お前は何ば目指しよっとか◆熊本荒尾玉名大牟田の自転車好きと楽しむ、リーフの自転車回想録

ロードバイク・バッソ リーフを駆って自転車のあれこれに勤しむ、ゆかいなチャリバカ達(笑)との自転車回想録です。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

夢の超特急に乗って(笑)、写真コンクールの表彰式に行ってきました。

以前FACEBOOKやこの場で荒尾干潟デジタル写真コンクールで入選した件をご報告させて頂きました。

その表彰式が21日日曜、熊本市中心部にあるサンロード新市街(アーケード)において行われ出席してきました。
熊本では毎年この時期、アースウィークくまもとという環境保護に対する取り組みや展示が行われていて、そのオープニングセレモニー内で表彰式が行われます。

いつもなら車で1時間ほど掛けて熊本市内へ向かうのですが、今回は子供達や妻も一緒に九州新幹線に乗って熊本市内入り。
IMG_0641.jpg
最寄りの新玉名駅から熊本駅まで1区間約9分という速さであっという間に到着。
時々乗り物全般に興味津々の息子を連れて新玉名駅のホームに新幹線を見に行くのですが、今日は子供達もその新幹線に初めて乗りました。

余談ですが実は数週間前、リーフと息子と二人だけで在来線の荒尾~大牟田の1区間だけに乗った時の話…。
ホームに停車中の電車を見て興奮してはしゃぐ息子。
出発の時間になり電車に乗り込み…そして扉が締まるとやがて動き出したその時。
「ママ?…ママ??…(涙目)…ママ!ママ!!マーマーァ~(大泣き)」
妻と娘は大牟田駅に車で先回りしています。
おいおい…このシチュエーションってどう見たって…人拐いでしょ!(苦笑)
そこから大牟田駅までの4分間が長いコト長いコト…

IMGP1610.jpg
そんながトラウマ(笑)があったので少し心配でしたが、今日は妻も娘も一緒だったこともあり(これが一番重要)終始ご機嫌なまま私の膝の上で夢の超特急の時間を楽しんでいたようでした。

さて、熊本駅からは娘も息子も初めてな市電(路面電車)で最寄りの辛島町電停へ。
事前に娘には「車と一緒に道路を走る電車に乗って行く」と伝えていたのですがあまり信じてなかったみたい(^_^;)

会場に着くと11時よりオープニングセレモニーが始って保育園の園児による歌や演奏の披露のあと、
IMG_0648.jpg

荒尾干潟デジタル写真コンクールの表彰式行われ、
RIMG4130.jpg

入選を戴きました。
RIMG4147.jpg

副賞や記念品を頂き、記念の集合写真を撮り終えると時刻は正午前。
また市電に乗って今度は熊本市動植物園に行きました。

園内で少し遅めの昼食を摂ったりして、
IMG_0652.jpg

動物を見て喜ぶ子供は対照的に、なかなかよく歩いて大人はややお疲れモード。
IMG_0656.jpg

2時間ほどで動植物園を出て再び市内中心部へと戻りますが、今度は市電ではなく息子のリクエストで路線バスで移動。
IMG_0667.jpg
まあ娘にしてみれば市電やバスの乗り方はいい社会勉強だったみたい。

交通センター(バスセンター)まで乗って、隣接のくまもと県民百貨店へ。
途中自転車仲間が運営に関わっているお店へ立ち寄ったあと(会えずじまいでしたが)、催事場で行われていた北海道物産展を覗いてみた。

そこで夕張市のゆるキャラ、メロン熊(凶暴化した方)に甘噛みされるww
IMG_0673.jpg
物産展そのものはチョコやスイーツ、海鮮モノを試食したりしてそれなりに楽しめた。

さて、帰りは最後に市電で熊本駅まで移動し、再び新玉名まで新幹線で帰りました。
熊本駅始発のつばめで帰って来たのですが意外??なことに新玉名駅で降りるお客が4組ほどいて、1区間にも関わらず利用する人がいるのだとちょっと感心。
IMG_0682.jpg
その日の晩御飯は物産展で確保したお弁当をいただきました。

またね。

| リーフの日常 | 22:18 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

我が人生初!写真コンクールに応募 → 入選しました!!

昨年このブログでちょっとだけ話した荒尾干潟デジタル写真コンクールに応募した件です。

荒尾干潟デジタル写真コンクールに応募してみました。

コンクールの趣旨や内容は上の前記事から見てもらうとして、何の気まぐれからか突然思い立ち生まれて初めて応募した写真コンクールでしたが。

なんと… 入選しましたっ!! うわぉ♪

ちなみに入選したのは応募した3点のうち、こちらの作品とのこと。
荒尾干潟1

この作品はiPhone5で撮影したものですがHDR(ハイダイナミックレンジ合成)という機能をオフにし、夕焼けの濃淡や重厚感が強く現れていたこちらの写真。
写真からでもその様子が見れ取れるかと思いますが、肉眼で見たものはもっと幻想的でとても不思議な夕焼けでした。

コンクール主催のEPO九州のHPでは、荒尾干潟デジタル写真コンクールの入賞者とその作品の発表を見ることが出来ます。

毎年熊本市内のアーケードにおいてアースウィークという環境保護にちなんだ催しが行われているそうですが、今回の写真コンクールの表彰式がそのオープニングイベントの中で行われるそうです。
またアースウィーク開催期間中は作品の展示も行われるとのこと。

今回のコンクールの題材でもあり、ラムサール条約湿地登録になった荒尾干潟。
荒尾干潟3
国際的な絶滅危惧種であるクロツラヘラサギやズグロカモメの重要な生息地であることをはじめ、年間を通じて渡り鳥の中継地にもなっている国際的にも重要な湿地が、ここ熊本の荒尾にはあるのです。

荒尾にお越しの際には、ぜひ皆さんも足を運んでみて下さい。

またね。



style="display:inline-block;width:336px;height:280px"
data-ad-client="ca-pub-3448749313259668"
data-ad-slot="2018849185">

| リーフの日常 | 22:58 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2013年もよろしくお願いします!

新年明けましておめでとうございます。
また今年も1年、自転車とブログを通じたお付き合い、どうぞよろしくお願いします。

リーフん家の部屋から遊園地グリーンランドが一望出来るのですが、
RIMG3053.jpg
毎年恒例のカウントダウン花火で新年を迎えました。

新年ということで選んだ、まずはオメデタイこちらのカット。
RIMG0179.jpg
昨年の夏に行ってきた、長崎県平戸沖に浮かぶ度島から見た日の出です。

昨年はいつもの年にも増して多くのサイクルイベントに参加したり、
RIMG0883.jpg

久々に出会う仲間たちや、
RIMG1915.jpg

気の合う仲間たちと、
RIMG1379.jpg

自転車という乗り物を通じて、
RIMG2850.jpg

共にサドルの上で語らいながら、
RIMG1937.jpg

楽しい時間を共有することが出来ました。
RIMG0465.jpg

昨年からチャレンジし始めたブルベでは、
s-DSCN0225.jpg

200km300km400kmと認定されたものの600kmだけはDNF。
RIMG3050.jpg
お陰でまた今年も、SR獲得を目指してブルベで走り続ける目標が出来ました。(嬉)

今年も自転車を通じてサイクリングやブルベやイベントで、多くの皆さんと楽しい時間を共有出来ることを楽しみにしております。

昨年夏からFACEBOOKを始めてそちらでもスポットで発信してはいますが、リーフにとって今日のような自転車の輪が広がるキッカケとなったのはこのブログのお陰です。
また昨年はこのブログを見て頂いている方々から「いつか走ってみたい」「私も行ってきたよ~」「自転車始めました!」という沢山のお声を貰った事が印象に残っています。
このブログを見て頂いている皆さんも一緒に走っているかのような、そんな自転車の面白さや雰囲気が少しでも伝わる楽しいブログを心掛けながら今年も続けていきたいと思います。

またね。

| リーフの日常 | 23:30 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

荒尾干潟デジタル写真コンクールに応募してみました。

リーフの住む地元、熊本県荒尾市は嘗て日本のエネルギー産業の一翼を担っていた産炭地として、近隣の福岡県大牟田市と共に大きく栄えた街です。
リーフが小学校の頃までは点在する炭鉱社宅を繋ぐように荒尾大牟田一帯を炭鉱電車が走るなど、その遺構は今も市内のアチコチに多く残っています。
荒尾に残る遺構のシンボル的存在となっている万田抗の万田第二竪坑櫓をはじめ、一帯に残る歴史的遺構史跡が「九州・山口の近代化産業遺産群」の1つとしてユネスコ世界遺産暫定リストに掲載されました。
さらに現在、ユネスコ世界遺産登録に向けた取り組みを続けているところです。
s-IMG_4367.jpg
万田第二竪坑櫓(奥)とその巻揚機建屋(手前)


そしてもう一つ、今年7月に私たちの荒尾が世界に誇れる認定を受けました。
それは有明海に面した荒尾の海岸に広がる「荒尾干潟」がラムサール条約に登録されたことです。
RIMG2750.jpg
荒尾干潟から雲仙を望む。

『荒尾干潟は、九州最大の湾「有明海」の中央部東側に位置しており、単一干潟としては、国内でも有数の広さを誇っています。そこでは、ゴカイ類、貝類等多様な生き物が生息する豊かな環境である干潟を利用した、ノリの養殖やアサリ漁等が行われており、豊かな生態系の恩恵を受けながら、地域の人々の暮らしが営まれています。また、シギ・チドリ類及び絶滅危惧類であるクロツラヘラサギが中継地及び越冬地として飛来することでもその名を知られ、シギ・チドリ類の国内2位(平成20年度春期、平成23年度冬期)の飛来地となっており、バードウォッチャーの注目を集めている場所でもあります。
 こうした中、本年7月、荒尾干潟など国内の9箇所の湿地が、特に水鳥の生息地として国際的に重要な湿地としてラムサール条約に新たに登録されました。』
(環境省九州地方環境事務所 報道発表資料より抜粋)

そしてこの荒尾干潟ラムサール条約登録記念にちなんだ写真コンクールが今年8月から行われており、デジカメもしくは携帯端末カメラの撮影によるデジタル写真での応募ということでお手軽な雰囲気だったこともあって、過去にサイクリングの途中で写したりした以下の3点の画像を締切前日に応募してみました。

10月8日撮影 競馬場通りモスバーガー裏
荒尾干潟1

10月20日撮影 競馬場通りモスバーガー裏
荒尾干潟2

8月15日撮影 蔵満海岸
荒尾干潟3
 
10月の2枚はiPhone5で撮影したもので、8月のはその前まで使っていたINFOBAR A01で撮影しました。
元々FACEBOOKに投稿する為に撮った写真なので思いや意図はありませんが、それぞれに作品名と応募理由を添えなけらばならなかったのでそれを考えるのが大変でした。

過去に栄えた炭鉱をはじめ、今年の春に閉鎖した荒尾競馬や現在も物流の要として活躍する三池港、沖合では海苔養殖やアサリ漁など、昔も今も人とモノの密接な関わりがあるこんな身近な場所に、世界に誇れる自然と干潟があるなんて素敵じゃないですか。

荒尾というとたぶん同じ熊本県民からしても「用があるならグリーンランドだけ」とか「玉名まではよく行くけど」ぐらいの感覚というのはよく耳にします。
なので10月にkenjiさんとサイクリングした時のように、荒尾のヨカとこを紹介するサイクリングを是非やりたいなぁ~と考えてしまいますね(笑)
以前リーフが勝手に命名し紹介した「荒尾のローマ」が、
RIMG0672_20121002100031.jpg
一部のサイクリストの皆様にウケがよろしく(笑)、皆さんに訪問して頂いているようです。(荒尾へのお越しありがとうございます\(^^)/)
それがキッカケでこの企画がウケるんじゃないかと手応えを感じている所です。

サイクリングの企画が出来ました際には、ぜひ自転車と一緒に荒尾へと脚をお運び下さいませ。

またね。

| リーフの日常 | 19:21 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

お陰様でリーフは元気です(´▽`)

11月の第一週は体調が良くなく、多方面から電話やメール、ブログを通じて励ましやお見舞いのメッセージを頂きありがとうございました。
いやはや一部の方には大変ご心配をお掛けしました(汗)

10月末、仕事中に突然激しい目眩と嘔吐を引き起こしぶっ倒れてしまい、とっさの判断で駆け込んだ耳鼻咽喉科で「良性発作性頭位めまい症」と診断されまして、その後は薬の効き目もあって症状が出ること無く3週間以上経った今となっては完全に癒えたと思われます。

「良性発作性頭位めまい症」については、女子サッカーなでしこJapanの澤選手もなったのと同じ症状。
なるほど、一流のプロ選手もなる症状にオレも掛かったということは、オレもやはり一流だったってことか。
薄々気付いてはいたが、ま、そんなもんだろう。
一流ってのは大変なんだよね~(//∇//)←おバカ


さて自転車の方はというと、こんな体調だったことや週末の度に何かと予定が重なったりしたことから、ほとんど乗っておりません(焦)

最近は毎年恒例の忘年会で、久方ぶりに温泉旅館での宴会バス旅行を楽しみ、
photo.jpg

先月のツールド下関に引き続き角島大橋に立ち寄ったり、
photo_5.jpg

お座敷宴会といえば「温泉旅館」「コンパニオン」「熱燗」という、
photo_01.jpg

何とも昭和ライクな楽しい集まりで英気を養っておりました。(笑)


…とは云いつつも、別にジッとしていたワケでもなく、
photo_4.jpg

パーツ交換に勤しんでみたり、
photo_3.jpg

あるいは冬支度をしてみたり、
photo_2.jpg

そんな自転車ネタもまた少しずつ話題にしていきますので、これからも気長にお付き合いの程よろしくお願いします。

またね。

| リーフの日常 | 09:14 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。