お前は何ば目指しよっとか◆熊本荒尾玉名大牟田の自転車好きと楽しむ、リーフの自転車回想録

ロードバイク・バッソ リーフを駆って自転車のあれこれに勤しむ、ゆかいなチャリバカ達(笑)との自転車回想録です。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

俺のSR600日本アルプス・エピローグ

日没の時間はすっかり過ぎて、駅前の街頭には明かりが灯っている。
頭上を見上げれば黒い雲が覆い始めて、時々空が鳴っている。

駅向かいの土産物店に行き、軒先のコインロッカーで預けていた荷物を回収。
DSCF9380.jpg
3日以上が経過しており普通であれば追加料金を投入するのだが、鍵を差し回すだけですんなりと荷物が取り出せた。
お店を覗くと既に閉店していたようで、コインロッカーを使わせてくれたお礼を兼ねて、明日また下呂を発つ前にここで何か買って帰ろうと思う。

下呂温泉は兵庫の有馬温泉、群馬の草津温泉に並ぶ日本三大名泉の1つ。
団体や旅行で訪れる人気の温泉地でもあることから、老舗の高級旅館や大型の観光ホテルが下呂温泉の大半を占めている。なので素泊りで気軽に泊まれるビジネスホテルや安宿を見つけるのは難しいと思われたが、そんな中において下呂のお湯が楽しめて素泊りOKの安宿を見つけていた。

やすらぎの宿 松村屋 1泊素泊り4000円+入泉税150円
DSCF9379.jpg

実は下呂駅に向かうルート上にあり、ゴール直線には一度この宿の前を通過していた。
玄関前に車1台が余裕で停められる大きな軒先があって自転車はそこに置かせて貰う。
ご主人に挨拶しチェックインしていると、外からザーッ!と大きな雨音が聞こえた。
見るとバケツをひっくり返したかの様な大雨だった。
宿の到着があと2~3分遅かったらこの雨でズブ濡れになっていたかもしれないと思うと、今回のブルベは最後まで本当に運が良かったんだって思った。

部屋に案内されて荷物を置くと、すぐに着替えだけ持ってお風呂場へ。
民宿とかにありそうなこぢんまりとした浴室だがお湯は間違いない。
僕の地元からも近い山鹿や平山温泉の様にヌルッとした含みを感じたが、お湯がとても柔らかく肌の上をサラサラと流れていくのを一番に感じた。
毎回こんないいお湯に浸かれるとは限らないが、何にせよブルベの後に入るお風呂はとにかく最高だ。
僕の場合この為にロングを走っていると言ってもいい。


お風呂の次は夕食を食べに外へと繰り出す。
先ほどまで雨が降っていたのか路面はビショビショだったが、今はとりあえず上がったみたいだ。

旅館やホテルが立ち並ぶメインストリートを歩きながら、鰻か飛騨牛か…下呂で味わえる2大グルメで悩む(笑)
んで、目に付いた居酒屋のカウンター席に座り注文したのは…

飛騨牛のビーフシチュー
DSCF9369.jpg
DSCF9371.jpg
下呂の飲食店がGグルメと称して、その店オリジナルの飛騨牛を使ったビーフシチューを提供しているとのこと。

濃厚なシチューとトロットロに煮込まれた飛騨牛がゴロゴロ入って大満足。
DSCF9372.jpg

お次は…A5ランクの飛騨牛ミニステーキ!!!
DSCF9373.jpg
肉と脂のハーモニー♪もう何も語るまい。美味しかったです!

小一時間ほど滞在したのち、〆のつもりで帰り道に見つけたラーメン屋へ。
DSCF9374.jpg
醤油とダシの効いたあっさり目の和風ラーメン。
シンプルなトッピングがどこか懐かしさを思わせる。
地元の常連でそこそこ賑わっていて、おばちゃん二人でせっせと切り盛りしている様子だった。

翌朝、宿にあるコイン式の洗濯機でバイクウエア一式を洗う間、コンビニまで朝飯を買いに行くついでに周辺を散策。
DSCF9375.jpg
DSCF9376.jpg
DSCF9378.jpg
夜中に雨が降ったらしく路面はまだ所々濡れているが、今日は午後に向かって天気は回復に向かうらしい。

部屋に戻って朝飯→朝風呂→洗濯物を回収→パッキングまでを流れ作業で済ませ9時半にチェックアウト。
バイクに乗って駅前の土産物店に向かうがケツが痛い(笑)
そして積載を解いた僕のバイクの軽いこと軽いこと。
あんな重い状態のバイクで毎日4日間、あんな坂やこんな山を上ったもんだ。

土産物店に行きコインロッカーのお礼を言うと、本当にあんなトコまで自転車で行ってきたのかと逆に質問攻めにあったりしたが、購入したお土産を自宅までゆうパックで送るついでに、もう必要の無いバイクアイテムも一緒に箱詰して貰った。

身軽になったし、列車の時間まで2時間くらいあったので、もう一回温泉入りに行く(笑)
宿で貰った割引券を握りバイクを走らせ向かった先は、下呂温泉の源泉タンク横にあるクアガーデン露天風呂
2015-06-07_080713.jpg
平日の午前中とあってか、広い露天風呂は貸切状態。
洗い場に並んだケロリン桶が懐かしさを感じずにはいられない。
最後までのんびりゆったりと、下呂での短い滞在をこうして楽しみました。

再び駅へと戻り、自転車を輪行するための準備。
飛行機に預ける状態にするため、ペダルを外し、タイヤの空気も最初から抜いておく。
行きと違い名古屋駅を経由したくなかったので、岐阜までの特急自由席券を買い、岐阜からは名鉄線で中部国際空港行きの直通特急で向かうことにした。
これだと行きの方法と比べて移動時間が30分長いものの、運賃が1200円も安くなる。

12時21分発のワイドビューひだ8号に予定通り乗車。
ホームに並んだ多くの人は指定席だったらしく、もしかしたら座れないかも…と思っていた自由席はスカスカで、背面が壁になっている車両後部の席に座ることが出来た。

岐阜までは約1時間10分。
岐阜駅の改札を出て、名鉄のりばの案内を探すが見当たらない…GoogleMapで調べると…なんと!駅がそれぞれ離れている。
一度下りた地上から再び2階の連絡橋まで上り、輪行袋を抱えて5分ほど歩くと、名鉄の券売機に着く頃には全身から汗が滝のように溢れ出ていた。

ホームに行くと電車は既に到着済み。
DSCF9385.jpg
DSCF9386.jpg
DSCF9384.jpg

Perfumeライブの中吊り広告を発見。
DSCF9383.jpg

所要時間約1時間で中部国際空港に到着。
DSCF9389.jpg
到着ホームにあったカートに輪行バイクを載せたまま、改札を出てそのまま空港ロビーに行けるのはとても便利。

チェックインの開始時間に合わせてバイクを預ける。
セントレアはチェックインカウンター前で受託手荷物をX線検査機に掛けるシステムで、これまで経験した福岡や成田とは流れがちょっと違っていた。
輪行状態のバイクはそれなりの大きさがあり、荷物の自立もしにくので、検査機に通る通らないで係員も迷っていたが、通すだけ通して問題なくパス。
カウンターでのチェックインはペダルと空気圧のチェック、免責事項のサインとこちらはスムーズに手続き出来ました。

身軽になったところで遅めの昼食を食べに、1フロア上の階にあるレストラン街の“ちょうちん横丁”へ。

味噌カツ屋、鰻屋、飛騨牛ステーキ屋、親子丼屋…
迷いに迷って、きし麺とひつまぶしが食べられるお店に入って、その両方のセットを頂きました(笑)
DSCF9390.jpg
特にこのきし麺のお汁が美味しくて大好きな味付けでした。

まだ時間があったのでお土産を見て回って、自宅用に赤福を買って行きました。。
あとは展望デッキで見学。
DSCF9393.jpg

搭乗時間も近くなっていたので、保安検査場を通って搭乗ゲートへ。
来たときと同様、ターミナルの一番端っこに近い搭乗ゲートだったので、幾つものオートウォークを乗り継いでいく(笑)
中部国際空港は沖留めじゃなく搭乗ブリッジで機内まで行けるようだ。(来るときも降機する時そうだった)
DSCF9395.jpg

帰りの機内は3列シートの真ん中。
窓側は結婚式帰りっぽい?スカした兄ちゃんだったが、通路側は佐○木希似のキレカワなおねーさん。
1時間ほどのフライトであっという間に福岡空港に到着。
DSCF9396.jpg
19時過ぎの到着でしたが、もう9月ともなるとこの時間はすっかり夜ですね。

19時台の荒尾行き高速バスは行ってしまったので、次の20時台のバスに乗って帰る。
荒尾の到着は22時を過ぎるが仕方ない。
バスは南関ICを降り、やがて車窓には見慣れた町並みや通りの様子が流れ出すと、とうとう帰ってきたんだとジワリと実感。
4日前と同じバスセンターで降りると、妻が運転する車が迎えに来てくれていた。

ルームランプに照らされ、4日ぶりに見た妻の表情は少し呆れた様子にも見えたが、たぶん気のせいだろう(笑)
「ただいま~」
つい先までの非日常から、当り前の日常に戻る。
夢から醒めた気分、どこか寂しい気分に似てる。

だが愁いを帯びることはない。
日常に戻れることは、無事に帰って来られたことの証。
一眠りして疲れを癒し、そして感謝しよう。
どうせ懲りもせず、また明日から次の着地点探しが始まるのだがら。

次はどこを走ろうかな。

俺のSR600日本アルプス 【おわり】

| ブルベ教のススメ | 23:54 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://charipota.blog90.fc2.com/tb.php/430-4845029a

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。