お前は何ば目指しよっとか◆熊本荒尾玉名大牟田の自転車好きと楽しむ、リーフの自転車回想録

ロードバイク・バッソ リーフを駆って自転車のあれこれに勤しむ、ゆかいなチャリバカ達(笑)との自転車回想録です。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

BRM122熊本200km。水俣往復は強風との戦い(激疲)

この前2017年を迎えたばかりなのに、気付けばもう2月。
早いですね…ブログの中ではすっかりご無沙汰しておりました(^^;

冬場は比較的暇な事が多い私の仕事も、昨年末から依頼が切れることなく続いていて、とにかく忙しい毎日を過ごさせて頂いています。有難いことです。
そんな訳で自由な時間は疎か、自転車に乗る機会も少なくなってはいるものの、何とか仕事をこなしつつ1月はブルベを2本走る事が出来ました。
そこで2017年最初の投稿は、BRM122熊本200kmに参加した様子から書き記したいと思います。



7:00 スタート ひかりのもり公園

3:50起床、身支度して4:20くらいに自宅を出発、スタート近くの指定駐車場には5時ちょい過ぎ。僕はいつも準備にモタモタしてたり忘れ物が多いので、ブルベの時は1時間半から2時間前には会場入りして、直前まで天気予測やウエアリングを考えたり軽く食事ながら車内でゆっくり過ごす事が多い。というより、そうする様にしている。

たぶん一番乗りだった駐車場にもぞくぞく参加者の車が増えて、隣には水曜会のY永君、その隣にはリカンベントで参加のGENさんが停めたので、ちょっと遅めの新年のご挨拶をする。

この日の天気は午前中は雨、お昼までには止むと予想するも北からの風が終日強く吹きつける感じ。今回のルートは熊本市内から南下してほぼ中間地点の水俣市から折り返して再び北上する。特に後半はずっと向かい風にやられていそうな予感。

30分前くらいにスタートの公園に移動。
DSCF0424.jpg
今回参加するレジェンドMAYAさんがご友人と一緒に来熊していたが風邪っぽいとのことでDNS。その代わりお見送りに。他にも清ちゃんや福岡からたいかんさんの姿も。一方の参加者も見知った方達ばかりで、昨年末のなんちゃってブルベに参加してくれた人やヘブンライドでご一緒した人も。

僕にとってBRMは昨年の611宇城400km以来7ヶ月ぶり。ロングライド自体も久しぶりなので、とりあえず身体を慣らすのと勘を取り戻すつもりで、時間内に完走出来ればそれでいい。時間になったのでeTrex30をリセットしてスタートした。


雨はパラパラと降ったり止んだり、路面はウエットで前走者が跳ね上げる泥水が辛い。
降雨のお陰もあり朝の最低気温は4℃とそこまで下がらなかったものの、北からの強い寒気と曇り空で日中は最高10℃程と寒い一日だった。

この日のウエアはドライレイヤーとベースレイヤーの薄い長袖インナー2枚重ねで発汗を調整、カステリのマナッジアジャケット、AJ反射ベストの3.5枚。ボトムは夏用レーパンの上からパッドと肩紐の無いウインドブレークタイツ。足元はファイントラックのスキンソックスとメリノウールソックスの2枚履き。そしてSIDIのGORE-TEXウインターシューズ。手はメリノウールのインナーにBBBの中厚手グローブ、早朝の寒さ対策にモンベルのサイクルウォーマーを被せた。

特にこのモンベル サイクルハンドウォーマーはオススメです。

今使っているグローブの上から被せるだけで、-5℃対応とか謳う高価格帯のグローブよりもはるかにいい仕事をしてくれて、(感じ方に個人差はありますが…)グローブに走行風が直接当たらなくなるだけでこんなにも冷えなくなるのかと驚く筈です。僕のは前モデルですが、現行モデルは人差し指と中指がセパレートになったのでロード用のSTIが操作しやすくなりましたよ。僕も買い替えるつもりです。

信号の多いR57を長い一列のパックで進み、それからR266を徐々に郊外に向かって南下を始めた。風の吹く方向は一定ではないようで、時折向かい風だったり横風だったりと序盤から地味に体力が削られる感じ。

世間では6つとか7つあるとか云われる「松橋町松橋」交差点を通過すると、K14を八代に向けて直走ります。一度は小さくなったパックも気付けば再び長い一列のパックに。決して広い道幅とは言えない幹線道路で交通量も多いので、先頭から4番目を走っていた僕は前走者と車2台分以上の車間を保ったまま進む。これだけで車は次々とスムーズに追い越していく。これだけで自転車も車も互いにハラハラしたりイライラすることが軽減されるはずで、結果的に交通は流れやすくなると思う。

