お前は何ば目指しよっとか◆熊本荒尾玉名大牟田の自転車好きと楽しむ、リーフの自転車回想録

ロードバイク・バッソ リーフを駆って自転車のあれこれに勤しむ、ゆかいなチャリバカ達(笑)との自転車回想録です。

≫ EDIT

今年もSR600にチャレンジ!SR600北関東への道

2年前…
ランドヌール部門で出走したものの、タイムオーバーしてツーリスト部門での認定完走となったSR600富士。

1年前…
天を味方につけて乗鞍を確実に越えるべく、あえてツーリスト部門で認定完走したSR600日本アルプス。

 年に一度のSR600の時だけ九州から遠征し、飛行機輪行も何となく要領を得て、準備するもの、調べておくこと、前後の過ごし方とか、やるべきことと必要ないものの取捨選択、少しずつ自分なりの形になってきた気がする。今回でまだ3回目だけどね(笑)

 2017年に入って国内4本目のSR600として、新たにSR600四国山脈(AJ岡山)が加わった。次の北関東を走って、まずはコンプリートだ…と思っていたのに(笑)
 でも前回の日本アルプスを終えてから、次は北関東だと意識していたし、富士の時に通過した渋峠をもう一度走ってみたかったこともあって、来るチャンスに備え北関東に向けてのリサーチを進めていた。

SR600KN_MAP.jpg
(クリックすると大きな画像が見られます)
 
 それともう一つ、今年から獲得標高に関わらず制限時間が一律60時間になったことも新しい。
昨年までの北関東は55時間。その差5時間はとても大きく、その分を十分な仮眠に充てたり、長大な登坂にじっくり挑んだり、無理のないペース作りであったり、それだけで時間内完走という現実味がグッと増すのではなかろうか。

▼ 続きを読む ▼

| ブルベ教のススメ | 17:08 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【ご報告】SR600北関東を完走しました!

久々のブログ更新となりました。皆様お久しぶりです。

いきなりのご報告となりますが、

去る9月4日~6日にかけてSR600北関東(獲得標高12,591m)を走ってきまして、

結果、59時間14分で完走いたしました。

IMG_0996.jpg
(今回通過した渋峠はすっぽり雲の中でした)

近頃めっきり更新されなくなり、つまらない思いをさせてしまった皆様ゴメンなさい(滝汗)
あとFacebookを通じて応援して頂いた方々には、改めてこの場を通じてお礼申し上げます。

今年からルールが変わり、ランドヌール部門は獲得標高に関わらず一律60時間になりました。
そのこともあって、なんとか念願のランドヌール部門でのSR600完走となりました。
本当は一昨年、タイムオーバーで完走した富士(結果はツーリスト部門で認定完走)でリベンジしたかったんですけど…それはまたいつの日か。
とにかくこうして完走できたのも60時間ルール様さまです(笑)

道中の様子は順にレポートしますので、毎度のように気長にお付き合い下さると幸いです。

まずはご報告とお礼まで。

| ブルベ教のススメ | 00:02 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

モンベル クイックキャリー(輪行袋)の破れを補修してみた。

僕がロードバイクに乗り始めた頃から使っている輪行袋があります。

モンベルの「クイックキャリー」です。















いわゆる前輪のみを外すタイプの輪行袋。
同じ収納方法で前後輪を外すタイプの「コンパクトリンコウ」もラインアップしています。

以前は1サイズのみの展開でしたが、現行モデルはMとLの2サイズがあるようです。
袋の寸法が以前と同じなのがMサイズで、ロードバイクであればこちらで大丈夫。
ちなみにLサイズは29インチMTBを対象にしているみたい。

ペラペラの薄い生地はちょっと心配だけど、そのお陰でとても軽くので気軽に持って行こうという気になるし、被せるだけで素早く収納できる手軽さも相まって長らく愛用しています。

時には飛行機に預けたり、
DSCF9389.jpg

もちろん電車での輪行は数えきれず。
DSCF9384.jpg

そうこうしているうちにクイックレリーズが触れる部分の生地に穴が空き始め、どこかで引っ掛けたのか、とうとうその部分が切れたように破れてしまいました。
DSCF0666.jpg

破れた位置は輪行の際や転倒時にリアディレーラーを保護する目的で換装している、リアのレリーズナット代わりのハブライトアダプターと触れる部分でした。
DSCF0665.jpg

いつかこんな日が来るだろうなとは思っていましたが…。



そこで穴を塞ぐ方法を調べていたら、貼るだけで補修出来るシートがあることを知って早速購入。
シールなのでもちろん貼るだけ。アイロンで圧着する必要もないので、これなら面倒臭がりな僕でもうまく出来そうです。











DSCF0664.jpg

色もクイックキャリーのそれとだいたい同じに見えるのもGOOD!
DSCF0667.jpg

補修シートは幅7cm 長さ30cm。
穴の大きさよりも2周りくらい大きめにカットして、四隅は丸く面取りしておきました。

輪行袋のシワを整えつつ貼ってみたのがコレ↓。
DSCF0668.jpg
DSCF0669.jpg

おおっ!いいんじゃね?

見た目はこれで十分でしたが、パーツと直接触れる内側にも補強を兼ねて、裏側の同じ位置に同じ大きさの補修シートを貼り付けておきました。
DSCF0670.jpg

補強という意味では裏側の当たる部分に予め貼っておくという使い方もアリかなと思いました。
これでまたしばらくは使えそうです。

| 自転車をいじる | 21:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT