お前は何ば目指しよっとか◆熊本荒尾玉名大牟田の自転車好きと楽しむ、リーフの自転車回想録

ロードバイク・バッソ リーフを駆って自転車のあれこれに勤しむ、ゆかいなチャリバカ達(笑)との自転車回想録です。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

約90秒のディープな時間。

秋分の日の夕方にREEF号に乗ることが出来ましたよ~。
ただ北風が非常に強く、気温も涼しいというより肌寒いくらいに感じました。
いずれにせよ向かい風は避けられそうになかったので、どうせ疲れるならと思って『四山神社』のヒルクライムに向かいました。s-IMG_2577.jpg
場所は朝ポタで訪れた荒尾漁港の近くで、地元では『こくんぞさん』という名前で親しまれている小高い山の上にある神社です。
その山の上の神社までは大鳥居から上がれる急勾配の階段と、これまた急勾配の車道があります。
そこは地元の人に「こくんぞさんを自転車で上っとですよ」と言えば必ず「あん道ば自転車で上がらるっとか!?」と返ってくるほどで、
車で上がればまるでジェットコースターか飛行機の離陸の気分が味わえます。

。。。。で、ひとまず登り口の所に立ちました。
s-IMG_2584.jpg
とりあえずコースプロフィールをご紹介しますと。。。。
登坂距離・250m前後。平均勾配15.8%。最大勾配21%。路面はアスファルトコンクリートで補修箇所が多く、特にコース後半の状態が悪い上、斜度が増す。中間付近に鉄板むき出し箇所あり。。。。てな具合です。

スタートはインナーで登り始めて、あっという間にローまで売り切れ。。。。まだ30mくらいしか進んでませんが斜度は既に13%を超えようとしてます。
ケイデンスは65rpmあたりからどんどん落ちでいきます。
上ハンを握って登って行きますが粗い路面と完全後ろ加重で、フロントがポンポン跳ねて失速していそうな気になります。
上の写真では坂の中間地点までが写っています。
まずはあそこまでと思って登りきると、くの字に曲がったその先の道は、明らかに目の前の斜度が増した激坂がもう半分待ってます。
進めば進むほど斜度が増し、最後は『進む』というより『こなす』という感じ。

。。。。頂上に着きました。最後の登りは振り返るとこんな感じ。
s-IMG_2583.jpg

頂上で私とREEFと一緒にパチリ。
s-IMG_2578.jpg
右手前の小山は万田山、その奥は小岱山、右奥は三池山です。

。。。。で、こんな感じで3本こなしたその結果は。
1本目1分30秒。2本目1分27秒。3本目1分34秒。。。。もうお腹一杯です。

約90秒間のディープな時間。
1本だけでもいいので、たまに登りたいんですよね。
下りたあとはいつもの荒尾漁港でコーヒーブレイク。
帰りは夕食を呼ばれていたので、妻の実家まで追い風ビュンビュンで帰りました。
s-IMG_2587.jpg

。。。。そうそう、昼間はこれが届きました。
s-IMG_0138.jpg

3T ARX TEAM ステム(+/-17°)90mm
次回はステムの交換です。またね。




| 自転車で走る | 20:57 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://charipota.blog90.fc2.com/tb.php/8-ed2aa2b2

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT