全部で3パターンあって参加者によって違うという今までにない凝った仕組み。今回は幾つかの島へ渡るがそこに架かる橋で参加者同士がスライドするので、教え合ったりするのを防ぐ狙いがあるのかなと。
また副代表の試走によれば、PC1のコンビニレジの時刻が30分進んでいると、ブリーフィングで説明がされその場一同が爆笑。ゴール時にはレシートに印字された時間より30分差し引くとのことだった。


スタート後はR3北バイパス→R57東バイパス→田井島R266と交通量多い区間を進みながら郊外へと向かう。
RIMG5757.jpg
HIヒロセの交差点でGINRIN I本女史が応援、ありがとうございました!

長い車列のパックだったが松橋市内の信号で分断されつつ、いよいよ宇土半島に突入。
RIMG5759.jpg
RIMG5760.jpg
日差しもあり暖かな春の陽気で気分も上々。やや追い風だったこともあり脚もクルクルよく回りました(笑)

そして三角の手前から最初のPCがある戸馳島に渡ります。
RIMG5765.jpg
okdさんによればここは自転車の練習にも来るそう。車の往来も少なくのどかな島内の道を進みました。

16:11 53.6km PC1 Yショップはしぐち クローズ17:42

ありました。Yショップ。田舎にある個人商店です。
RIMG5766.jpg
とはいえそんなトコでもランドヌールにしてみれば道のオアシス。
サポートにはお馴染み清ちゃんも居られ、ここではアンパンと野菜ジュースを食べた。
気温が高いのでドリンクの消費が早く、アクエリアスで満たしてからのリスタートでした。

島内をグルッと走って再び橋を渡りR266に復帰、次はいよいよ天草です。
一号橋を渡って大矢野島に入ると再び交通量が一気に増えるが、次はクイズポイントのある維和島に向かうためルートは国道から離れていった。
間に島を挟み、2つの橋を渡って維和島へ。
RIMG5769.jpg
RIMG5771.jpg
橋自体は立派だが幅員はどれも狭かったのが印象的。

程なくしてQP1に到着。
RIMG5775.jpg
RIMG5774.jpg
私の場合郵便ポストにある文字(答えは大桜)だったが、人によってはその先の中学校にある石碑の文字だったりした。

維和島を離れて再びR266と合流し、天草五橋の残る2~5号橋を一気に渡り上島へ上陸する頃には日没となっていた。
RIMG5776.jpg
天草本渡へ向かう車のほとんどは松島から有料道路を利用するため、交通量はここから一気に減って走りやすくなる。
リップルランドに途中立ち寄り、トイレ休憩と本格的な夜間走行の準備を整えた。
RIMG5778.jpg
そこからしばらく走るとループ橋を渡って、次はいよいよ今回のメインステージ 下島に上陸です。

天草市内に入り、19時過ぎに全員ですき家で食事。遅れてサトーさんも合流されました。
RIMG5780.jpg
RIMG5781.jpg

すき家を全員でリスタートするも私は途中で電話が入り、その後は30km先のPC2まであとを追うように一人旅でした。
集団内で走ればそれなりに楽も出来るけど、とはいえやはりブルベはソロが一番。
車間や走行ラインとか誰に気を使わなくていいし、特に夜間走行は淡々とペースを刻んでいった方が反ってよく進みます。
自身のバイクから放たれた光源のみで前を照らした方が、周囲の影や余計な情報が入らず、より集中してより安全に走れると私は考えているからです。

二江漁港を過ぎる頃には前方にいくつかのテールライトの明かりを捉えはじめ、芦北までそのままの間隔を保ちながら静かな夜のソロを楽しむのだった。

20:37 145.1km PC2デイリーヤマザキ天草苓北店 クローズ23:40

そもそも事前のプランでは21時半到着のつもりだったので、結構速いがなかなか良いペース。
RIMG5782.jpg
すき家で食事をしてまだ時間が経ってはいなかったこともあり、とりあえずまたアンパンと野菜ジュースで小腹を満たした。

ここから次のPC牛深までは60km、天草サイクルマラソンというサイクリング大会のAコースと同じルートを逆に辿って進む。
下田温泉がある下島の西海岸を走るルートだが、毎回北西からの強烈な向かい風が大会の名物ともなっている。
この日は夜になって風も穏やかになり、大会とは逆の南下するルートだったこともあり影響は無かった。
天草灘に広がるブルーの海を右手に見ながら、険しい西海岸のアップダウンとトンネルを進むのだが、そんなサンセットラインと呼ばれる天草らしい一番のロケーションは夜の闇に消えて何も望むことは出来ない(笑)

河浦まで走るとRICマートでトイレ休憩を挟み、牛深までは残り20kmほど。牛深ハイヤ大橋を渡った先にPCはある。

23:33 204.3km PC3 デイリーヤマザキ天草牛深店 クローズ03:36

牛深市内に入ると集団から離れて停まり、ライトアップされた牛深ハイヤ大橋を撮ってみたがピンボケしていたw
RIMG5784.jpg

PC3にはプランに対しやはり1時間ほど速いペースで到着。全体で見ても前半200kmを10時間切りで走ってきたことになる。
ただこのあと雨予報なのでその分出来るだけ先に進んでおきたいところではあるが、ここから天草市内まで戻るルートにはコンビニが全く無い区間を通過する。
ここではおにぎり1個とレンジ調理の肉うどんを食べ、補給食にワッフルとレッドブルを買ってバッグに忍ばせておいた。
ちなみにレンジ調理の肉うどんは生温かったので、店員に再加熱して貰うも今度はやたらと熱かった(笑)

ここでは長めの休憩を取って着替えや雨支度をするランドヌールが多かった。
私もファイントラックのインナーの上から厚手の保温インナーを重ね着し、上から水曜会長袖ジャージを着用。アウターにウインドベストを羽織った。

リスタートしたときはGINRINと水曜会による5人のパックだったが、いつの間にか7~8名ほどに膨れ上がっていた(笑)
牛深からは長島海峡や八代海を右手に海岸線に沿ってK26を進むが、道は狭く暗い場所も多かったこともあり、20km/hくらいの速さでゆっくり走った。
RIMG5786.jpg
お陰で走りながら互いにおしゃべりして楽しかったし、時間と共にいつの間にか距離も進んでいい足休めになりました。

中田港を通過するとやがて今回のブルベで一番の山登り、第二のクイズポイントのある みどりの村キャンプ場 までの激坂ヒルクライム。
丑三つ時の新和町の山中に、ランドヌールの激しい息遣いと悶絶した呻き声が響き渡ります(笑)
鍼治療で緩和した腰痛が再び大爆発しそうでした(焦)

午前2時50分頃、息も絶え絶えみどりの村キャンプ場の管理棟に到着。
RIMG5787.jpg
RIMG5790.jpg
ここでのクイズは案内板にある海水浴場までの距離(答えは3.5km)でした。
そろそろ私は仮眠をしたい頃だったが、GINRIN N村さんが20km先の本渡のジョイフルまで走ろうと提案されたのでそれに従います。

先ほどの上りも凄かったが、下りはコンクリ舗装で道が悪くしかもかなり長い距離を下ったように思えた。
再びR266に復帰すると本渡までは残り10kmほど。眠気を我慢しながらまだかまだかとジョイフルを目指す。

午前4時過ぎ、9時間ほど前にも通過した天草市内に再び戻って来た。つまりほぼ海岸線に沿って下島を一周してきたのだ。
一緒に走っていたNISHIDA@カエルさんとミニベロさんがネカフェで仮眠すると集団を離脱。
残るGINRIN&水曜会の5名は予定通りジョイフルに向かう。

入店してしばらくすると窓に雨粒が。やがて本格的な降雨へと変わっていった。
夜明けを待たずにとうとう降り出したが、ここまで濡れずに済んだのは幸運だったと思う。
RIMG5791.jpg
とにかく眠かったのでうどんを食べて直ぐ、隅っこの長椅子で横になったものの店内が明るくあまりよく寝れなかったように思う。
寝たのか寝てないのかよく判らないまま、Y永君に起こされてハッとした。時間は午前5時10分。

雨は一向に止む気配は無く、きっとこのままゴールまで降るだろうと予想した。
一旦自転車までレインウエアを取りに行き、席でそれらを身につけた。
店を後にするとき別の席に居た御夫婦から声を掛けられ話をすると、水曜会のメンバーであるミキティ姐さんのお知り合いだという方だった。
ちょうど店をリスタートした時には入れ違いでGENさんがジョイフルに到着。

さて長かった下島をあとにし、ここからいよいよゴールの熊本を目指すが、そう真っ直ぐには帰れない(笑)
再び上島に上陸すると往路と反対側の姫戸倉岳方面へと走らせた。
そして長かった夜が徐々に明け始めたが、ジョイフルでの仮眠が浅かったのか、夜明けと同時に再び眠気に見舞われてきた。
うっとしい雨、前走者が巻き上げる水しぶき、疲労とアチコチ痛む身体、繰り返されるアップダウン…。
ブルベをやる私にとって一番辛い時間。そして我慢の時間。切れそうになる集中力をギリギリのところで束ね直す。その繰り返し。

棚底港のある湾をグルッと回って、そこからプチ悶絶ヒルクライムするも眠気は解消されず、益々グロッキーな状態で第3のクイズポイントがある桶島に渡る。
RIMG5794.jpg
RIMG5793.jpg
島の奥まで進んだ先にある神社の鳥居。そこの立札に書かれた文字(答えは下桶川区長)を答えるものでしたw

ジョイフルをリスタートして約2時間、お腹も空いてきたしちょっと休みたかったので、屋根のある自販機コーナーに入って皆で休憩。
RIMG5795.jpg
補給食を多めに食べて缶コーヒーで温まると、少し落ち着いて元気が出てきた。まだ少し眠いけど。

RIMG5796.jpg
桶島に至る道の途中で数名のランドヌールとスライド。その中には長崎N田さんやネカフェで仮眠したNISHIDA@カエルさんとミニベロさんの姿も。

まだまだ雨は止む気配など無く、シトシトと降り続いている。
いつしか眠気も過ぎ去った様だが、今回は走りながらの回復が追いつかず疲労が溜まり続けている感じがする。
前半のハイペースが祟ったか、あるいは断続的に繰り返される坂に傷めつけられたか。
正直言ってもう疲れたw
パックの最後尾をヒラヒラ着いて走り、ようやく松島まで戻って来たところで10時間ぶりに見たこの日最初のコンビニに立ち寄った。

カレーまんを食べながら、バッグの奥に仕舞い込んでいたレッドブルを思い出して胃袋に流し込む。
ゴールまで残り70km。途中の宇土マリーナで最後の休憩で立ち寄る事を確認し、再びグショグショのグローブを身に付け走り出す。
5号橋の手前はかなり渋滞しており、これに続く天草五橋は後続車の接近や追い越しには神経を使った。
後半になってペースを落としたり適時休憩を入れたりしたが、終盤に入ってもプランに対し30分ほど早く進んでいる。
最後の1号橋を渡り三角まで戻ると交通量は一気に増え、荒れた路肩に難儀しながらも黙々と距離を刻む。

前を走るY永君の走りがおぼつかないので声を掛けると、眠気と戦い苦しんでいる様子だったが、幸い宇土マリーナまではあと5kmくらいだったので励ましながら全員揃って最後の休憩に向かった。
RIMG5799.jpg
トイレと少し長めの休憩を取る。ゴールまであと30kmくらいかな。残っている補給食を食べながらベンチで談笑しているうちに、ゴールへの確信と安堵感からか笑顔が見られるようになった。