9:31 PC1 ヒライ八代高田店(セブンイレブン八代本野町店)クローズ10:33

DSCF0425.jpg

八代の中心部を通り抜けてR3をいよいよ水俣方面へ。
球磨川を渡って八代南インター手前に位置するPCに立ち寄った。
最初に目にしたPC指定のヒライは沢山の自転車で溢れかえっていたので、一緒に走っていたY永君に隣のセブンに行くと告げてそのままスルー。
隣のセブンイレブンもPCに指定されていて、立ち寄るとこちらは貸切状態。トイレもレジも並ぶことなくスムーズにチェックを済ませることが出来た。バナナと缶コーヒーで軽く補給していると、西田カエルさんとか数名もヒライでなくこちらのコンビニに立ち寄られた。

リスタートはY永君のいる隣のヒライに戻らずそのままオンコース。どうせY永君には追いつかれるだろうからと、少しのあいだマイペースでブルベを楽しませて貰った。
DSCF0427.jpg
日奈久を過ぎて赤松トンネルへの長いアプローチを上っていると、思いのほか早くY永君が追いついてきた(笑)慕ってくれるのは嬉しいので、ここから彼とは一度も離れることなくゴールまで共にする。
日奈久くらいからまとまった雨が降り始めて、赤松トンネルを挟んで上りと下りでかなり降られて濡れたものの、田浦を過ぎて海浦から海沿いのK56を走る頃には雨も上がり、おしゃべりしながらアップダウンをこなした。
DSCF0429.jpg
DSCF0432.jpg

芦北からは一旦県道から離れて広域農道の七浦オレンジロードを進むルート。ランドヌール熊本が発足した最初の300kmの時に通った事がある。あの時は深夜だったっけ。真っ暗でよく判らなかったせいもあるが起伏の激しいヒドい道だった印象しかない(;´Д`)

PC1での補給が足りなかったのか、オーバーペースなのか、急に空腹を感じきて走るペースが落ちてきているのが自分でも分かった。尿意も我慢していたのでY永君に声を掛けて止まって貰う。納屋の裏で排尿を済ませ、携行していたスイートポテトとミニ羊羹を一気に口にした。そしてすぐにリスタート。空腹感が収まり少し落ち着いてきたのを感じながら、淡々と回して幾つものアップダウンをこなした。

通過チェック 湯の児スペイン村

津奈木から再び県道に戻り、水俣の手前にある湯の児温泉を目指す。先ほどの補給から時間にして30分くらいが経過し、この頃には再び脚が回る様になってきた。一緒に走っているY永君ともお喋りできる余裕も出てきたし、ハンガーノックだったことは間違いなさそうだ。以後気を付けねば。

通過チェックのスペイン村は小高い山の上にある。キューシートには本日の悶絶ポイントとあるので、R熊本のことだから相当覚悟して上る必要がありそうだ(笑)
案の定15%はくだらない激坂が待ち構えていた。なんとか足を着かず最後まで上る事が出来たが、その急勾配っぷりに危うく登り口にあった病院に送り込まれるかと思ったぜ(*´Д`)ハァハァ

時間もちょうど正午を回っていたこともあり、ここではなんとなくお昼ご飯にしようと決めていた。せっかく来たんだし。ここは観光農園で幾つかお店があったが、奥に佇む見晴らしの良さげなレストランが気になったのでY永君と行ってみることに。
DSCF0438.jpg

ズバリ!当たりでした(*´∀`*)
DSCF0435.jpg
DSCF0436.jpg
DSCF0434.jpg

Y永君はハンバーグ、僕は豚肉のソテー。ナイフとフォークを使った食事でちょっぴりリッチなランチを味わいました。品数も多くて大満足だった割に1000円程度とむしろ安いくらいでした。暖かくなったら家族を連れてまた来たいですね(*´∀`*)
レストランを出て入口まで戻ると園内のフードコートには食事をするOKDさんとお連れの女性の姿が。お互い頑張ろー!

13:24 通過チェック ファミリーマート水俣大黒店

スペイン村から次の通過チェックまではほぼ下りだけで5kmくらい。
ここは元々PCの予定だったけど、スペイン村で食事でもして行って欲しいとブリーフィングで通過チェックに変更された。既に食事をしたばかりだったので水だけ買ってリスタート。

折り返しを迎えて、ここからはいよいよ熊本に向かって北上を開始。しばらく芦北まではR3を進むのだが、途中には以前落車した苦い思い出のある津奈木トンネルを越えていく。
向かい風も覚悟していたが沿道の建物が遮っているのかそれほどに思わず。併走する車の流れが南九州道へと向かうとR3はほぼ貸切状態。そして津奈木トンネルまでの長い上りが始まった。やがて抗口が見えてくると緊張なのか落ち着かない。幸いトンネル通過中は車の往来は無く、心配していたトンネル内の路面状態はドライだったこともあってスムーズに越えることが出来た。

トンネルを抜け下り出すと、覚悟していた強い向かい風が吹き付け始めた。冬は汗を掻かなくなる代わりにトイレが近くなる(笑)ちょうどそこに沿道に公衆トイレを見つけて、すかさずトイレ休憩を申告。向かい風に心が折れそうになっていたのでちょうど良かった(^^;
DSCF0440.jpg
DSCF0441.jpg
芦北からはR3を離れて、往路でも通った海沿いのK56を海浦まで。強い風で海は荒れおり、吹き付ける風も半端無かったが、鬼門だった津奈木トンネルをクリアしたからか、何となくペダルを回す足も軽かった様に思う。

15:12 PC2 ヒライ田浦店 クローズ16:16

DSCF0445.jpg
DSCF0443.jpg
ゴールまでまだ60kmくらいあるし、小腹も空いてきたのでこの時キャンペーン中だったWエビ天肉うどんを食べる。店内にはGENさんをはじめ数名が休憩を終えリスタートしようとしていた。着いた時にはリードタイムが1時間だったこともあり、手短に、といってもうどんは熱いしエビ天は揚げたてだったので、大胆かつ最短(当社比)で胃袋に収めてリスタート。

DSCF0446.jpg
田浦から赤松トンネルまでの上りは往路と比べたら全然短い。トンネルを抜けて長いダウンヒルを下り終えると日奈久から再び強い向かい風が。煙突の煙も真横に流れているのが判る。八代が近づき交通量も増加したことも加わり疲労感が半端ない。同時に下ハンを握っている時間が長いせいか、夕方になり冷えだしたせいか、腰も痛くなってきた。とりあえず八代の中心部を過ぎるあたりでコンビニ休憩を入れることにした。エナジードリンクを飲みながら、いつも最後まで残っていたりする手持ちの携行食をここで全て消化。ゴールまであと40km。相変わらず向かい風はキツく、夕方の交通量があって走りにくいが、こうして休憩をしながらもリードタイム1時間をキープ出来ている。

コンビニをリスタートした直後に、なんちゃってブルベに参加して頂いたM上さんと合流。オンコース沿いの松橋にあるたこ焼きたい焼きのお店「ぽたころ」に寄らないか?とお誘い頂いた。せっかくなので行きましょう!と返事し、M上さんが予約の電話を入れておくとのこと。そうそう、このお店は焼きたて出来立てがウリのお店。ちなみ店主もサイクリストでこのブログが始まった頃からの読者でもある。M上さんに予約をお願いしてとりあえず松橋までぼちぼち進みます。

そしてお店の前まで行ってみると…まさかのお休み(笑)また来るぜ~と先を急ぎます。
DSCF0447.jpg
熊本のブルベで地味に嫌いな城南経由のR266。行きでも通ったけど帰りはもっと嫌い。車が多いし、終盤においてはここのアップダウンが堪える。
もうすっかり陽も落ちてライトを点灯。R57との接点、田井島交差点まで戻ってくればゴールもそう遠くない。

19:28 ゴール ファミリーマート熊本龍田町弓削店 クローズ20:30

DSCF0448.jpg
途中県庁通り入口のセブンでトイレストップ。代謝が良いだけなのか年のせいか、冬はトイレが近すぎてイカン(^^;
予想はしてたけど北バイパスを下りて弓削までの、長くて緩い上り坂は地味にキツかった。
ゴールのファミマにはリカンベントのGENさんが10分ほど前に先着。豆乳を買ってゴールチェックのレシートとした。

そして近くにあるとされる代表が待機するランドヌール熊本の某アジトまで移動してゴール受付。12時間28分での認定完走となりました。
DSCF0449.jpg
DSCF0450.jpg
DSCF0451.jpg

結果を見ると認定時間11時間~12時間台が最も多く、毎回必ず数名はいる10時間切りはは一人も居なかった様子。やはり後半の向かい風に苦戦した様子が伺える。1週間後の128十文字原300kmに出走した際にもこの件で何かあったのか?と周囲から尋ねられたくらいだ。何はともあれ2017年最初のブルベを無事に走りきるとこが出来て良かった。一緒に走ってくれたY永君もお疲れ様。ありがとうございました。

| ブルベ教のススメ | 17:33 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://charipota.blog90.fc2.com/tb.php/433-b471eca9

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。