お前は何ば目指しよっとか◆熊本荒尾玉名大牟田の自転車好きと楽しむ、リーフの自転車回想録

ロードバイク・バッソ リーフを駆って自転車のあれこれに勤しむ、ゆかいなチャリバカ達(笑)との自転車回想録です。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ハブグリスの旅は続くよ、いつまでも。

毎日天気が良いですね~。

夕方前から仕事がひと段落したので、リアハブのメンテナンスをしてみました。

これまでメンテナンスのたびに、ラチェット部のグリスを変えて使っていました。
最初はWETタイプのチェーンオイル、次がテフロン配合のハブグリス。
(前回のハブメンテの記事はこちらから)

今回はレスポのチタンスプレーオイルを試してみます。
s-IMG_00003.jpg

イーストンのR4ハブ。
どこまでも滑らかに回り続ける、高精度の素晴らしいハブだと思います。


まずはスプロケットを外して、5mmアーレンキーなどを使いフリーボディーを抜きました。
s-IMG_00002.jpg

真っ赤なオールアルミの高精度・軽量フリーボディー。
ラチェットの爪は磨耗もなく動きもスムーズなようです。

シールを外しハブ側の古いグリスをきれいにふき取ったら、チタンオイルを吹きつけます。
s-IMG_00005.jpg

吹いてすぐは液状ですが、行き渡らせているうちに粘度の高い状態に変わっていきます。
ベアリングの状態を確認したら、元の状態に組み付けて終了です。

スプロケットを外したので、もちろんついでにキレイにします。
s-IMG_00006.jpg

一枚一枚、パーツクリーナーで汚れを拭きあげました。
s-IMG_00007.jpg

順番に装着して完成です。
s-IMG_00008.jpg

それからワイヤーのエンドキャップを赤のアルマイトにしました。
s-IMG_00009.jpg

ワイヤーの先端を痛めないように、完全に潰したりしませんよ~。
これで先端がバラけず再利用も容易ですね。

グリスは次回のメンテで、これまで使ったものと比較して評価したいと思います。

またね。

| 自転車をいじる | 09:45 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

こんばんはです

私のフルクラムのリアハブは
グリスがほとんど入っていない状況です*^^)
がっつり抜いちゃいました。
だからか な りラチェット音がうるさいです。 笑

これで敵にプレッシャーを・・・ィヒヒヒ 笑

| FELT少年 | 2011/04/03 23:41 | URL |

>FELT少年さん

そうか。。。。

フルクラムはフリー側にシールが無いから、
ダストや水分が入りやすいので痛みやすいぞ。
特にラチェットの爪を押さえている、リングスプリングは折れやすいので、
グリスアップはやっておいた方がいいな。マジで。

もし私の後ろでうるさい爆音が聞こえたら、すぐに前を譲りますよ。(笑)
そして前を引かせて続けて、最後に美味しい所だけを頂いて帰ります。(合掌)

| リーフ | 2011/04/04 00:24 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://charipota.blog90.fc2.com/tb.php/93-d338f2df

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。