宇土まで戻ってR501との交差点でY永君のリアタイヤがパンク。
RIMG5801.jpg
RIMG5800.jpg
修理が終わる頃にはいつの間にか雨も止み、空も明るくなった気がする。
パンク修理にもめげず笑みも絶えない。ゴールはあと少しだ。

13:33 400.3km ゴール 弓削中公民館 クローズ17:00

認定時間は23時間33分。

GINRINのN村さんとokdさん、水曜会のサトーさん、Y永君、そして私の5人。
終始苦楽を共にした仲間達と走り続けた23時間半。最後まで5人一緒のゴールでした。
一緒に走って下さった皆さんありがとうございました。
Y永君は初400kmで認定完走、サトーさんはリベンジを無事果たしての完走となり、お二人共お疲れ様でした。

先月の嘉麻400kmと打って変わって、私自身は特にネタもなく今回は無難にゴール。
とはいえ、ただでさえキツい400kmがいつもに増してエラく疲れたブルベとなった気がします。
400kmで24時間切ったということもあるけど、いつも以上に頑張り過ぎたのかもしれません。

来月はチームで走るブルベ「412広島フレッシュ」に参加です。
24時間で360km以上を走ります。詳細はまた今度。

またね。

| ブルベ教のススメ | 23:50 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

リーフさん

今回は、ネカフェまで皆さんに引いてもらって
大変楽しく走らせて頂きました。
本当にありがとうございました。
※写真もありがとうございます。

私たちは、ネカフェでシャワーを浴び6時まで
約2時間ゆっくり仮眠することができました。
ミニベロ(坊主頭さん)さんは、まったく
寝れなかったそうですが。
※私は昨年も利用していたので店の方が
 覚えてくれていました。

リスタートして樋島ですれ違うあたりまでは
眠気はなかったのですがその後、二人とも
眠気に見舞われ、コインランドリーで
20分ほど仮眠休憩とりました。

残り30kmで坊主頭さんがパンクして
ミニベロだった為チューブ交換よりパッチ
修理が速いと判断、私も初めてのパッチ修理
を拝見して、大変勉強になりました。

最後まで2人でゆっくりとPBPやSR600
に挑戦するかどうかなど話しながらとても
有意義なブルベになりました。

今週も嘉麻600kで同じメンバーだらけ
本当に変態が多いですね。
でもそんな仲間が好きです!

これからもよろしくお願いします。

| NISHIDA@カエル | 2015/03/19 08:52 | URL |

フレッシュってこんな感じ?

今回もお世話になりました。
いつもは行けるとこまで行く的なペース配分ですので 
今回は大変参考になりました。

今回も代表の狙い通り悶絶してしまいましたので、
登りで足を残せるように大きめのカセットを検討しています。

4月はどのカテゴリーにするか検討中ですが同じコースになるようでしたらよろしくお願いします。




| okd | 2015/03/23 21:23 | URL |

>NISHIDA@カエルさん

これの前の嘉麻400では替えチューブをお貸し頂きありがとうございました。本当に助かりました。
それに続き3月の天草も雨で、これはこれで大変でしたがNISHIDAさんを始め、皆さんとご一緒出来て楽しかったです。
場所によって参加者とスライドすると、一人じゃないんだって元気が貰える気がします。
またご一緒させて下さいませ!

| リーフ | 2015/06/08 10:46 | URL | ≫ EDIT

>okdさん

その節はご一緒させて頂きありがとうございました。
勝手知ったる地元の仲間たちと走るのは、心強く安心感があっていいですね。雨は何かと大変でしたが、一緒に走ってくれた仲間がいたからこそ最後まで頑張れたのだと思います。
次回はBRMの600kmをどこかで走る予定です。7月の福岡か9月の熊本か。
あ、okdさんSR達成オメデトウございます!私も頑張ります(笑)

| リーフ | 2015/06/08 10:53 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://charipota.blog90.fc2.com/tb.php/402-c88597d2

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT