お前は何ば目指しよっとか◆熊本荒尾玉名大牟田の自転車好きと楽しむ、リーフの自転車回想録

ロードバイク・バッソ リーフを駆って自転車のあれこれに勤しむ、ゆかいなチャリバカ達(笑)との自転車回想録です。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

第一回オール九州なーんちゃって(笑)伍家原ヒルクラコンテスト

表題の通り、長崎県大村市と諫早市に跨る五家原岳の頂上を目指す、
ヒルクライムライドをご案内します。


いつも親しくして貰っている、長崎の誇る(笑) 『フリーサイクルBチャン』の企画に乗っかって、
荒尾玉名をはじめ、熊本から遠征参加したいと思います。

私も今回初めて上りに行きますが、登坂距離約13km、標高差1000m以上を誇る、
長崎をはじめ九州屈指の超級山岳コースです。
長崎のサイクリストの間でも、五家原岳を自転車で上るというだけで一目を置かれるとのこと。(笑)
上り詰めた頂上からの景色は、きっと特別であり素晴らしいことでしょう。


ただレースや競技ではありません。
あくまでも純粋に挑戦したい方、自分を試してみたい方、体調を万全にしてご参加下さい。


これは多比良港をスタートゴールとする集合場所までを含んだ予定ルートです。
最短でも往復で84kmあります。参考程度にご検討下さい。



以下に詳しい内容(Bチャンのブログから一部抜粋)をご案内いたします。


   日付 4月10日 日曜日

集合場所 長洲港 有明フェリー乗り場 午前6時出航の始発フェリーに乗ります。
       フェリーは待ってくれませんので、自己責任で間に合うように乗船して下さい。
       万が一乗り遅れても長洲港や多比良港で待ったりしません。

  コース 多比良港から現地の集合場所である『干拓の里』まで走ります。
       そこで長崎組と合流し、諫早長田~五家原頂上を上ります。
       そのあと体力と時間があればオプションで(笑)、
       干拓埋め立てコース&堤防道路サイクリングの流れもあります。(当日相談)


趣旨内容 日頃から練習鍛錬を積んでいる自転車好きの方に楽しんで貰うよう設けました。
       サポートカー、エイドなどのボランティアは一切ありません。
       我々自転車好きが、集まって草の根的精神で?行いたいと思いますので、
       参加者もスタッフのつもりで協力お願いします。
       参加はもちろん自由ですが、自己責任意識のある方にお願いします。

     
  ルール スタート~五家原頂上まで1本登りです。
       スタッフは居ないのでタイム計測は、各人のサイクルコンピュータで計測します。
       (上位3名?参考タイムでブログに紹介します。)
       賞品はありませんが、名誉と思い出が残ります。(笑)

  参加費 無料 五家原岳頂上は何もありませんので、各人で補給準備をお願いします。
       そのほか 有明フェリー乗船料 往復1200円(各人自己負担)。



注意事項 レースや競技ではありません。
       体調が悪い方は絶対無理しないで下さい。
       頂上や下りの防寒対策、ブレーキの点検・整備を厳重にお願いします。


参加の方はコメント、もしくは掲示板にてお知らせ願います。

| 自転車で走る | 01:20 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

今晩は

楽しそうですね。
参加できるかは分かりません。
来週は天候も回復しそうなので
始めて、ゆっくり金峰山を登ってみようと計画中です。
一人ですけど。

| すたぱら | 2011/03/21 19:46 | URL |

こんばはです

リーフさん
小岱山お疲れ様です:^^)

いいですね~
13㌔・・・
標高差1000M・・・
私の心をがっちりとつかむ要素が、こんなに・・・
一応、出場の意を表明しておきます*^^)
しかしながら4月はなにかと忙しいので、
仮出場表明ということで:=Δ=)
はっきりと分かり次第連絡いたします。

| FELT少年 | 2011/03/21 23:22 | URL |

なんと云う難コース!1以下のギア比が欲しくなりそうです。
トリプルが必要になってきますね。無事登り切ったら野立て
でもしたくなります。どうぞ御気をつけて。
私の「自転車でさるく。」からリーフさんちをリンクさせて
戴きましたので、宜しくお願いします。

| 銀輪太郎 | 2011/03/21 23:22 | URL | ≫ EDIT

>すたぱらさん

こんばんは~。

しばらく天気良さそうですね。
気温はあまり上がりませんが、坂を上れば体も温まりますよ。(笑)
天草から来られるんですね。
FELT少年さんあたりを誘ってみてはいかがですか?
霞んでなければ頂上の展望台からは、天草や島原が素晴らしく見えますよ。
トライされたらぜひレポートして下さい。

| リーフ | 2011/03/22 21:33 | URL |

>FELT少年さん

こんばんは~。

ぜひ参加待ってますよ~。

それまで本妙寺サイドから金峰山頂上までノンストップで頑張ってちょ。(笑)
それでも標高差はたったの650mだし(笑)、
登坂距離も11km未満だし(笑)、
五家原ならこの距離で770mは上るど~。ハッハッハ~。
。。。。ということは?
金峰山よりも勾配がキツいということですね~。←そんくらい知っとる!(怒)

五家原はそもそも自転車ではなく、車か歩いて行くところです。
登山道ですから。(爆)
自転車で上れば人生変わりますよ~。

| リーフ | 2011/03/22 22:00 | URL |

>銀輪太郎さん

こんばんは~。

はい、プロツアーレースなら超級山岳にあたる難コースでしょうね~。(笑)

焦らずコツコツと一踏みずつ走ればちゃんと上れます。
「終わらない坂は無い」です。←やすさん談(笑)

リンク貼り付けありがとうございます。
私もリンク貼らせていただきます。
今後ともヨロシクです。

| リーフ | 2011/03/22 22:12 | URL |

コケた 折れた 修理した

こんばんは~
五家原HCすごいですね…
こんな坂登れるもんなんでしょうか???
開催日は自分の誕生日なんで新しい自分に生まれ変わるため
にも参加するか…(今後の練習しだいかな?)

話は変わりますが、タイトルにあるとうりコケました(笑)
朝からボーッとしてたら家から300mの交差点で左足は外してたのに何故か右にコケました。
コケている時に「あっこれが皆が言ってた手も足も出ないということか」と思いました。(笑)

何事も無かったように起き上がり、軽く自転車を点検し少し音はするものの
フロントディレイラーが擦ってる程度と思い会社に到着しましたが、
再度点検すると後輪のスポークが一本折れてました(泣)

就業後、会社からカガワの自転車まで修理に行きました。
お昼に清田さんに電話してたんですぐに対応していただきました。
清田さん、お忙しい中ありがとうございました。
「アフターサービスも品質の一部と考えております」を身を持って体感しました。

というわけで、何だかんだで今日一日で40kmほど乗りました。
今後も初心を忘れず安全運転を心がけます。

| ワッキー | 2011/03/23 20:35 | URL |

アチャ~…

>ワッキーさん

自転車はともかく怪我はありませんでしたか?
ひとまず自転車は修理できたとの事、良かったですね~。

笑い話ではありませんが、早速洗礼を受けちゃいましたね。
ただスポークが折れる程なので、
右に倒れた時にリアディレーラーが当たったのかな?

ぜひとも安全運転に勤めて下さい。

来月10日が誕生日なんですね。
五家原岳気になるでしょう?(笑)
体力やスキルにもよりますが、
だいたい時間にして7~80分近く上りっぱなしのようです。(汗)
度胸試し、腕試しにどうですか?(笑)

| リーフ | 2011/03/23 21:19 | URL |

> リーフさん

ご心配お掛けしました。体のほうは今のところ大丈夫です。
リュックに着替えなどの荷物満載だったのでクッションに
なってくれたようです。

五家原岳。。。聞けば聞くほど恐ろしい所です…
ですが沸々と沸いてくる「登ってみたい…」という気持ちは何なのか?
俺を呼んでいるのか五家原岳!困難には立ち向かいたくなる気持ちはやはり体育会系のさだめか!
このままだと参加しちゃいそうです(笑)

でも登っている最中は後悔の念とそれを打ち消すような「ロッキーのテーマ」が頭の中を流れそうです。
そして登りきったときには叫ぶであろう「エイドリア~~ン」と(笑)

| ワッキー | 2011/03/23 22:21 | URL |

>ワッキーさん

体は大したことも無いようですし、元気で何よりでした。

すでに五家原岳はワッキーさんを呼んでいるようです。(笑)
呼ばれているのは気のせいではないのかも。

「え~っ」とか「いやぁ~」とか言う割りに、
行ってみたくなる気持ち、これって何なんでしょうね。

話のネタに参加してみてはいかがですか?(笑)軽いな~。

ただ間違いなく大変だしシンドいので、
農免道路でもいいですし、平地でも普段より2~3枚重いギアで高負荷に慣れておくといいでしょう。

私もしばらく小岱山を中心に練習します!

| リーフ | 2011/03/23 23:01 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://charipota.blog90.fc2.com/tb.php/88-068d7755

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。